自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [35]尿道ブジー(上) | main | [37]好奇心と共感の距離 >>
[36]尿道ブジー(下)
さて、そんなわけで先生方がやってきて、シャーッとカーテンが閉められました。
狭いベッドの周りに主治医と看護士が何人か入っているのです。
威圧感があることこの上なしです。

「パジャマの下だけ、膝下まで下ろしてください」と言われ、従います。

考えてみれば、大部屋でパンツを下ろすのは初めての体験。
しかし恥ずかしがっている余裕はありません。

もう僕は、目を開けていることができませんでした。
目を固くつむり、手元にあったタオルをぎゅっと握りしめました。

ひんやりとした、ガーゼで消毒する感覚のあと、ペニスの先端から、冷たくて固い異物が、それこそ「グサッ」と進入してきました。

あの、おぞましき逆行性腎盂造影の再現です。
しかし、驚いたのはその後だったのです。

ぐい、ぐぐいとブジーは微妙に角度を変えながら尿道を進み、最後にもう一度ぐいっと進んで止まりました。
動きが止んで、僕はほんの少しだけ息をつぎました。
それまで息を止めていたんです。
すると、主治医はとんでもないことを言ったのです。

「このまま30分くらいじっとしててね。後で抜きに来るから」

そう言って、主治医はさっさと出て行ってしまいました。
看護師がタオルを僕の露出している部分にふわっとかけて、カーテンはそのままにして退散していきました。

恐る恐る、下腹部に視線を向けてみます。
広げられたタオルが、不自然に隆起しています。

子供の頃、ズボンを履いて勃起した状態を「テントが張っている」と言っては笑ったものですが、今のこの状態は、まさしくテントそのものではないか。

しかも先端からブジーが飛び出ているので、その高さたるや、ティピーと呼ばれるネイティブ・アメリカンの紡錘状のテント(インディアン・テント)のようなのです。

自分のペニスはこんなにも長かったのか?
なんてバカなことを考えてる場合ではありません。

とにかく異様な光景です。
しかし、光景が異様なだけならいいのですが、やがてペニス全体がじんじんと痛み始めたのです。特に奥の方(膀胱?)が痛い。
自分なりに現在の状態を分析するに、ブジーの先端は膀胱に達し、膀胱と尿道の境目を支点として安定を保っているのではないか?
でなければ、こんな不自然な、そそり立つような勃起状態は理解できない。
だから、膀胱と尿道の境目には、今、ブジーとペニスの重量が全て負荷されている。
つまり、時間が経過すればするほど、痛みは増すのだ。

僕はうんうんうなりながら、時計を見つめ続けました。
「早く進め!早く進め!」
歯を食いしばって念じた効果があったのかなかったのか・・・それはわかりませんけどね。

とにかく約30分経って、再び主治医登場。

くいっくいっくいーっと、ブジーは入れるときよりは格段に簡単に抜けました。
その途端、一気に圧迫感は消え、痛みも遠ざかりました。

ほーっと安堵の深呼吸をしていると、看護師がちゃちゃっとガーゼでペニスの先端を拭いて、あろう事か、勝手にカーテンを開け放って出て行ってしまったのです。

僕は下半身、丸出しですよ?
慌ててパンツとパジャマを引き上げましたけどね。

この後、おしっこすると見事な血尿でした。
(もう血尿ごときでは驚かない僕)
痛みは一日でひきましたが、それにしても恐ろしい体験でした。

僕は主治医の言ったことを思い出しました。
「入院中、毎週やるからね」
毎週?
・・・・これを何度もやるの?(泣)

この始めての尿道ブジーは、抜糸が終わり、まさに普通の人間へと変容を遂げた、記念すべき日だったのです。
だから直ぐに気持ちは切り替えられましたけどね。

そんなわけで僕は、この尿道ブジーを計6回、体験したわけです。
その中には、ヘルパーさんに黙ってカーテン開けられたり、初々しい看護学生10名ちかくに見学されたり、出血した血が凝固して、おしっこが出なくなったりと、無事に済んだことがなかったかも。

一番ひどかったのは、30分経っても医師がきてくれなかったときです。
僕は泣きそうな声で何度もナースコールをしました。
「痛いんです」と。
看護師は同情してくれたけど(たぶん抜くのは難しくないだろうけど)、勝手に抜くわけにはいきませんからね〜。

ま、滅多に体験できない貴重な出来事でしたが、経験したからといって、僕になんかしらの恩恵があったとは思えません。
当たり前ですが(笑)
| 癌、以前以後(治療記) | 23:24 | comments(0) | - | pookmark |