自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< 生命保険 その後 | main | [36]尿道ブジー(下) >>
[35]尿道ブジー(上)
やっぱりこのことは避けて通れない。
とっても憂鬱な思い出ですが・・・
もしかしたら逆行性腎盂造影なんかより、今回を【注意!】とした方がよかったのかもしれない。
それくらい「男性」にとっては恐ろしい話だと僕は思うのです。

気の弱い方は、注意してお読み下さい。

「尿道ブジー」
ご存じの方、いらっしゃいます?

何しろ癌になるまで「腎盂」の存在すら知らなかった僕ですが、やっぱり「腎盂」を知らない人は僕以外にもとても多い。
まして「尿道ブジー」に至っては、医療従事者と経験者、そしてメーカーさんね、それ以外の人が生涯で耳にする機会はきっとないんだろうなーと思います。

ちなみに処置中、怖くてずっと目をつぶっていましたので、この記事書くにあたって初めて実物を知りました(笑)
(参考 僕が体験したのがこれだったというわけじゃありません)
製造元「三祐医科工業株式会社」製品紹介:尿道ブジー
http://www.medicare-net.co.jp/sanyu/snu1003.htm(連絡なしでリンクを張っています。不適切な場合はご指摘下さい)

この形、どう思います?
何を想像します?

男性ならわかりますよね。
そうです「尿管ブジー」とは、狭くなった尿道にこれを差して、無理矢理広げる道具なのです!

以下は「秋田大学 医学部泌尿器科」のホームページより抜粋引用
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
治療内容
○ 治療時間は30 分程度です。
○ 治療施行時は痛みを伴いますが、多くの場合は尿道麻酔のみでも可能です。痛みが強い場合は仙骨麻酔を行うこともあります。
○ 金属でできた棒状の道具を、細いものから太いものに順番に尿道に挿入し、徐々に拡張します。

治療の合併症
1) 血尿:軽度の血尿はすべての方にみられます。通常は問題ありませんが、程度が強い場合は止血剤の投与や追加の処置が必要になることがあります。
2) 周囲臓器の損傷:治療時の操作により尿道、前立腺、膀胱、腸管に傷がつくことがあり、程度により入院の必要性があります。また重篤な場合には追加の処置や開腹手術を行うことがありますが、このような場合は稀です。
3) 感染症:治療後、細菌感染により発熱、排尿痛、陰嚢内容の疼痛などが生じることがあり、必要に応じて抗生剤の投与(内服もしくは点滴)することがあります。症状が強い場合には入院の可能性があります。
4) 排尿困難、排尿痛、尿失禁:尿道ブジーを行ってから、数日から数週間持続することがあります。ほとんどの場合1週間程度でよくなります。
--------------------------------------------------------------------------------

淡々と書いてくれますよね〜(苦笑)

ようするにこの棒を、ぐりぐりとペニスに突き刺すんです。
ぐりぐりと!
しかも、少しずつ太くしながら何回も。
でね、なんで処置時間が30分かというと、これを差したまま放置されるんです。
30分ですよお?

また合併症についても注意深く読む必要があります。
「血尿」「排尿痛」「ほとんどの場合1週間でよくなります」って・・・
一週間も痛いんですよ?

これを僕は、計6回受けました。

どうしてか?

それは抜糸の日でした。
回診の時、主治医がこんなことを言ったんですね。
「今日、残りの抜糸するけど、shigeoさんは手術の時ね、内視鏡が入りづらかったの。このままだと尿道がもっと細くなっちゃうかもしれないから、今日から広げる処置をするからね」

ふ〜んって感じですよね。
いったい何が起こるかわかってませんから、呑気にこんなことを聞いてみました。
「やらないとどうなるんですか?」
「尿道が狭くなると、最悪は手術だね」

こんなこと言われてしまっては拒むことなんてできません。
自分のペニスを手術だなんて・・・そんな恐ろしい事態は絶対にイヤですもの。

で、回診が終わってしばらくして、看護師が座薬を持ってきました。
「これ、入れておいてね。自分でできるよね」

もちろん自分で入れられますが、・・・何のため?
「う・・・ん、痛いみたい」

ええ! 痛いの?
先生、そんなことは一言も言わなかったじゃん!

座薬を入れ、ドキドキしながら待っていると、やがて主治医と看護士が何人かぞろぞろやってきたのです。
なにやら色んな道具の入った台もある。
キラッ光る金属製の棒状の物が何本も目に入りました。

鼓動が早まるのがわかりました。
既に手のひらには汗をかいていました。

何かとんでもなく恐ろしいことが始まる。
それだけは間違いのない事実のように思われました。
(続く)
| 癌、以前以後(治療記) | 22:36 | comments(5) | - | pookmark |
こんにちは。
こちらは雷がゴロゴロ鳴っております。
電源切ろうかなと思ったら、おさまったようです。

私の以前の上司が膀胱癌経験者なんです。
あの病気は再発しやすいようなんですが、生命予後に関しては腎細胞癌より良いようです。

病理学的に言うと、腎盂癌は膀胱癌に近いようです。
同じG3でも腎細胞癌より腎盂癌の方が予後が良いとのこと。
腎細胞癌のG3は、20年くらい前までは不治の病に近いものがあったのですが、画像医学の進歩で予後がかなり良くなったとのこと。

現在は、腎細胞癌、腎盂癌に限らず悪性腫瘍全般において、初発の段階でとりきれるかが大きなポイントのようです。
| ひろ | 2007/04/08 1:22 PM |

わぁ〜shigeoさん、それは大変な思いをされましたねぇ。確かに「尿道ブジー」という言葉は聞いたこともありません。

私の主人も、術後2年間、カテーテルを刺して、尿を出していました。なんせ膀胱の付近の大事な神経3本とも手術で取ってしまいましたので。
医師・看護師はその時点で夫と私にウソをつき「2年ぐらいで自己導尿出きるようになるから」と言いましたが、私が図書館で調べた限りでは、大腸がんで3本の神経を取ってしまわれた方は、一生カテーテルの生活になると書かれてありました。が・・・主人は2年で!を信じていたので、私は黙っていました。

shigeoさんのおっしゃる「尿道ブジー」とは、また痛みも違うと思いますが、カテーテルを一定時間を見計らって、ペニスに入れる…という作業もたぶん辛かったと思います。(カテーテルは常に持ち歩き)

それから2年!なんと夫は医師が言ったウソを誠にしてしまったんですよ!!なんと、自己導尿が出来るようになったんです。
過去に例を見ない症例だそうで、泌尿器科の先生は、3ヶ月に渡り、夫の自己導尿が本当に正しくされているのか?膀胱に尿が残っていないかなどの、検査されました。が、結果、夫は以前のように勢いの良い尿は出せないけれど、自己導尿出きるようになったんです。(神経が無いのに有り得ない話だそうです!)

shigeoさんのその医師の説明も、ちょっと生易しいというか、もうちょっと患者側のダメージをしっかり教えてもらいたいですよね。

医師に対しては常に頭が上がらない日本の医療業界。
アメリカなどは、常に医者と患者が対等だそうですが、夫の術後、高熱が出て、血尿が出たことで、不安を訴えたら医師は、面倒くさそうに「だからぁ〜説明したでしょぉ〜?熱が出るって言ったじゃないですか?」とこんな調子でした。
その医師は、現在、クリニックを開業されて、今もお付き合いしていますが…あの時の悪い印象は拭いきれません。

続き・・・読みますね。
| がーこ | 2007/04/09 9:58 PM |

ひろさん
膀胱癌と腎盂癌はほとんど一緒に扱われますね。
腎盂癌は・・・ようするに症例が少ないみたいなんです。たぶん腎細癌の方が予後はよくない、でも膀胱癌とまったく同じなの?違うの?というところまでわかってないんじゃないでしょうか?
「早期発見」
お互い、新たな初発の癌ならきっと早期発見できるでしょうね(笑)

がーこさん
いやーご主人、カテーテルでしたかあ、そりゃ大変でした。
確かに痛みは天地ほど違いますが「頻度」というのもたまらなく憂鬱です。
僕なんかトイレが近い方だから、日に10回もカテーテル・・・なんて想像したらビールも飲みたくなくなります(苦笑)
でも治って良かったですね。

続き・・・もっと悲惨ですよ(笑)
| shigeo | 2007/04/09 11:13 PM |

このブジーなら、ストーマの拡張時にも使われましたよ。

実は9年前に切迫性尿失禁になり、カテーテルで持続導尿をしていたら膀胱が萎縮。
そこで人工膀胱のストーマを作りました。

そのストーマが狭窄して来ましたので、拡張する事になったのですが、拡張する時にはこのブジーを、ストーマから尿管を回腸に吻合した所まで入れるんです。
2週間に1度、15分間入れられました。
| Yoshihiro | 2007/05/08 6:28 PM |

yoshihiroさん、初めまして。
ブログ、拝見させていただきました。
ブジーはそんなところでも使用されているんですね。

僕も人工膀胱のリスクが少しはあるので(膀胱再発で)、人工膀胱に関する実体験はとても参考になります。
個人的には「排尿型人工膀胱造設術」が最優先と考えていましたが、どうやらそうとも言えないみたいですね。
コメントいただけて感謝しております。
ありがとうございました。
| shigeo | 2007/05/08 9:15 PM |