自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [33]見えない恐怖 | main | 生命保険 その後 >>
[34]届かぬ思い
僕は抗癌剤を1クール、つまり、どかん!とキツイのを1回と、それほどでもないのを2回、計3回の投与を受けたわけです。

吐き気などの辛い副作用は最初だけでしたが、白血球の減少は、3回の抗癌剤の後、きっちり3回起こりました。

この間、僕は毎朝一番に採血をお願いしていました。

朝一番だから一番に結果が出るわけでないことは承知していましたが、気持ちがどうしても収まらない。出来ることは何でも全部、一刻でも早く済ませないではいられなかったのです。

検査結果が判明するのが大体10時頃。
看護師には、「結果が出たら直ぐに教えてね」とお願いしてあったけど、全部の看護師に頼んだわけじゃない。
全員に頼んでたら少し異常です(笑)
それに彼女らも忙しいしね。

すると、結果がなかなか出ない日もある。
あまり出歩くなと言われていても、ナースコールするほどのことじゃないし、僕は何度となくナースセンターに結果が出たかどうか聞きに行きました。

「結果、出たあ?」
「まだなのー」

何度、そんなやりとりをしたことだろう。

「出たあ?」
「あれー? ○○先生から聞かなかったあ?」
「・・・?」
「先生、自分が伝えるっていうから」
「先生、どこ?」
「あれー? さっきまでいたんだけど・・・」

若い医師が、僕の検査表を持ったまま、どこかに行ってしまったこともありました。

今日は白血球が上がっているか、今日こそ上がっているか。
これが僕にとっての最大の関心事。この結果如何で外泊や、大手を振って出歩けるかが決まるのです。
マスク着用だって、医師の判断がないと外せないのだから。

でもそれは、僕だけの問題。
別に死ぬわけじゃないから・・・ということなんでしょうね。
(僕は大袈裟だから死を覚悟していましたが 笑)

僕は毎朝売店で朝刊を買っていました。
1階は特に行ってはダメとのことのなので、看護師に相談すると「ヘルパーさんに頼んであげる」とのこと。
一安心して翌朝を迎えると、知らないヘルパーさんが無愛想な顔で新聞を買ってきてくれました。

なんだかとても迷惑そうだったんですよ。
でもこれ、僕の思い込みじゃなかったみたいなんです。
だって、その直後、病室の患者さんの一人が「自分も買うからついでに買ってくるよ」と言ってくれたのだから。

不満ばっかり言ってもしょうがないのはわかってます。
相手も大変なんだから。

でもね、ある人工膀胱になってしまった患者さんは、接合が上手くできないでベッドをぬらしてしまったとき、ヘルパーさんに「おもらししちゃったの」と言われてひどく傷ついたと憤慨していました。

食べられないのを心配してくれて、マニュアルにない行動を取ってくれるヘルパーもいれば、こんなヘルパーもいる。

これが、現実なんですよね。
病院だから特段に善意が充ち満ちている・・・なんてことはあり得ないのでしょう。

しかし5年も経過して冷静にふり返ってみれば、締め付けの厳しい医療制度改革の中で、あれが精一杯だったのだと思うのです。

医師も看護師も慢性的なオーバーワーク。
だけど総合病院は患者が集中。
毎夜毎夜、いったい何台の救急車が来たことか。

自分でも、細かいことで恨み辛みを書いてる場合じゃないんだよなーと感じる部分もあるのです。
でも5年経った今は果たしてどうなんだろ?
何か劇的な変化が起こっているのだろうか?
そして僕がまた入院する事態に陥ったとき、また細かいことをグチグチ書き連ねるのだろうか?

「入院慣れ」なんてまっぴらですが、それでも自分で考え、自ら変容すべき覚悟が必要なのかもしれません。

良い面だけは「自分の努力・家族や職場のサポート」
イヤな部分だけ「病院のせい・スタッフのせい」

こういう思考パターンってイヤですよね。

転移再発は絶対イヤだけど、仮にまた入院することがあったなら、同じことは繰り返すまいと、それだけは強く思うのでした。
| 癌、以前以後(治療記) | 09:52 | comments(2) | - | pookmark |
shigeoさん、こんばんは。
以前にもお邪魔しましたあひるの“がーこ”です。

・・・
色々な人がいますから、ヘルパーといっても、良い人ばかりとは限りませんね。
実際私もいちよう“ヘルパー”の資格を取りましたが、その研修時、3日間通った病院では、痴呆症の患者さんに対し、すごいヒドイ対応を目の当たりにし…その現実をこの目で見てショックを受けました。

また、それとは逆に、私の主人が入院していた時、直腸がもうガンで塞がれてしまっていて、腸閉塞、わずか1mmしか腸が開いていなかったので、手術前日、便を出す薬を飲んだところ、お漏らししてしまい・・・
私が、真夜中に看護師さんにシーツを変えてもらえるかどうか尋ねたところ、若い看護師さんはイヤな顔ひとつせず、シーツを変えてくれました。
本当にその若い看護師は“天使”に見えたものです。

shigeoさん、どうかがんばってくださいね。
私なんぞ、微力ではありますが、本当に心からご回復されることを祈っています。
| がーこ | 2007/03/28 10:56 PM |

がーこさん
いつもありがとうございます。

最近思うのは、人は職業ではなく、人格で判断しなければならない時代になってしまったんだなーってこと。
言い換えれば、「期待される職業像」に、耐えられない人が目立ってきたのかなと感じるのです。

尊敬すべき教師もいるけど、憎むべき教師もいる。
信頼に足りる公務員もいるけど、呆れるばかりの公務員もいる。
どちらも事実です。

画一的ではなく相対的な世の中になったといってしまえばそれまでなんですが、では我々に、人格を判断する目なり精神なりが養われているのかと問えば、自分も含めてどうなんだろう?
と不安になってしまいます。

やっぱり、制服や職業の先入観で、(ある意味)勝手に失望したりしてるわけですからね(笑)

あまり気分の良くない過去の出来事を書き連ねるのも、そんな自戒の意味があったりもするのです。
| shigeo | 2007/03/29 10:37 PM |