自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [43] 停戦の終わり | main | [45] 闘病記の中の未来 >>
[44] 未来の見える鏡
会社での自分の存在価値が心配で、退院後そそくさと出社して「それほど時は進んでいない」と信じられたとき、ホッとしたと同時に、心にスキができたのも確かでした。
(この件は、いずれ書くことになると思います)

慌てて現場復帰する必要はないと読んだ僕は、結局3月いっぱい午前中だけ出社し、午後は「静養」と称し家で「癌」についてネットで情報を収集することに費やしていました。

僕は今、どういう状況なのか?
病院では、結局詳しい話は一切聞かされなかったのです。
分かっているのは「腎盂癌」であったこと、「腎盂から腎臓への浸潤」があったこと、転移の可能性があるので、予防的抗癌剤治療を受けたこと。そして、保険会社に申請するために主治医に書いてもらった診断書。
たったこれだけでした。

まず、診断書です。しかしそれはあまりに素っ気なく、期待していたような詳細な情報は得られなかった。
ただ一つ「異形度:G3」という記述がぐさりと胸を突き刺しました。

世の中には情報があふれている・・・と当時も思いました。
ネットで検索するだけで、タダで色んな情報が手に入るのですから。
だけど僕は、入院前にもネットで情報を収集したはず。
だけど腎臓と腎盂の違いが分からなかった、だからせっかく収集した入院前の知識は、ほとんど価値を失っていたのです。

改めて「腎盂癌」でネットを検索すれば、様々な事の合点がいくのです。

次ぎに「浸潤」の意味が分かればいい。
なぜ浸潤が悪いのか。
こういう事も次第に分かっていくのです。そして分かってくると、手術前に主治医が言った言葉の意味もようやく理解できるのです。
主治医はこんな表現をしました。
「癌がカリフラワーのように腎盂の内側に出っ張っていれば、あまり心配はない」
当時はまったく意味がわからなかったんですね。
カリフラワーってなんだよって。

ようするに当時の僕は、癌には早期とか末期があって、それで全てだと思っていたのです。
しかし癌には種類がある。それを「異形度」という。
つまり「異形度」が軽い癌の見た目をカリフラワーに例えていたんですね、主治医は。この状態を専門的には「表在癌」と言うそうです。で異形度2〜3を「浸潤癌」という。で、それぞれの程度を示すのがG=グレードだったわけです。

つまりぼくの腎盂にできた悪性新生物はG3というタチの悪いヤツだった・・・ということだったようです。
・・・なんでそれを「顔つきが悪い」とか、変な表現をするのか(苦笑)

分かりやすく伝えたいという意図は分かりますが、自分の病気について深く知りたいと願う僕のような患者はかえって混乱してしまいます。

やがて、国立がんセンターのサイトに僕はたどり着きました。
なぜこれまでに立ち寄らなかったか、今もって不思議でなりません。というか、もっと早くたどり着いていれば、全てが判明したはずなのにと。

そこには、驚くべき記述がありました。

---------------------------------------------------------------
一般的に、腎盂・尿管がんの予後は不良といわれていますが、表在がんであった場合の予後は良好で5年生存率は90〜100%程度です。浸潤がんであった場合の予後は、前述したような理由から、膀胱がんより明らかに不良で、各種治療法にもかかわらず5年生存率で10〜40%です。転移がある浸潤性腎盂・尿管がんの場合、2年生存率で10%以下と極めて不良です。

(国立がんセンターがん情報サービス「腎盂・尿管がん」の項目より引用)
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/ureter.html
------------------------------------------------------------------

僕の癌は浸潤していた。
だから抗癌剤治療を受けたのです。
このことについて、確かにこう言われていました。
「カリフラワーだったら、抜糸して、少ししたら退院できるよ」と。
同時に「(癌の)顔つきが悪かったら、抗癌剤やるよ」とも。
そして術後、生検の結果が出た後にも「浸潤していたから抗癌剤をしよう」と。

好意的に捉えてみれば、医師は何も説明していなかったわけではないんですね。
ある意味・・・ちゃんと説明責任を果たしていたわけです。
だけど、それにしても患者である僕に伝わらなかったのは、僕の理解度に問題があるからなのか?
または、僕が求めている説明のレベルを、はっきりと伝えなかったからこうなったのか。

しかし、上記の国立がんセンターの記述と照らし合わせると、僕の5年生存率は「10〜40%」
ということになる。
・・・これは間違いなく、誰も言ってくれなかった。
もちろん、僕も聞かなかったのだけど。
と言うか、聞けないでしょ!

しかし「浸潤」が、いったいどの程度だとどうなるのかが、今ひとつ分からない。
僕は更にネット検索を続けました。そして、とうとうこの情報にたどり着いたのです。

名古屋大学病院 腎盂尿管がん概説
http://www.med.nagoya-u.ac.jp/uro/pelvisureter/pu-data.html

このページでは、浸潤の程度と病期の関係が分かりやすい図となって表されていました。
整理するとこんな感じです。
Ta 腎盂内側の粘膜にとどまるっている状態
T1 腎盂内側の粘膜に浸潤している状態
T2 浸潤が粘膜から更に筋質に及んでいる状態
T3 浸潤が筋質を突き抜けている状態
T4 隣接臓器へ浸潤している状態

ここにも異形度と、さらには病期別の5年生存率が記されていました。

腎盂尿管腫瘍の5年生存率は、組織異型度ではgrade1=75〜100%、grade2=50〜90%、grade3= 0〜30%であり、また病理学的な病期では、病期Ta-T1=62〜100%、T2=25〜65%、T3=23〜34%、T4=0〜15%と報告されています。


すでに異形度は分かっています。G3です。
名古屋大学の統計によるとその5年生存率は0〜30%。
・・・国立がんセンターのデータ内におさまっている。
というか、国立がんセンターより予後が悪いではないか!

残るは病期分類です。
このデータは国立がんセンターにはありませんでした。
同じ「浸潤」でも、T1とT3では天地ほど差があります。
異形度がG3でもし病期がT3だとしたら・・・これは5年生存率30%前後が確定するということなのか?

知れば知るほど、現実とは、なんと恐ろしいのだろうか。
しかし、もう知ることを止められない。

僕はまるで、決して見てはいけない「未来の見える鏡」を手にしているような気がしてなりませんでした。
| 癌、以前以後(治療記) | 18:57 | comments(6) | - | pookmark |
shigeoさん、こんばんは。(*^-^*)
お盆休みも終わって、やっとじっくりブログを読ませてもらうことが出来ました。
(夫が横にいると…落ち着いて読めないんです!)

あ・・・名古屋大学の名前が。
私の主人は、この名古屋大学系列の病院で、手術をしました。だから主治医は名古屋大学出身です。

shigeoさんは、自分の病気をすごーくよく研究なさっていますね。すごいと思います。尊敬してしまいます。
主人は、全く知ろうとしません。いや、実は私に隠れて色々調べているかもしれませんが、怖いのか?その「未来の見える鏡」を持つ事は、有り得ません。

その分、私が色々勉強(?)しました。
周りからもあーだこーだ言われるし、一時、「もう言わないでくれっ!」と発狂しそうになるぐらい、追い詰められました。人は「良き」と思って、色々アドバイス下さいますが、「あれがいい」「これがいい」「一度霊媒師に見てもらった方が…」とかね、もう頭の中はパニックでした、で、ビールですよ(笑)走っちゃったんですねぇ〜。

shigeoさんは「浸潤」だったんですか?それで抗がん剤治療ですね、医者はたぶん、説明してくれているんだと思いますが、こちらに余裕が無いため、聞き逃しているとか、聞く耳を持っていないとか、色々考えられますね。私も主人の術後、40度の高熱が出て、下がらないから、主治医の袖を掴み、懇願したら「説明したじゃないですか!そう言うこともありうるって!」と冷たく一蹴されてしまった、という経験があります。

うちの主人は「浸潤」は、ほとんど見られず、進行ガンにも関わらず、shigeoさんがおっしゃる「カリフラワー」、私はこの目で夫の腹部にあった「ガン」を見ましたが、私の手の握り拳のちょうど半分ぐらいの大きさの、まるで“納豆”を積み上げたような形でした。
そうですね、カリフラワーという表現は正しいですね。

夫は9月に入院をし10月に手術をしました。
そう、そろそろなんですよ・・・。
それに合わせて、「妻の闘病記」書こうかなって思います。
(いつも長々と失礼します。。。)
| がーこ | 2007/08/20 7:27 PM |

がーこさん

コメントが遅れてごめんなさい。

そうですか・・・カリフラワーは間違ってないんですね(^^;)
妻も腫瘍を見せられたそうですが、はっきりとは形状を聞きませんでした。

医師はたぶん説明はしていたんでしょうね。
ただ、こっちは理解できないから、言葉で伝えられても、実は伝わっていなかった・・・ってことだったのだとは思います。

でもだからこそ「伝え方」って大切なんだよなーと思うのです。

いよいよ「妻の闘病記」、書き始めるんですね。こんな言い方失礼ですが、とても楽しみにしております。
| shigeo | 2007/08/28 9:59 PM |

shigeoさんは、腎盂癌だったんですよね。
僕と一緒に闘病していたHさんもそうでした。
なんででしょうね。人間ドックで引っかかったのに手術すら出来ませんでした。
病院のレベルかな?

最近、同じ職場の人(2年前に異動で来た人)が5年前に僕と同じ精巣腫瘍で片方を摘出していた事を知りました。何で知ったかと言うと、残り玉もなったんですよ、先日。精巣腫瘍になった人は、残りもなる可能性が高いと言うのは聞いていましたが、実例を見てちょっと動揺しました。
ネットでは見ていても、自分の姿を見てるみたいで話しを聞いたときは「片方なった人は、なりやすいらしいから、はははは」と落ち着け!と思いながら力抜けました(笑)
自分じゃ遠い記憶になりかけてても、無意識下ではまだまだリアルな記憶なんだろうなぁ。
| びー | 2007/09/01 7:04 PM |

びーさん、こんばんは。

不思議なものですよね、自分の身近には同じ部位の患者さんは皆無なのに、間接的にはいっぱいいるみたいです(笑)

そのHさんは、どうして手術されなかったんでしょうね。
他人事ながら気になります。

びーさんは、同じ職場に(珍しい)同じ部位の、しかも再発した方がいらっしゃったんですね!(@@)
・・・これは動揺するでしょう。
僕ならまた眠れぬ日々が始まりますよ(^^;)

「怖い怖い」言いながらも、実際は僕だってもう転移はないよな〜と考えることの方が多くなっています。とは言え好きなB級ホラー映画を未だに見る気になれないのだから、僕の中にも、リアルな記憶はまだまだちゃんと残っているんでしょうね。
| shigeo | 2007/09/03 7:29 PM |

私の知る限りでは(本人に聞いた範囲)、腎盂の近くの動脈に浸潤がありリスクが高い(出血か??)ので、先に抗がん剤で小さくしてから手術して切除するとかなんとか。
そんな事で手術出来ないのかな?と疑問が残ります。
単純に医師の技量の問題じゃないのか?と思っていますよ。
自分が出来る技量が無いなら決断して転院させれば良いのにね。
同じ職場の人は、もう復帰してきました。
この人、精巣腫瘍、胃がん、精巣腫瘍と、この10年以内に3回もなっているんですよ。
これは、もうなりやすい体質としか言いようが無いですよね。精神的にキツイと思うなぁ。

| びー | 2007/09/03 11:19 PM |

びーさん
動脈に浸潤があったんですね。
だったら抗癌剤で小さくしてもリスクは同じなんではないのか?と僕も思います(^^;)

そうそう、可哀想だけど癌になりやすい人って確かにいるみたいです。
確かにきついけど、逆に原発部位なら早期発見の可能性が高いわけで(自覚症状に敏感ですからね)、転移よりはまだマシかな〜なんて考えたりもします。
でも、どっちにしろ、何もないのが一番なんですけどね。
| shigeo | 2007/09/04 5:46 PM |