自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [47] 「死に方」について考える | main | [49] 友と交わす盃 >>
[48] 生き方について考える
「癌」という病を色々調べていく過程で、考えてもみなかった多くの区別に行き当たっていきます。

進行癌であるということは「今も癌細胞が身体の中を漂っている」という可能性を示唆しています。
つまり「献血」はできない、というか、しないほうがいい。
同様に「臓器提供」も、しないほうがいい。
角膜は大丈夫みたいなんですけどね。

加えて当然の如く、新しい生命保険に入れない。
術後ようやく5年経って保険屋さんに審査してもらったけど、状況は大して変わっていませんでしたね。

つまり、癌になるとは、社会復帰後も差別を強いられると言うことなのです。

「癌からの生還」・・・等というカッコイイ表現がありますが、退院直後の高揚感はそれほど長続きしません。と言うかいつまでもハイでいる方が変なわけで、退院したら現実が待っているわけです。

そりゃ・・・一度は死の宣告を受けたわけですよ、自分の中ではね。だから、僕も生まれ変わったと思ったわけです。「生まれ変わった」はずだど。
でも、アニメのヒーローではないから、生命の剣とか、神秘の印があるわけではない。髪の毛が抜けたことと体力がひどく衰えたこと以外は、外見は何も変わっていない。無惨な術痕はありますが、見せて歩くわけにはいきませんからね〜(苦笑)

と言うことで「変わったはずだ、生まれ変わったはずだ」と言い聞かせてみても、何が変わったのか自分でも分からないのです。
でもね、あんなにも辛い思いをしたんだから、生まれ変わっていたいわけですよ。

で、退院後、段々に分かってきたのです。
「確かに僕は生まれ変わった、と言うか以前とは違う。もう、以前と同じには生きられない」ということでした。

僕は・・・・癌になったのがバツだと思ったくらいですから、自分の生き方に自信がなかったわけで、それ故に骨髄バンクなどにも登録していたんですね。卑怯な考え方ですが、自分の骨髄が誰かの命を救うなら、僕の罪は許されるのではないかというたくらみからの登録でした。
ところが、退院後調べてみると、癌患者は骨髄の提供ができないというのです。
骨髄提供は、実は自分が生まれ変わる唯一最大のチャンスだったのです。
それが出来ないと知ったとき、つまり僕は、救われてはいけないと言われているのだと、そんな気持ちにさえなりました。

財布にいつも入れていた臓器提供意思表示カードを破って捨て、件の血液センターに骨髄バンクからの登録抹消を依頼すると、なんだか自分が世の中に全く無用な存在に感じられてならないのです。「もはや無益だけど、存在することを許されている」みたいな感じ。

「離人症」とまでは言わないけど、大袈裟に例えるなら「哲学的な無常感」に包まれましたね、この時の僕は(笑)

しかしまあ、だからといって自暴自棄には生きられないわけですよ。
だって家族がいるし、自暴自棄になる方が結果的にはもっと辛い生き方になるだろうなという予感もあったし。
「哲学的な無常感」を覆すには、どんなことでもいいので「現実的な社会との関わり」が効果的なのではないかと僕は考えました。

それが、骨髄バンクの支援活動に参加しようと考えた理由なんですね。
バラしてしまえば、かなり安易な理由です。

それは退院して2ヶ月後のことでした。

僕はネットで県内のボランティア団体を見つけ出し、メールで入会の意志を告げました。
すると、5月にイベントがあるので、都合が合えば参加してほしいと返事が来ました。
参加したイベントは、今でもよく分からない趣旨のものだったのですが(苦笑)、とにかく僕は指示されるままに来場者の誘導をしたり、募金の呼びかけを手伝ったりしました。
半日の参加で、お弁当と、日当として500円いただきました(現在は日当の支給はありません)

・・・これは間違いなく「現実的な社会との関わり」でした。
「お前でも役に立ってるよ」と、ボランティア団体が社会に成り代わって僕の存在が認めてくれたのです。

究極の贖罪として、自らの骨髄を提供して人の命を救おうという安易な思い付きは頓挫しました。ただ待っているだけで自分は誰かの救世主になれる・・・・等という浅はかな発想で、骨髄を提供できたとして、僕がホントに救われるのかと言えば、恐らく僕は慢心するだけで余計に俗物化したのではないかと今は思います。

退院して無常感に包まれて、僕はようやく「現実の社会と関わる」ことの大切さを身体で理解したわけです。

僕の思い込みみたいなものですが、治療後社会復帰して山登りをする人、日本中、世界中を旅行する人、そういう人って少なくないと感じているのですが、治療後、少なからぬ人たちが、僕が体験したような「哲学的な無常感」に囚われるのではないか思うんです。
方法は違っても、みんなこの無常感を克服するために、自分の身体を使った現実社会との関わりに思い至るのかなー、なんてことを想像したりします。

僕の場合、これで社会復帰が完了したわけではないですが、間違いなく社会復帰の切っ掛けになりました。
再びポジティブに生きる力を、僕はボランティア活動で得たのです。

「僕は社会にとって100%無益ではないみたいだなー」
この感覚は、有益であると感じる自信よりも、はるかに有益だと信じられました。
| 癌、以前以後(治療記) | 17:46 | comments(4) | - | pookmark |
はじめまして、こんばんは。
主人(40歳)が水腎症・尿管腫瘍の診断をされ、、、こちらまでたどり着きました。
小学校へ入学したばかりの一人娘がおり、不安でたまらないです。。。
手術待ちの現在、腫瘍のレベルがどの程度なのか・・・考えても仕方のないことなのに、考えてばかりです。
shigeoさんの言葉ひとつひとつに励まされる思いです。(一通り読ませていただき、読み逃げは失礼と思い、ご挨拶をさせていただきました。)

| オーロラ☆ | 2008/05/15 12:00 AM |

オーロラ☆さん
初めまして。

ご主人が尿管癌なんですね。
40歳・・・僕が手術されたのとほとんど年齢です。

妻として、不安なことばかりでしょう。
支えなければいけない・・・という思いで、
オーロラ☆さんの方が参らないように、
手の抜ける家事とか思い切り抜いちゃって下さいね。

ご主人が、無事治療を済ませて帰ってくることを、
心より祈念いたします。
| shigeo | 2008/05/16 11:33 PM |

あたたかいお返事ありがとうございました。

6月に手術となりました。腫瘍のレベルは現段階ではまだ「疑い」です。

が・・・寝起きに頭痛があるため、念のために
頭部CTを撮りましたところ、そちらにも影が。。。
10万人に0.1人という尿管腫瘍に加えて・・・(泣)
転移ではなさそうとの話で、詳しく検査を・・・ということに。
主人は数年前からうつ病で薬をもらっており、現状も服用中です
そちらの先生の話も聞いてみてほしいとの事です。

こうなってくると、冷静さを保つために
ここまでのこと(うつ病)〜これからのことの
闘病生活を記したいと思っています。
いつネットに公開できるかはわかりませんが。。。
| オーロラ☆ | 2008/05/24 12:01 AM |

>オーロラ☆さん

実は僕も「疑い」でした。
気分的にはすっかり癌患者でしたけどね
(そう考えないと耐えられなかったのでw)

そうですね。
闘病記、ぜひ書いてみて下さい。
誰にでも当てはまることではないですが
書くことで自分の気持ちが整理できたりもします。
コツとしては・・・出来るだけ「第三者」的に書いてみることです。
でも余計に辛くなったら止めましょうね(^^;)
| shigeo | 2008/05/28 11:43 PM |