自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [48] 生き方について考える | main | 「輝け!命のリレー」 再放送 >>
[49] 友と交わす盃
僕の好物はお酒です。
一番好きなのはビールで、真冬でも欠かすことはありません。

入院前はちょうど忘年会シーズンで、会社、友人、趣味の会などなど、これで最後かもしれないと思いは強く、結果いつも以上に痛飲する忘年会が続きました。
・・・癌ではなくお酒で入院する勢いでしたね(苦笑)

そんなわけですから、入院治療中断酒できるのかが、僕にとってはかなり深刻なテーマだったわけです。
しかし意外なことにとても簡単でした。

手術後、抗癌剤治療が決まり、一週間ほどの初めての外泊が許されました。
外泊の最初の夜に、僕はいそいそとビール缶を開けました。
何しろ入院から2週間です。
これほどアルコールを口にしなかった経験なんて未だかつてなかったのですから。
ところがです。
一口ビールを含んで、僕は衝撃を受けました。
まったく美味しいと感じられないのです。
ガマンして飲み続けましたが、半分くらいイヤになりました。
これは抗癌剤治療の前です。
だから抗癌剤の副作用ではない。
単に手術によって体力が奪われ、体か変調を来していた結果なのです。
(風邪を引いたときビールを飲んでもまずいのと同じでしょう)

結局、僕は退院するまで何度か外泊しましたが、とうとう外泊中にお酒を飲むことはありませんでした。
飲みたいと感じられなかったといった方が正確です。

念願の退院後は、意地(?)で毎晩飲み続けましたが、入院前のように美味しいと感じるまでにはしばらく時間が必要でした。
これはビールだけではなく食事も影響を受けましたから抗癌剤の副作用です。
味覚を奪った抗癌剤の威力・・・・というか強さに改めて驚かされます。

さて、退院から一ヶ月ほどして、僕は古い友人達と酒の席に着きました。

たぶん30歳を迎えた頃だったと記憶するのですが、古い友人の一人から一つの提案がなされました。
我々は学生時代、独身時代と違って、もはや気軽に集まることも遊ぶことができない立場にいる。
社会的な責任も増すこれからは、よほど意識しないと会う機会はますます減るだけだろう。
そこで定期的に(義務化して)席を設けないか?

ようするに定期的にお酒を飲みましょうというお誘いです(笑)

声をかけられたのは二十歳前後に勉強会と称してやはりお酒を飲んでいた仲間達。
その後、いったんは離ればなれになりましたが、30を前にして、全員が故郷に戻っていたのです。

定期的に飲み会することに異存のある者はいません。
が、30歳といえばまだまだ若造で理屈っぽい頃です。
元々が勉強会を通して知り合った仲間ですから、会うならまた勉強会にしようとか、仲間を増やそうとか、実際勉強会らしきものをやったり、ゲストを迎えて討論するなんてこともしました。

しかし同時に30歳といえば、すでに安定志向で色々な意味で守りに入る年頃。
毎回テーマを設けて・・・・というのは誰にとっても負担でした。
自己啓発的な会合は早速と崩壊し、単なる飲み会と化してしまったのは、ある意味必然的だったとも言えます。
それにしてもこの飲み会。
二ヶ月に一回というスケジュールをほとんど変えることなく、現在に至るまで続いています。
もう20年近くなるわけで、よくもまあ飽きもせず集まれるなあと感心すると共に半ば呆れます。

前置きが長くなりましたが退院後に酒を囲んだのがこのメンバーでした。
もちろん癌になったのはこのメンバーで僕が初めて。
年末に「生きて帰る」と誓って、約束通りまた一緒にお酒が飲めたのです。
生還をこうして共に祝ってくれる仲間がいるということは、なんと有り難いことでしょう。
一人が感極まって「死ななくて本当に良かった」と泣ました。
「死ななくて良かった」
そう言われてみて、僕は改めて本当に大変な体験をしたんだなーと思いました。

大変な体験・・・すなわち貴重な体験です。
この体験を交友関係に活かすことはできるのか?
経験者として語れることはあるのか?

入院治療は、個人と家族にとっての問題でした。
退院後はしかし、社会との関わりが復活します。
個人的なことではボランティアで存在意義を見出した。
しかしそれは自分の内側に向かう性質のものです。
戦争体験者が悲惨な体験を語り継ぐように、僕がこの体験を語り継ぐことに意味や意義を見出せるのか?
それが社会に対する何らかの貢献となり得るのか?

友人等と語らいながら、僕はこんなことを考えていました。
大袈裟に言えば、たぶん生まれて初めて「社会」を意識した瞬間なのでした。
| 癌、以前以後(治療記) | 12:44 | comments(0) | - | pookmark |