自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [34]届かぬ思い | main | [35]尿道ブジー(上) >>
生命保険 その後
以前、退院後5年経過したので、生保レディが僕でも入れる生命保険を提案してくれると書きました。
今日はその後日談。

提案されたのは、ごく一般的な生命保険。
終身保険は、年齢的に無理なのはわかってました。
(死亡保険金がずっと変わらないタイプ)

でも、60過ぎて減額されるけど、そこそこの保険金が保障されているし、
まあまあ納得のいくプランだったんですね。
で、健康診断書を提出して、現在の経過(経過観察&定期検査)などを申告して、今日、審査の結果がでたのでした。

結果は・・・いわゆる「条件付き」の契約受諾でした。

内容はこんな感じです。

掛け金 1.8倍アップ
保障開始 契約後5年目から
入院保障適用外(5年間) 腎臓・尿管事由

つまり、掛け金は約2倍になるよ
契約して4年間は何も保障しないよ
腎臓疾患があっても、5年間は保障しないよ
という内容です。

腎盂癌が片方の腎盂なり腎臓に転移する例はきわめて希とのこと。
「これ、変なんじゃないの?」と最初思ったのですが、
よーするに、一個しかない腎臓に、何かあったら即重度障害でしょ?
それはハイリスクだよってわけなのでしょうね。

まあ、T2G3で年に4回定期検査があって、腎臓も一つしかないわけだし、それで一般人と同じ保険に入れると思うのが間違いだとはわかるのだけど、それにしてもこの差には驚きました。

う〜〜ん
こっそり将来のシミュレーションをしてみる。

1.8倍になる掛け金に12かけて、70まで生きたいから25かけて
・・・はっきり言って、ものすごく損!
55くらいで死ぬなら納得できる内容だけど、そんな想定をして、こんな割に合わない支払いはしたくはない!

これが現実かあ・・・
今日はやけ酒だ(泣)
| 癌について思うこと | 18:45 | comments(8) | - | pookmark |
こんばんは。
私も保険に関してはいろいろと頭痛いところなんですよね。それ以上に悩ましいのが住宅ローン。
旧公庫なので、10年目(2年後)に金利が上がるので、借り換えをしたいのですが、病歴ゆえ、借り換えができるのかどうか…

こんなことにもハンディを背負うのですね。
ところで保険に関しては、下のURLを参考にしてください。

http://cancernavi.nikkeibp.co.jp/report/0227_insurance.html

それから私も、綺麗ではないですが、ブログを作りました。よかったら、いらしてください。

| ひろ | 2007/04/04 12:38 AM |

はじめまして、ひろさん

「がん患者でも入れる保険」の情報、ありがとうございます。少しは業界も考えはじめてくれたのかな?
もう少し待てば、色々選べるようになるかもしれませんね。

住宅ローンは僕も公庫で、同じ理由で借り換えができないでいます。
一度、金利1%の乗り換えキャンペーンをしていた都市銀行のパンフレットを取り寄せたことがありますが、団体生命保険加入は「がん治療から5年経過、直前の受診から3ヶ月経過」が条件でした。

「経過観察中」というのが微妙なんです。
ひろさんも一度チャレンジされると「どうなれば借り換えできるか」はっきりわかると思います。

ひろさん、三川さんの掲示板ご存じなのですね。
僕も以前はお邪魔していたんですよ、
最近はごぶさたですが(^^;)

これからもよろしくおねがいします。
| shigeo | 2007/04/04 8:48 AM |

shigeoさん!またこちらへお邪魔しました!

しつこい・・・と思ったら遠慮なく言ってくださいね。
shigeoさんのコメント読んでビックリ!!
なんと、偶然にも今日、私は自分のかけている保険会社へ特約の手続きへ行ってきたばかりなんです。

それで…主人のかけている保険が納得できないので、相談したところ・・・shigeoさんも同じようなことをお書きになっていらっしゃったので、ビックリしました。

保険って本当に難しいですよね。
かけていなけりゃ、何かあった時に不安だし、そうかと言って、元気ならばただ保険会社を儲けさせてるだけ・・・ああ、そんなことを言ったらいけないかな?

私は頭が悪いので(笑)…保険屋さんにはなれないと思いました。。。ははは〜(^-^;
| がーこ | 2007/04/05 1:05 AM |

がーこさん、いつもありがとうございます。

> しつこい・・・と思ったら
とんでもない!
反対になかなかお邪魔できないので申し訳なく感じています(韓流はわからないので反応しにくくて・・・苦笑)

なんと、がーこさんも日を同じくして「がん経験者への理不尽な保険」を体験されたんですね(笑)

基本的に保険は、とてもリスクが伴う契約ですよね。
でも歴史的にも「投資」目的だったわけですから、請負元が個人から大企業に変われば、そりゃリスクを抑えないと「企業」として成り立たなくなるんでしょうね・・・

僕は2年後くらいにまたチャレンジしてみます。
| shigeo | 2007/04/05 9:58 AM |

古い日記にコメントすみません。

私は、05年にがんになって、未だ2年も経過していません。
が、自分の心の中では完治して(したはず!)、新たなスタートを切った気持ちでいました。
当然、将来の事を考え住宅ローンの借り換えも検討。
申請書も書いて、団体生命保険の申請を書く際に何だかヤな予感もしたんですが、的中。
団体生命保険の審査が通らず×。
改めて、世の中では、まだまだ、自分は「がん患者で、リスクが高い」んだと思い知らされた瞬間でした。
生命保険も入れませんね。
本当は見直しをしたいのだけど、、、、、、。
ちゃんと入っていただけでもヨシとするしかないですね。

| びー | 2007/05/05 8:04 PM |

びーさん
コメントありがとうございます。
そうなんですね、自分では「新たなスタート」と思って気持ちを切り替えても、世間がそれを許してくれないのです。だから「癌」は大変なんですよね。

でもそれ以前に入っていたのは救いですね。
僕は結局あきらめて、掛け金分を貯蓄に回すことにしました。
| shigeo | 2007/05/05 9:56 PM |

腎盂がん大変でしたね、私も尿管がん疑いかけられ、逆流性腎盂造影しましたが病院のミスで腎尿の細胞診失敗、血尿が出て、病院に受診して、もう4ヶ月、色々な病名つけられ、最後にまだ結果が分からず、再度入院してもう一度検査とは、もういやです。辛い毎日です。病院不信です。
| とし | 2007/06/08 3:44 AM |

としさん。
4ヶ月も原因不明なんですかあ?
そりゃなんというか・・・ちょっとどうなの?って感じですね。

やはり血尿があったので精密検査をされてのでしょうか?最初がいきなり「尿管」というのも、不思議な話のような気がします。

しかし、何ともなければ、検査がどんなに辛くても「ある程度は」納得もできますよね。
ご心配な日々だをお過ごしだと思います。

どうかお大事に。
| shigeo | 2007/06/08 11:02 PM |