自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [37]好奇心と共感の距離 | main | [39] 髪が抜けるということ >>
[38]真夜中の病棟で
泌尿器科病棟は、回転率がいいせいか、他の科の患者さんの緊急入院などによく利用されていました。

こう言っては誠に失礼なのですが、乳幼児患者がやってくると、夜は大変です。
何しろ古い病棟なので、防音対策も施されていないのでしょう。
もろちんお母さんの方が大変でしょう。どうすればいいか分からないし、子供が可哀想でならないでしょうし、眠れなくてふらふらでしょう。
とろこがそんな中でもゴーゴー高いびきで深い眠りに就いている人もいる。
人って様々なんだなーと実感したのも入院体験からでした。

それから不思議なもので、看護師が忙しいときに限ってナースコールが集中します。
ある時、容態の安定しない患者さんが入院されて、そんなときに限って緊急入院が重なったりして、真夜中に延々とナースコールが鳴り続けたことがありました。
泌尿器科の深夜勤は2人。
看護師さんは廊下を全力疾走です。

たとえばそんな夜(夜中ではありませんでしたが)に点滴を受けていて、薬が残り少なくなって来ると、ナースコールするタイミングにとても迷うのです。

少し静かになってきたかなー。
でも、たぶん今は、ナースセンターは無人だな。
慌てさせては悪いから、もう少し待とう。

やがて他の病室から出て来た看護師の足音が。
注意深く耳を澄ませていると、どうやらナースセンターに向かっている。
(入院も長くなると、足音でどこら辺にいるかわかる)
よし、今だ!とボタンを押す直前に、響き渡るナースコール。

これ、話を面白くするために脚色しているわけじゃないんですよ(苦笑)

コンビニで、ずっと暇だったレジに、号令でもかかったかの如く、突如店中の客が向かい始めた・・・って経験ありませんか?
僕、よくあるんですよ。
理由はまったく分かりませんが、どうやら世の中には、こういう法則があるみたいなんですね。
コンビニならまだいいんですが、この法則は時と場所を選びません。
夜中の病棟にもこの現象が起こるのです。
(当然、とっても静かな夜もあるわけです)

ところであるとき、寝ている間に点滴のチューブの接合部分が外れてしまったことがありました。
看護師の巡回のときにそれがわかって、起きてみたらパジャマもベッドもぐっしょり。
一旦点滴を(チューブだけ)外し、着替えとシーツの換えをしなければなりません。
しかしこの時も、ナースコールが鳴り続けていました。

僕は「入院患者の鑑」となることでモチベーションを維持していましたから、こんな時こそ余裕のある態度を見せなければなりません。
というか、「入院患者の鑑」の見せ場です(笑)

「僕は煙草でも吸ってくるから今しなくていいよ。落ち着いたら点滴直してね」
僕は優しくこう看護婦に告げました。
もちろん、「ちゃんと点検しないから外れちゃったんだろ?」なんて文句はいいません。
「パジャマ汚れちゃったじゃないかあ!」なんてことも言いません。
(我ながら偉かったなあ・・・)

看護師は「ごめんね、ありがと!」と言い残し、病室を飛び出して行きました。

一人で着替えをして、用意してもらった新しいシーツと交換して、だけどマットレスも濡れています。仕方がないのでタオルを敷いて、一晩我慢することにしました。

さて、処理は完了しましたが看護師が戻ってくる気配はありません。
(しょうかないなー)ということで、僕は煙草を持って喫煙室に向かいました。

深夜の病棟を歩くのは初体験です。
誘導灯だけの薄暗い廊下を進み、エレベーターに一人乗って、一階の狭い喫煙室に向かいました。
一服して病室に戻るまで、当たり前ですが、誰とも会いません。

ベッドでしばらく待っていると、やがて看護師がやってきました。
「ごめんねー、助かったあ」なんて言われると嬉しいものです。
そして無事、点滴を繋ぎ直して、僕は再び眠りに落ちたのでした。

・・・退院後、この日のことをとても不思議な気持ちで思い返しました。
と言うのも・・・実は僕、霊とかお化けが大の苦手なのです(苦笑)

まして古い病院を扱った心霊現象は、もうこの手の話の定番で、夏になると「看護師は見た!深夜の病棟を徘徊する霊!」などというTV特番、雑誌の見出しがイヤでも目に飛び込んできます。
「病院=霊の巣窟!」
よーするに僕にとって、真夜中の病院は絶対に近づいてはいけない場所だったのです!

その僕が、本当に古い病棟(この棟は築30年以上です)を、真夜中にたった一人で歩けた・・・・これはいったいどういう事なのか?
あれは夢なのか?それとも僕は僕ではなかったのか?
もちろん、そんなことではありません。
よーするに人(僕というヤツ)は、「郷には入れば郷に従え」とばかりに、案外その場の環境に順応してしまうってことなのだろうなと。

だって、霊を怖がっていたら入院なんかできませんものね。
どうやら自分で思っているよりも僕はかなり「ちゃっかりしてる」
それが入院で分かった、僕の本性なのでした(笑)

あ、ちなみにナースコールは「エリーゼのために」でした。
今でも聞こえるとドキッとします。
| 癌、以前以後(治療記) | 18:51 | comments(3) | - | pookmark |
shigeoさん、こんばんは♪
入院中のお話だというのに、ちょっとクスクス笑いながら読ませてもらいました。(*^-^*)

shigeoさんは“霊”とか“お化け”が苦手なんですね!それなのに、“入院患者の鑑”として、余裕でエレベーターにわざわざ乗ってタバコ吸いに行くとは!
すごい勇気があるなぁ〜と思っていたら、ちゃんとそこにオチがあった!!

私も同じような経験あります。夫の入院中、付き添いがいる時期に。。。
ちなみに私は“霊”とか、怖くないです!!
最近も足音・・・聞こえるんですよ。

足音だけじゃなくて、この間は“布団を掛けてくれる”霊さんがやってきてくれました。
たぶん、守護霊さまだと思います。
だから、怖くありません!!

たまに霊さんが、家の中で物にぶつかって“ガタン!”と音がするので、『おっ!ぶつかってるなぁ〜』と思いますよ。

えっ?信じないって?!
・・・へへへ、怖いでしょぉ〜!!(*^-^*)
| がーこ | 2007/05/10 10:44 PM |

がーこさん、こんばんは。
がーこさんがいじわるなのは、充分わかりました(笑)

でもね、実は最近は気にならないのですよ、あまり。
やっぱり立て続けに両親亡くしたからなのかなー。
家に仏壇来たでしょ。
常時抹香くさいですからね。
寝る前に手を合わせたりして、どうやら少し免疫ができたようなのです(と自分を勇気づける 笑)

ちなみに物音には驚かないんですよ、本当に。
というのも、我が家は野良猫が出入りするので、夜中の物音は全て野良猫のせいになっているもので(^^;)
| shigeo | 2007/05/11 11:25 PM |

shigeoさーん!
いじわる言ってごめんなさーい。m(_ _;)m

キライにならないでねっ(〃▽〃)♪
| がーこ | 2007/05/19 9:53 PM |