自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [45] 闘病記の中の未来 | main | [47] 「死に方」について考える >>
[46] 術後一ヶ月検診
さて、そうこうするうちに術後一ヶ月検診の日がやってきました。
考えてみれば、外来で待つのは入院前の検査以来のこと。
これから何年もここで診察を待つのだなーと思うと、感慨深いと言うより、陰鬱な気持ちになる。
当時は、せめて新しい病院で、洗練された待合室だったらいいのになーと思っていた。
しかし仮に新築の病院だったとしたら、それでも何か理由を見つけて「陰鬱だ」と感じたのだろうと思うのです。
ようするに、「ウキウキしながら検査を待つ自分」なんて想像できないんですね。これは今でも変わりありません。

僕は、病期分類を図解したホームページをプリントして持参しました。
この一ヶ月検診で何か問題が発見されるとはさすがに思ってない。
僕の目的は、自分の癌が何物だったのかを明確にすることだけ。
そういう意味では待ちに待った一ヶ月検診だったのです。
相変わらず予約時間は「目安」というより「記入しないわけにはいかないから」程度のもので、確か1時間くらいしてようやく呼ばれたのだと記憶しています。

で、これは鮮明に覚えているのですが、主治医はこの時、いわゆるこういう場面での常套句である「その後、いかがですか?」を口にしなかったのです。
確かいきなり「検査結果は・・・」と言い出したのですが、実は、その後5年間にわたって「具合はどうですか?」や「何かありますか?」と聞いてくれたことがない。
・・・うーん、あれはドラマの世界だけのことなのだろうか?
ちなみに思い出してみると、この主治医だけではなく、他の個人医院などでも聞かれた記憶がないのです。
一般的にはどうなんでしょうね?

さて、うかうかしているとさっさと帰されてしまうので、僕は急いでプリントした病期分類の図解を主治医に差し出しました。
主治医は「shigeoさんは、よく調べているね〜」と呑気に感心しています。
(患者に調べさせないで、病院が出すのがホントでしょ!)と、心の中で毒づく僕。

「うーん、ここかな」と主治医が指さした箇所は「T2(癌浸潤が筋層に及ぶが筋層を越えていない)」でした。

と言うことで予後は、T2=25〜65%。
最大値は・・・0〜65%。
・・・これでは喜んで良いのか落胆すべきなのか、余計にわからない。
実際、医師はこういう場合、どうみるのだろう?
素人的には重なった部分を見るのかなーとも思う。
すると、2つの異形度の予後と一つの病期分類による予後の全てが重なる値は、25〜30%。
う〜ん、これでは悪すぎる。

と、こんな個人的な「思い」で捉えた数値に、意味などまったくないわけですが、当時の僕は真剣すぎて、そんな当たり前のことにまったく気が付きませんでした。

不思議なもので5年生存率65%と考えると一瞬はホッとするのだけど、直ぐに「そんなわけはない」と不安に包まれる。
25%と考えると、いったんは「こんなもんだろうな〜」と思うのだけど、途端に「そんなはずはない」と否定したくなる。

予後が良いのがいいのか、悪いのがいいのか、自分の命なんだから、良い方がいいに決まっているはずなのに、何故かそうは思えない、感じられない。

これ、一種の「心気障害」みたいな感覚なのかなーと、後になって思ったわけです。

あと、主治医は予後に関しては一切触れません。
プリントしたデータを見せて「こんなものですか?」と問うと「それほど悪くはない」と答える。
でも「どれくらい悪くない」のか、こっちはデータで聞いているのだから、数値で答えて欲しいわけですよ。
とても勝手でわがままな言い分ですが、ちゃんと数値で答えてくれないから余計に不安になるんです。

とにかく僕は異形度G3、病期T2という癌であったと一応確定しました。
しかしこれでホッとするわけではない。
次は「転移したらどうなるのか?」が気になって仕方ないのです。
何しろ腎盂の進行癌は、転移したら治療方法がないというのですから。

入院して、退院するまでの間で一番の問題はやっぱり「自分のこと」
しかし退院すれば、身近にいる家族の未来が再び気になってならない。

転移すれば、治療代はどれくらいかかるのか?
どれくらい生きられるのか?
というより「どんな死に方」をするのか?

家族を持ってもっとも避けたいのは「治療が長引いて職を失い借金が重なること」
それで生還できればいいですよ。
でも、それほど家族に負担を強いて死んでしまうのだけは、どうしても避けなければならないことなのでした。

かすかな奇跡のような望みがあれば、家族の判断としてはたぶんすがりつくでしょう。
立場が違えば僕もそうするわけで。
でもその「望み」には、現実的には莫大な費用がかかったりするわけです。

ならば、家族に無用な負担をかけないためには、最悪のケースを知っておく必要がある。

ネットでの闘病記探索が転移している患者さん中心になっていったのは、考えてみれば当然の流れだったのかもしれません。
| 癌、以前以後(治療記) | 23:03 | comments(2) | - | pookmark |
shigeoさん、こんばんは(*^-^*)
なんだか…熱があって眠れないので、起きてきてshigeoさんちに遊びに来ました。

うーん、なるほどねぇ〜。
うちの夫の主治医はその常套句とやら、
「その後、いかがですか?」「具合はどうですか?」や「何かありますか?」は、毎回夫に聞いているようです。だから医師のスタイルの違いかな?と思いますが・・・。

不安だから、不安を解消するために、調べるんですよね、でも知ったら知ったで、また余計な心配が増えて、そのお気持ちは、夫がガンだったから分かるんじゃなくて、自分がこの間「子宮がん」かもしれない!と思った時、shigeoさんと同じようなことを考えていました。
私の婦人科の医師は老いぼれのヤブ医者!だから、いきなり「子宮がんかもしれん」と言った!でも結局は違ったから良かったけれど、その一言でどんな不安になったか・・・まったく調べたことのない「子宮がん」について色々調べまくりました。

こっちが色々調べて行ったので、検査結果を聞きに行った時、看護婦さんが面倒くさそうな顔をして、「そんなに不安だったらまた診察したら!」と言ったので、はい、もう結構!と帰って来ました。誰があんな老いぼれヤブ医者なんかに診てもらうもんか!ってね。

私も「ガンかもしれない」という不安をたったの1週間でしたが、味わいました、身が持ちませんでした。
それを思うと、shigeoさんも私の夫も、大変な不安の中で病気と闘ったんだな、と思いました。

またいつもの如く、長くなりましてスイマセン。
| がーこ | 2007/10/16 2:14 AM |

ああ、最近mixiばかりでブログがおざなりだあ!

がーこさん、コメントがメチャクチャ遅くなって申し訳ありません(><)

「子宮がん騒動」は、今になってどんな感想をお持ちですか?
うちは妻の「乳がん騒動」というのがありまして、自分が経験者でも家族の癌の疑いは正直、うろたえましたね〜。
うちも何でもありませんでしたが(^^)

でも以前もどこかで書きましたが、疑いがあれば言ってもらった方が絶対にいいと思うんです。
何しろ僕が、何も言ってもらえないで、呑気に構えていて悪化させてしまった張本人ですから(苦笑)

いずれにしろ、これに懲りて健康診断は受け続けて下さいね〜。
| shigeo | 2007/11/15 7:00 PM |