自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [39] 髪が抜けるということ | main | [41]退院の儀式 >>
[40]退院へのカウントダウン
抗癌剤治療が済めば、いよいよ退院も現実味をおびてくる。
白血球の上昇をみながらの治療だから、(勝手に考えていた)退院時期は、何度も修正せざるを得ませんでした。
それでも退院は、着々と近づいてくる。
予定を修正するのは憂鬱な出来事でしたが、カレンダーを見ながら、あれこれ想定しつつ退院予定日の予想を立てることは、ウキウキする楽しい時間だったのです。

ふり返ってみると、抗癌剤以前以後で、入院や病院に関するイメージが、まったく逆転していたことを感じます。
典型的なのは病院食。
手術前、手術後を通じて、僕は「まあまあ」美味しいと思っていました。
「言われてるほど、まずくないじゃん」って感じ。
毎食残さず食べていたし。

でも、抗癌剤の副作用が明けてからは、とてもじゃないけど「食べたい」と感じられないものになってしまったのです。
だいたい、半分から2/3くらいで箸を置くようになりました。
もちろん、味が変わったわけじゃない。
そして、僕の味覚が戻っていないことだけでもなかったようです。

特に魚に対しての拒否感は強かったです。
丸ごとの焼き魚と目が合った途端、吐き気をもよおしたこともありました。
病院食=副作用という関連づけができてしまったようです。
というのも、退院後、魚と目が合っても、まったく平気でしたから。

食事は、食堂に行かないでベッドサイドで食べるようになりました。
もともと白血球が減少したとき、病室から出ることが禁止されていたので当然の処遇だったのですが、白血球が正常に戻っても、配膳は馴染みのヘルパーさんなので、そのままベッドに運んでもらっていたのです。

大量に持ち込んだ文庫本も読む気がしなくなりました。
音楽も聴きたくなくなった。

2クール目以降は、副作用と言っても怠さと微熱程度だったので、体調がメチャクチャ悪かったわけではない。
単に、気力が湧き起こってこなかったのです。
(ふと思ったのですが、これも副作用の一つ?)

患者さん達とのお喋り、見舞客とのお喋り。これがとにかく毎日の救いでした。喫煙室に行くのが待ち遠しくて、食事以外ずっと滞在してもいいくらいでした(もちろん、そんなことはしませんでしたが)。
あとは、漫然とテレビを眺めたりする時間が増えていきました。
インターネットも面倒になってしまいました。

そして思うことは退院のこと。
早く退院したい。一日でも早く。
それが無理なら、可能な限り外泊したい。
もう病院にはいたくなかったんです。

身体より、気持ちが入院に耐えきれなくなっていたのでしょう。
心が、とうとう音を上げたのです。

仮に、入院中に転移が見つかっていたら、僕はどうなっていたのだろう。
それなりに計画して動機付けをして臨んだ入院治療でしたが、やはり限界点はあったんだと思います。

とにかく、予定より遅れながらも、3クール目の抗癌剤投与も終わりました。
1回目は4日間点滴をつけっぱなし。
2回目は30時間。
3回目も覚悟はしていましたが、日中10時間だけで点滴から解放されました。
(1回目の副作用の度合いから2回目は用心しての点滴でしたが、2回目の副作用が軽かったので、3回目の点滴は中止になったとのこと)

数日後、一旦白血球が減少し、それが上昇して安定したとき、それが退院の目安です。

2月の下旬。
最後の抗癌剤投与が始まった日、僕はカレンダーのある日にちに印を付けました。
そのXディは、長女の誕生日。

長女の誕生日は、どうしても一緒にお祝いがしたかった。
何が何でもこの日に退院したかった。

この頃から毎夜、バレンタインディに娘達からもらった手紙を読み返しては涙していました。
退院の直前は、「つらさ」よりも「淋しさ」が心の中を満たしていました。
しかし別の観点から反対から考えると、それは肉体的に回復してきた確かな証拠だったのかもしれません。
もちろん、当時はそんなこと、考えもしませんでしたが。
| 癌、以前以後(治療記) | 22:17 | comments(2) | - | pookmark |
shigeoさん、こんばんは(*^-^*)

shigeoさんのブログを読んでいると、まるで私どもの9年前のことを読んでいるような錯覚をします。

主人も、とにかく1日も早く退院したい!とばかり、毎日言い続けていました。また外泊許可が出てからは、1時間でも2時間でも・・・外出・外泊したものです。(東京で入院した時は、外出許可を貰って、上野動物園に行きました(笑)!とりあえず、病院以外ならどこでもいいらしい・・・)

退院した2日後には、隣の県にある温泉へ1泊で。(女房運転)
翌週、また違う県の温泉へ1泊で。。。(女房運転)
1ヶ月前に8時間の手術をした人とは思えない行動に周りの家族も、失笑(!)していました。
それだけ、元気があれば大丈夫だと・・・。
しかし私(妻)は、ものすごい神経を使いました。

絶対に“勝つ”!という気持ちが大事なんだなぁ〜とshigeoさんと夫を見て、そう思います。

私は、今弱っているので・・・(^-^;
少し両者を見習わなくては・・・ね♪
| がーこ | 2007/06/14 9:29 PM |

がーこさん、こんばんは

> 主人も、とにかく1日も早く退院したい!
済みませんね〜、夫はワガママで(苦笑)
家に帰ったからって、何があるんだと自分でも分かっちゃいるんですが、とにかく病院がイヤなのです。

しかしご主人は退院後、ものすごいパワーでしたね。
僕は、退院した週末に、近くにイチゴ狩りに行くのがやっとでした(^^;)

> 私は、今弱っているので・・・
弱っているんですかぁ?
ではご主人を見習って、ガマンしないでワガママ言いましょう(笑)
| shigeo | 2007/06/15 9:47 PM |