自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [42] Take Me Home | main | [43] 停戦の終わり >>
「余命1ヶ月の花嫁」
今日、放映されたTBSのドキュメンタリー

愛と生命と涙の全記録「余命1ヶ月の花嫁」
〜乳がんと闘った24歳最後のメッセージ〜
http://www.tbs.co.jp/program/cancersp_20070718.html

僕は3つの視点で見ていた。
患者として。
娘を持つ父として。
乳がん患者を友に持つ者として。

患者として見る目が一番醒めている。
「がんセンターの個室だあ!」とかね(笑)

娘を持つ父の視点が一番、辛い。
もう、明日にでも検診に行かせたい気持ち(苦笑)

乳がん患者を友に持つ者としては・・・やりきれない。

語弊があるかも知れないけど、取材を受けた彼女、ラッキーだったなと思う。
「彼」がいなかったら、たぶん彼女はウエディングドレスを着ることなく亡くなっただろう。

友人には、「彼」がいない。
「彼」がいないから、一人でウエディングドレスを着て、写真を撮った・・・

死ねば同じ。
常にそういう理屈が容赦なく襲いかかる。

だけど「死ねば同じ」だからと納得して、残りの時間を生きられる人が、どれほどいるのだろう。
と言うか、可能ならそういう境地に立ちたいくらいではないだろうか?

しかし、勇気ある彼女がいたから成立した、とても貴重なドキュメンタリーであったことは間違いない。

「彼女にあったものがもしなかったら」
この視点はとても重要だと思う。
家族にも、医療関係者にも。
| 癌について思うこと | 23:14 | comments(8) | - | pookmark |
shigeoさん、こんばんは(*^-^*)

上のドラマは見ませんでした。
夫が“ガン”になって以来、ああいうドキュメンタリーを見るのも、“見せるのも”(夫に)、とても怖いです。

“ガン”や、その他、余命いくばくも無い、方が、
たまにドキュメンタリーを映されますが、どういう心境なのか?私には、大変申し訳ないけど、理解できません。
家族の立場から、自分の家族の“不幸”を一般公開するワケですからね、とても勇気がいるし、私は絶対反対します。

私がその本人だったら・・・やっぱりドキュメンタリーはお断りします(笑)だって、顔出すの、恥ずかしいんだもーーーーん!(←そういう理由かいっ!)
| がーこ | 2007/07/23 8:18 PM |

がーこさん

その前の、NHKクローズアップ現代で坂井泉水さんが取り上げられたときも、妻はイヤな顔をしていた(^^;)

仮に僕にそんな依頼が来たなら、妻も絶対断固反対でしょうね〜。

> どういう心境なのか?私には、大変申し訳ないけど、理解できません。

これは、申し訳ないですが本人にしか分からないかな。僕は、依頼が来たら受けると思いますよ。
ただし依頼が来るのは末期になったとき。
なんていうのか・・・自分が生きていた証を残したいって気持ちがあります。

で妻に断固拒否されてケンカになって、結局依頼は断るんだろうな(笑)

ま、闘病記を書いている時点で、目立ちがり屋なんですけどね(笑)
| shigeo | 2007/07/26 11:56 PM |

こんにちは(*^^*)
がーこさんのところでお世話になっています。

実は・・・私は受ける気持ちがなんとなく理解できます。
闘病したこともないくせに〜???ねぇ〜(^^;)
がーこさんは知っていますが、10年前私はリストカッターでした。
実はまわりに大変な思いをさせまして・・・
周りの人たちも戦ってたんですね。

子供が原因でリストカットを始めたのですが、今のブログは子供達への思いをこめてと、そして自殺した両親、その一族の中で苦しみながら昨年がんと戦ってなくなった叔母、生きた証を今は一族を背負った父の代わりに、叔母へのお詫びのために、生きた証を残したい・・・そう思うからなんですよね。

とても複雑な思いで見てしまったドキュメンタリーでした。
私はそのが美化されることなく、闘病する方たちへの生きる源に、そして看護される方たちの苦しみの開放に役立てば良いなぁ〜と思います。

でも、なんかすでに美化され始めている気が・・・しないでもないですが・・・

初めて遊びに来て長文で好き勝手なことを書いてごめんなさい。

娘さんのためにも、応援します(o^∇^o)ノ
| oko | 2007/07/28 4:56 PM |

> okoさん

コメント、ありがとうございます。

なんか、okoさんを縛っている「もの」があるみたいですね(^^;)
死ぬことは辛いけど、生きることもまた、辛いと感じてませんか?
生きるって大変ですよね。

> なんかすでに美化され始めている気が

新聞の雑誌広告で、さっそく記事にされているのを知りました。
そうやって美化されて、遺族も「遺族」を演じなければならない・・・
本人は、自分が死ねば全てはリセットされて、遺族は新しい時間を生きられると思う。
ところが自分が死んでも終わらないんですね。
遺族はいつまでも「遺族」・・・

> 娘さんのためにも、応援します

ありがとうございます。
僕はまだ生きたいです(^^)
| shigeo | 2007/07/29 10:40 PM |

こんにちは(*^^*)

生かされていると感じることはあります。
そして縛っていたものがありましたね。
過去形ですけれど(*^^*)
縛っていたものは無くなりはしませんが、今の自分はとても楽しんで生きています。
なんでしょうね、不満がないわけでもないですし、辛いことがないわけでもない、悩み事もあるし、明日の生活の不安もある、でも生きたい、そして生きなくちゃと思います。
でも、それが苦にならなくなりました。

たぶんこんな自分でも生きていることで、誰かが幸せに感じてくれるからですかね(*^^*)
それは父が残してくれたある意味贈り物かもしれません。

えぇ〜そうですね。>ところが自分が死んでも終わらないんですね。
特に自殺、他殺、事故死などは、遺族にとっては亡くなってからが戦いですから。
| oko | 2007/07/30 10:51 AM |

> okoさん

これ、いいですね↓

> 父が残してくれたある意味贈り物

こう思えるから、okoさんにとっては過去形なんですね(^^)

生きるって、色んなことがあったり色んなことを思うんですよね。
それが一色に塗り固めらてしまったときが、その人にとってのどん底なんだろうな。

いつでも色んなことを感じていたいですね。
| shigeo | 2007/07/30 10:30 PM |

>友人には彼氏がいなかった

涙腺が少しだけ緩みそうになった。


今、再放送(再々かな)がやっている。
つい醒めた眼で見ようとしている自分がいます。
”美化”という言葉を加えて検索しました。

「余命1ヶ月の花嫁」の彼女は、ある意味幸せだなと、僕は思っている。

彼女の日々の姿勢なのか、環境なのか、
充実した心で日々を過ごしたのかな
と勝手な憶測をしています。

数多くのがん患者の中で、何人かはそのような恵まれた人がいても不思議ではない。
その偶々の一人を取材し放映することに何の意味があるのかな。そう思った。
だから美化されていると、感じた。

それでも、見ずにはいられない。

それは感動と放送への不信感です。
| jyako | 2008/05/07 8:21 PM |

jyakoさん
コメントありがとうございます。
しかも去年の日記に(^^;)

そうかあ、再放送してたんですね、しかもゴールデンタイムに。すごいな〜・・・TBSって(笑)

僕は家族を持っていて、だから実は、独身者の苦悩についてはあまり考えが及びませんでした、何年かは。
僕も参加した「がんばって!っていわないで。―がん患者180の本音」という本に、独身者の文章が掲載されていて、それを読んでからです、独身者の苦しみを感じられるようになったのは。
(もう品切れのようですが、機会がありましたら目を通してみて下さい。とても内容の濃い本です)

僕もこのドキュメンタリー見て泣きましたよ。
でも同時にとても複雑な気持ちでした。
「放送への不信感」
ありますね。
TV局はだから、何が目的なんでしょ。
やっぱり視聴率なんでしょうかね〜。
| shigeo | 2008/05/08 12:02 AM |