自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [03]あっけない告知 | main | [05]再検査 >>
[04]眠れない夜
[1]長すぎた助走(1)|[2]長すぎた助走(2)|[3]あっけない告知|[4]眠れない夜
[5]再検査|[6]勝手に死ねないということ|[7]がんになったわけ
--------------------------------------------------------------------

「しかしね、今日の段階では、まだ断定できません。それでね、明日、もう一度写真を撮りましょう。今度は造影剤を注射して、腎盂がよーく見えるようにして」

と言う事で、衝撃的な12月11日は終わりました。
会計が終わって、車まで戻っても、頭の中は真っ白で、しばらくエンジンをかける事が出来ませんでした。実態のない不安が押し寄せてきて、生きている実感がたまらなく欲しくなって、自分の頭を何回か殴ってみました。頭と手の痛みは、確かに生きている自分のものです。しかしこのばかげた行為で、少しだけ気持ちが切り替わりました。
いわば今日の状態は、誰かに一方的に告訴されただけなんだと。無罪なのか有罪なのか、そもそも冤罪だってありえるんだから。そして明日の再検査が裁判で、判決が下るのはその後なんだし、今、被告である自分に出来る事は何もないのだと。
「だから今はまだ感傷や悲嘆にくれる必要はないし意味もない」

と言う事で冷静になってみると、明日も一日休まなければならない可能性がみえて来ました。となると、今日はこのまま休もうと思っていたわけですが、明日の分の仕事を今日の内に片付けなければ、その後の業務に支障を来す事に気付きました。現実に、今、何をすべきかわかり、僕は車のエンジンをかけました。そして、いったん家に帰ってスーツに着替えて、会社に向かいました。

再び休暇願を出さなければなりませんが、「腫瘍」の事はまだ誰にも話したくありません。
「なんだか手際が悪くて、明日又、違う検査をするんですって。まったく段取り悪いですよねー、一回で済ませて欲しいのに」と上司には適当に報告し、精力的に翌日分の仕事をこなし、ついでに数日分の仕事まで済ませて、いつもどおりに帰宅しました。

僕の家族は、同い年の妻と、当時小学生の娘二人です。
数年前、建て売りでマイホームを持ち、ローンの家計への負担を軽減するために妻はパートに出ていました。
帰宅すると、さっそく妻が問いかけてきました。
「検査、なんだって?」
今この段階で妻を心配させる事は絶対に避けなければ、と思いました。明日の再検査で無罪放免、という可能性がまったくないわけではないのだから。だから会社で使った言い訳を、そっくりそのまま繰り返しました。
「なんか手際が悪くてさー、明日又、違う検査するんだって。まったく段取り悪いんだから。一回で済ませて欲しいよねー」
妻はだまされて「へー、面倒だねー。ご苦労様」と軽く答えたと思います。
しかし本心は、ただ、なんでもない振りを装う事で、逆に自分自身を保とうとしていただけなのでしたが。

しかし、床についた途端、頭が冴え、まったく眠れません。
思う事は、「癌」、そして「死」です。
まだ何も分かっていないというのに「癌=死」の連想が次々と頭に押し寄せてきます。
明日の判決を前にして思う事は、癌だったら有罪、腫瘍だけど良性だったら無罪、血のかたまりとか何でもなかったら冤罪だとか、もし有罪なら控訴はどこの病院にしようとか、とにかくこの状況を茶化し他人事のように振る舞って、なんとか絶望の渦に呑み込まれまいと格闘しました。
そんな妄想を必死で考えるうちに、空は薄明るくなりましたが、しかしようやく眠りにつく事が出来たのでした。
NEXT [5]再検査
| 癌、以前以後(治療記) | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://canter.cocorono.com/trackback/92921