自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [02]長すぎた助走(2) | main | [04]眠れない夜 >>
[03]あっけない告知
[1]長すぎた助走(1)|[2]長すぎた助走(2)|[3]あっけない告知|[4]眠れない夜
[5]再検査|[6]勝手に死ねないということ|[7]がんになったわけ
--------------------------------------------------------------------

カテーテル洗浄で一息ついた僕は、大量の冷や汗で身体が冷えたのか、帰宅後、熱を出し2日寝込む事になりました。
熱にうなされながら思う事は、泌尿器科医院の看護婦さん、可愛かったな〜とか、あんな醜態晒して、恥ずかしかったな〜とか、あの若い医者はなんだったんだ?もしかして学生か?などなど、考えれば考えるほど、不安は増幅していきました。
(その後「ブラックジャックによろしく」を読み、最寄りの医大から派遣されたほとんど未経験の新米医師であったのだろうと納得)

ところが、これだけ不安になっても、僕はやっぱり癌の可能性はまったく考えなかったんです。ちらっとも頭をよぎらない。この「自分だけは」の思い込みの根は相当深かったのです。

結局僕は、友人や経験者の体験談を思い出し、今回の症状は結石である事は間違いないが、レントゲンに写らないタイプで、未だ腎臓にとどまっているが、腎臓壁を傷つけて出血となった。尿管まで下りてきていないから激痛もない、そう自己診断を下しました。
(この当時は腎盂の存在そのものを知りませんでした)

そう、実は、不安だったのは「診断」ではなくて「若い医師」だったんです。同時に、あんな若くて頼りない医師に留守番を頼む院長にも不信感を持ちました。
だからこの時になっても、僕の中では血尿や尿蛋白と癌は結びつかなかったのです。

明けて火曜日、会社を休んで僕は地域で一番大きな総合病院に行きました。大きいとは言っても病床約600床。この程度で地域一番店(?)なんですから、僕の住むところが如何にローカルかという証明になってしまいます。
で、実はこの病院、今まで避けていたんです、だって、半日待たされたとか、朝行って夕方までかかったとか、そんな恐ろしい話ばかり聞いていたし、実はその数年前、母が乳癌の手術したのもこの病院で、駐車場が狭くて分散していて遠かったりで、とにかく良い印象がないんですね。そんなわけで個人としては一度もかかったことはなかったのですが、さすがに僕も覚悟を決めました。覚悟して会社を休み、朝8時半には総合受付に到着しました。

総合受付で症状を説明すると、案の定、泌尿器科に行けと指示されました。
泌尿器科外来受付に行くと、まず各種検査をしてくるように言われました。
血液、尿、腹部レントゲン、腹部エコー。
これだけでも1時間以上はかかりました。
腹部エコーは若い技師が担当でした。ところが途中で、席を外して年配の男性を呼びに行ったのです。そして二人して何か小声で話しながらモニターを見ていたのですが、今思えば、まさにこれが腫瘍の発見シーンだったのだと思うのです。しかし、その時はまったく気付かず、(なんだ、新米なのかな〜
?)程度に思ってました。だって癌だなんてまったく予想していなかったんだから。

迷路のような病院内をさまよって、ようやく全ての検査が完了して外来受付前に戻って、そこから待つ事、約2時間(思ったより早いじゃ〜んとか考えてました)。呼び出しがあって僕は泌尿器科外来診察室に行きました。
待っていたのはかなり年配の医師(後に泌尿器科部長と知る)で、彼は何かポラロイド写真のようなものを見ながら話しを始めました。

「shigeoさんは、結石ではないかとご自分で考え、今日はいらっしゃったと、そういう事でよろしいんですよね。で、それは何故かというと、血尿があったと、そういう事ですよね」
回りくどい言い回しする人だなーと思いながらも、その通りです、と僕は答えました。
しかし次の瞬間、突然、嫌な予感が襲ってきました。何であるかは分かりません。その場の空気が突然、変わった、と言うか、初めて吸う空気である事に、この瞬間、ようやく気付いた、そんな感じでした。

「そこで今、いくつか検査を受けていただいたんですが、確かに尿には血が混じってます、これは確かでした。しかし、レントゲンには、結石の影が写っていない、そして、右の腎臓のエコーには、結石ではない、もっと大きな影が写ってる、でね、shigeoさんの症状と、検査の結果を総合してみると、どうも血尿の原因は結石ではない、と考えられるんです」
本当に鼓動が早まってきました。
冷や汗が背中を伝うのが感じられました。

「では、血尿の原因がなんであったかと言うと、右の腎臓の中に、おしっこがたまる腎盂という袋があって、この腎盂の中に、何かがある、そしてそれは、血のかたまりかも知れないし、腫瘍かも知れない。これが血尿の原因だと考えられます」
「腫瘍って、、、それっていわゆる癌ですか?」
「そうそう、癌!」

ドラマや小説で「腫瘍」と言えば癌の事だと知ってました。
母の乳癌でも、腫瘍という言葉は何度も耳に入ってきました。
僕は瞬間的に「腫瘍」という言葉に反応し、オウム返ししただけでした。
それがあまりに呆気なく、本質にたどり着いてしまうとは、僕はよくその場で気を失わなかったものだと思います。
| 癌、以前以後(治療記) | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://canter.cocorono.com/trackback/71268