自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [36]尿道ブジー(下) | main | [38]真夜中の病棟で >>
[37]好奇心と共感の距離
以前も書きましたが、病院に2つある喫煙室のうち、手術前に利用していたのは半地下で薄暗く狭い方でした。
近い、ということが単純な理由だったのですが、わずか数日でも定期的に通っていると常連みたいな人達と出会います。

その中のある男性についてです。

彼とは消灯前の最後の一服の時に一緒となります。
パジャマを着ていないので、家族が入院してるんだろうなと単純に考えていました。

彼は誰彼構わず気軽に声をかけてきます。
「お兄ちゃん、どこが悪いの?」
「手術するの?」
「仕事は何してるの?」

この頃既に感じていたことに、入院患者はとてもフランクだということがあります。
自然な感じで人の病気を聞いて、自分も気軽に自分のことを語ります。
己がおかれている不安な状況、閉じられた世界にあって、非日常的な親近感を持ちやすいのかもしれません。

そんなわけで、聞かれた僕も気安く答えていたのでした。

彼は、新顔が入ってくるたびに遠慮なく、病気や私生活について訊ねます。
しかしふと気付いたのですが、まったく自分のことを語らない。

ある時、僕はこう聞いてみました。
「ご家族の方が入院されているんですか?」
この時までは奥さんかな?親御さんかなと勝手に想像していたのでした。
しかし彼の答えは意外なものでした。
「いや」
僕は彼の返答に驚きました。
何しろ時間は夜の9時近くです。
外来なんてとっくに終わっていますし、正面玄関は閉じられ、狭い非常用通路しか空いていないのです。
患者でない、患者の家族でもない者が、なんでこの時間に病院内にいるのか?
これはよく考えてみるととても不審なことです。

彼はそんな僕の疑念に気付いたのでしょうか。
実はこの病院に出入りしている業者だと明かしました。
機器のメンテナンスを、病院の業務が終了した夕方からやっているのだそうです。

これを聞いて、僕はとても不愉快になりました。
出入り業者がこんな時間に顧客の喫煙室で煙草を吸っていること。
僕も販売会社に勤めていますから、それは業者の人間として良くない行為だと思ったのでした。

しかし何よりも不快だったのは、患者でもない、家族でもない者が、興味本位で喫煙室を訪れる患者にあれこれ尋ねていたことです。

相手も患者だと思うから、僕らは、普通なら言いたくないことも話せるのだと思うんです。
(だって人工肛門の心配やら転移の不安なんて、相手も同じ癌患者だから言えるんだと思うんです)
そういう患者特有の心理状態を利用することが、僕には許せなかったのです。

僕は少し心が狭くなって、業者名聞いて病院にクレームつけてやろう!
なんて考えていたのですが、その必要はなくなりました。

彼は、ちょうど仕事が終わったのか、僕の嫌悪感を察したのか、やがて喫煙室に現れなくなったのです。

ま、事を荒立てなくてよかったのは、自分のためでしたね。
そんなクレーム付けていたら、きっと僕は後悔しましたから。

いずれにしろ、病院には色んな人がいるものです。

今、自分が聞いているのは好奇心だろうか?
共感力なのだろうか?
返ってくる答えは同じでも、
好奇心で問いかけられた側には、何も残らないんだなー。
| 癌、以前以後(治療記) | 23:42 | comments(2) | - | pookmark |
shigeoさん、こんばんは。
・・・そんな業者がいるなんて、不愉快でしたね。
でもさすがshigeoさん、病院にクレームつけなくて良かったんですよ、そんなことしたら、自分が辛いだけですもんね。

でもその人は、本当に“業者”だったんでしょうか?
それさえ不審に思っちゃいますね。

“喫煙所”などの一種の“たまり場”では、顔見知りになり、お互いのことを包み隠さず話しては「オタクも大変ですね…私も…」などという、互いに同じ病院に入院する患者同士だから、話せるんですよね。

その人が病院の出入りする業者だとしても・・・
病院関連に勤める人間として、不適格としか言いようがないです。

病院側もそのような人間を野放しにしておくなんて…
教育がなってませんね。
(業者は患者と一緒のところでタバコを吸わせるべきじゃない!って思います。)

その人も、大きな病気になって経験して、きっと初めて気づくんでしょう。。。
| がーこ | 2007/04/21 11:57 PM |

がーこさん、こんばんは。

5年も前の話ですから、現在のセキュリティ体制にさいては分かりませんけどね。でも、今考えても、やっぱり変だと思います。
だって夜の9時近くですからね〜。

ま、彼にとっては単なる暇つぶしだったのでしょうけど、入院患者を暇つぶしの相手にするのは、ちと人格疑われますよね(^^;)
| shigeo | 2007/04/22 10:07 PM |