自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< 「余命1ヶ月の花嫁」 | main | [44] 未来の見える鏡 >>
[43] 停戦の終わり
入院前の僕は、会社で大規模な組織改革を開始したばかりでした。
その途中というか、スタート直後というか、そんな状況で告知され、入院を余儀なくされたのです。退院はすなわち戦線復帰。それも最前線が僕を待っているわけです。

退院の前日に、病室から送ったメール。

<2002.3.4、社員全員と友人宛てに同報で送ったメール原文>
-----------------------------------------------------------
尾内です。
このメールは同報です。

さて表題通り、突然ではありますが明日無事退院となりました。

最後の抗ガン剤治療後、白血球の回復を待っていたわけですが、今回意外と減少が少なく、何とか標準値下限ぎりぎりの状態を保っておりましたが、本日の血液検査の結果、回復傾向が見られたため、医師より退院OKをいただくに至りました。

(入院して色々見聞きして分かったことは、退院は例外なく前日にならなければ分からないと言うことです)

およそ2ヶ月間。それ以前、発病を皆さんに告げてからの皆さんの励まし、お心遣い、様々な形のサポート、本当に有り難うございました。
ご迷惑をおかけした分は、これから時間をかけてでもお返ししたいと存じます。

告知されてからの約3ヶ月。本当に色々なことを考えました。
自分自身のこと、家族のこと、会社のこと、社会のこと。
多くのことを反省しました。
多くのことが理解できました。
私はこの退院を新生と捉え、より深く生きるための努力をしていきたいと思います。

社会復帰までには、まだしばらくかかるかと思われます。
無理せず、しかし怠けず、ゆっくりと体力回復につとめたいと思います。
今しばらくご迷惑をおかけすると存じますが、よろしくお願いします。

私を支えてくださったすべての方へ、
こんな私のために、本当に有り難うございました。
皆さんのお気持ちを、私は一生忘れません。

追伸(会社関係の方へ)
だからといって復帰後私が優しくなると言うことではありません。感謝の気持ちを込めてもっと厳しくなるかもしれません。あしからず。
-----------------------------------------------------------
「追伸」に、僕の焦りが滲み出ていますね(苦笑)

気持ち的には身も心もボロボロ。
でも現実には、術後2ヶ月近く経過しているのだから、動くのはそれほど辛くない。
退院前は、このまま自宅療養しようかどうか迷っていたのですが、ある程度自由に動ける自分を知って、たった一日でなんだか後ろめたくて気恥ずかしい感じがしてきました。
で、退院翌日に流したのがこんなメール。


<2002.3.6、社員全員宛てに同報で送ったメール原文>
-----------------------------------------------------------
尾内です。
そんなわけで無事退院しました。

元来軟弱な私ですので、いい気になって元気なところを見せるつもりが風邪でも引いたら、ただの大馬鹿です。
今日はとっても暖かな日ではありましたが、取りあえず家でごろごろし、荷物の整理などをしつつ体調を見ておりました。

今後の予定でありますが、明日、明後日は日中顔を出す程度にさせて貰って、11日の月曜日の朝礼には出ようと考えております。
その後、毎日出社出来るかどうかは何とも言えませんが、来週は午前ぐらいは出たいと思います。
(但し皆さんご存じの通り極度の寒がりな故、寒さの厳しい日には大事を取るかもしれません)

今のところ、そんな予定でおります。
まだまだご迷惑をおかけするとは思いますが、よろしくお願いいたします。
-----------------------------------------------------------
よく言えば前向きな・・・しかし真実は、元来の気の弱さが滲み出た文章で、読み返して改めて恥ずかしくなりました。

当然、妻は「なにもそんなに早く出勤しなくても」と心配して言ってくれます。
確かにそうかもしれない。
「あと一ヶ月くらい休んじゃえば」
そんなことはできません!

サラリーマンの悲しいサガですね。身体はある程度動くわけだから、なんだかズル休みしているような気がして落ち着きません。
・・・・これが結婚するまで定職に就かず遊び呆けていた人物と同じ人間なんだから、自分でも呆れるくらいの変わりようですが(苦笑)

しかし、本当のところはもう一つ。
やっぱり怖いわけですよ、自分の処遇が。
僕の改革路線に対しては、反対勢力が存在するわけです。それなのに2ヶ月も戦線離脱。
保身もあってモバイルパソコンを病室に持ち込んで、ベッドから活動や業績確認したり指示したり、喫煙室での打合せもしたけれど、それでも実際に会社にいるわけではないから、本当の空気は読めない。裏で何が動いているのか分からない。
それがとても不安でした。
一刻も早く、会社の空気を感じ取りたかったのです。

入院が「停滞」であったことは免れません。
ただラッキーだったのは、「癌治療のための入院」は、反対勢力に対しても抑止効果があったということ。いわば停戦です。とてもフェアとは思えない相手でしたが、それほど「癌」というものは威力があったということなんでしょうね。

とにかく入院中に、組織改革は動き出していました。
これを成功させなければなりません。
そしてそのためには、反対勢力と全面対決は避けられません。

「こんな病み上がりで大丈夫なのかなー」
一人になると、不安でした。
でも、先延ばしする方がもっと心配でした。
| 癌、以前以後(治療記) | 20:29 | comments(0) | - | pookmark |