自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [38]真夜中の病棟で | main | [40]退院へのカウントダウン >>
[39] 髪が抜けるということ
吐き気があったのだから髪も抜けるのだろう。
教科書通りに副作用が出ているわけだから、吐き気と白血球の減少があって、しかし脱毛が免れるってことは・・・やっぱりなかったのです。

毛が抜けるとはどういうことか?
と同時に、快適な入院生活を送るに当たって、この脱毛とどう向き合えばいいのか?
僕は、脱毛が始まるかなり以前から、積極的にリサーチを展開していました。

喫煙室で会うある男性は、入院前に丸坊主にして、常にバンダナを頭に巻いていました。
この丸坊主派は、ネットの闘病記でも多く見受けられたのですが、どうも「それが良かった」という感想が聞かれません。
僕はリサーチの範囲を看護師とヘルパーに広げました。
そこでとても重要な情報を入手したのです。

ヘルパーさん曰く
「丸刈りにしても毛は、毛根から抜けるのだから、抜けないということにはならない。短い毛は枕に入り込んで、取り除くのは容易ではないし、チクチクして痛いという」

これらの情報を総合的に判断した結果、以下の結論を導き出したのです。

【心理面】

「長い」髪の毛がスルスルと抜けるという状況は、心理的にダメージが大きい。

原爆後遺症を扱った邦画「黒い雨」で、主人公の女性が髪をすくと、豊かな黒髪が冗談みたいにスルスルと抜け落ちる・・・
女性には耐えられない事態だと思いますが、男である僕にとっても、やっぱりショックは大きいと想像されます。
ネットの闘病記などでも、特に若い男性は脱毛に対する拒否感が激しいように感じました。
(だから、抜ける前に丸坊主にするわけです)

しかし、ここで幸いだったのは、僕の頭髪がすでにかなり後退していたことです。

「自分はすでにハゲている。(サザエさんの)波平氏のように残った毛を慈しむ感情も理解できるが、癌を乗り越えようといている自分だからこそ、ハゲをも乗り越えられるのではないか?」

・・・もうこうなると、問題解決思考というより「自己催眠」ですよね(笑)

つまり、僕にとっては髪が抜けることとは、布団を頭からかぶって落ち込むほどの事態ではない・・・と言えるようです。

【生活面】

長い入院生活を快適に過ごすためには、ベッドの上やベッド周りに色々と工夫が必要です。単純な話、病院の枕は固いし、枕カバーは薄くて冷たいので、タオルを巻き付けていました。というか、僕は枕にこだわるタイプなので(笑)

その枕が短い毛によってチクチクする・・・これはストレスの温床に間違いなくなる。そう感じられたのです。

逆に長めの毛が抜けた場合、毛はそのほとんどがタオルに付着するはず。ならば起床後、抜けた毛の処理も楽になるのではないか?

ヘルパーさんからは「コロコロがあると掃除しやすいよ」との助言も得ていました。

以上の情報を検討した結果、僕は丸坊主にしない方法を選びました。

さて、こんなことを真面目に考えて待っていると、やっぱり髪の毛は抜け始めたのです。
お風呂に入って髪を洗っていると、なにか手の感触が変。
「変」としか言いようがないのですが、頭部に異物が混じっている感じ?
というか、経験はないですが植毛するとこんな感覚なのでは?という、自分の頭ではない違和感を感じつつ、頭を洗い続けました。
次ぎにシャワーで髪をすすぐのですが、これまた「変」な感じ。
流れ落ちる水の比重がとても重くなった感じ。
水ではなく100%天然ジュースで髪を洗えばこんな感じになるのだろうか?

とにかく髪をすすぎ終え、目を開け足下を見ると・・・・そこには抜け落ちた僕の髪の毛が無惨にも散乱していたのです。

「とうとう来た!」

ふと頭に手を当てて、頭髪を掴んだまま手を抜いてみました。
その手を目の前で広げると、そこにもしっかりと髪の毛が。

僕は再びシャワーを使い、頭を何度も何度もゴシゴシと洗いました。
その合間で、さっきと同じ動作を繰り返し、手のひらに抜けた髪の毛があるかどうか確かめました。

こんなことを何度繰り返したか・・・さすがに覚えていませんが。

とにかく、ある程度、心理的な納得できるまで脱毛がなくなったことを確認し、僕は風呂から出ました。

脱衣所でタオルで髪を拭き取り、ふとタオルを広げてみると・・・そこにも抜けた髪の毛が付着していました。

キリがないんです。

脱毛は、ある時一気に全てが抜け落ちるわけじゃないんです。
時間をかけて、ゆっくりゆっくり抜け続けるのです。

あれほど事前に考え抜いた自分。
男である自分。
既に頭髪が少なく、人より心理的ダメージは少ないであろうと思っていた自分。

それでもやっぱりこの「髪の毛が抜ける」という事態は、かなりショックな出来事だったのです。

翻って想像するに・・・女性の衝撃は如何ばかりなものなのでしょう。

「また、生えてくるんでしょ?」
という家族や友人知人の慰めに、傷ついたという闘病記を読みました。

また生えるから今、抜けることは気にすることではないであろうとは非当事者の感想。
流産してしまった女性に「また生めばいいんでしょ」と言うのと、同じ発想から出てくる言葉だと思います。
しかし、本人にとって衝撃なのは「今」抜けてしまうこと。
この衝撃を共感するのには、癌の副作用は特別すぎるのかもしれません。
誰もが恐れるが共感することが難しい病、それが癌にまつわる困難なのではないでしょうか?

とにかく40歳の頭髪の薄い男である僕ですらショックを受けたこの脱毛。
まだまだ、本当にまだまだ癌に付随する問題は累積していると感じるのです。

さて、このショックから立ち直るためにも生活面で快適さを維持する必要がある。

翌朝、目覚めてまず、枕にまいたタオルを確認してみました。
予想通り、そこには数十本の髪の毛が付着していました。

僕はコロコロの代わりのクラフトテープを適当な長さに切って、その髪の毛を全て処理しました。長めの髪はタオルや枕に入り込むことなく、簡単に処理できたのです。

僕の場合は、全ての頭髪が抜けることはありませんでした。眉毛も無傷。だけどヒゲは抜けました。
ふと思い立ってクラフトテープをあごに貼り付けてみると、短いヒゲが面白いように抜けたのです。当時は販売されていなかったと思いますが、レーザー脱毛器ってあんな感じなのではないでしょうか?
面白いので毎朝やっていたので、この間はヒゲを剃らないでもツルツルなのでした(笑)

脱毛が止んだ後、僕の髪はまだら模様になっていました。
外泊時にいきつけの理髪店に行って短く刈ってもらいましたが、店主の同情的な対応に、やっぱりこれは、とても異常な状態なんだと、思い知らされたことは言うまでもありません。
| 癌、以前以後(治療記) | 18:35 | comments(0) | - | pookmark |