自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [32]つかの間の平和 | main | [34]届かぬ思い >>
[33]見えない恐怖
たった一泊の外泊から、門限ギリギリ、夜の9時少し前に戻りました。

病院食対策グッズも持ち込みました。
振り掛け、あじ塩、お茶漬け、ソース、醤油等々。
どうしてもイヤな時用のカップ麺もこっそりと(笑)

すっかりリフレッシュできた僕は、また「明るく元気な癌患者」になるべく、早めに就寝したのでした。

翌朝6時頃に採血。
煙草を吸いに行って朝食食べて、回診にも笑顔で対応しました。

他の患者さん達との交流も再開し(ようやくOさんにも話しかけて)、2クール目の抗癌剤投与までは、好きなことができると信じて疑いませんでした。

ところがでした。
昼食後、一服して戻ってくると、若い医師が慌てて僕を呼び止めたのです。

「shigeoさん!白血球が減少してるから、しばらくベッドから出ちゃダメね。特に好中球がかなり少ないから、一階の売店とかは絶対に行っちゃだめだよ。面会もダメね」
というようにことを言うのです。

「コーチューキュー?」
いつも通り説明はないですから、後で調べたんですけどね。

とにかくこの瞬間から、僕は「禁ベッド外」になってしまったのです。
でも、自分の身体の中がそんな事態に陥ってるなんて、まったく自覚はありません。
自覚はないけど、これはやばい状態のようなのです。

看護師がイソジンうがい液とマスクを持ってきました。
食事の時以外は常時マスクを着用するのだという。
うがいも頻繁にするようにと。

これっていったいどういうこと?
「今僕が、何かに感染したら、あっという間にウィルスに冒されて、そのまま死んでしまうということなのか?」

僕はぞっとしました。
こんな感覚は、ホラー映画を見た後以外では初めてです。
まるで背後に死に神がいて、いつ鎌を振り下ろそうか、ニヤニヤしながら思案しているイメージです。
本当に背筋が寒くなってきました。

慌てて妻と会社にメールを入れました。
面会は一時、辞退する旨と、妻には追加のマスクを頼みました。

この、白血球が減少していた時期、見えない恐怖こそが、抗癌剤の本当の恐ろしさなんだと気付きました。

抗癌剤は確かに癌細胞を叩くかもしれない。
でも同時に、大切な生きるための機能にも容赦なく攻撃を加えるのです。

さっそく白血球減少症治療剤の注射をされるが、残念ながらあっという間に増えるわけではありません。

外泊の翌日(2/6)の白血球が2000。
7日も2000。
8日が5000。
お?さっそく注射が効いたか?
喜んで看護師に聞いてみるが、なんだか歯切れが悪い。
9日、その意味が判明、白血球2300。
10日はなんと1800!

いよいよ無菌室か?
僕は癌になる前、骨髄バンクのドナーに登録していたので、登録時にビデオで見た、寒々しい無菌室の情景が頭から離れません。

しかし11日、ようやく4300。
そして3月12日、白血球は一気に16000にも増えたのでした。

たまらず僕は、再び外泊を願い出ました。
この間、約一週間。
しかし、信じられないほど長い一週間でした。

この間、他の見舞客が咳き込んでいるだけでも不安でした。
まだ寒い時期で、空気はとても乾燥していました。
乾燥するとウィルスが活発に飛び交うわけです。

見えない恐怖と戦った一週間。
しかし戦ったという感覚はまったくなかったのです。

苦しかったのは吐き気や倦怠感の方。
でもそれでは死なないんですね。

死とは、こんな感じですうっとやってくるのかも知れません。
| 癌、以前以後(治療記) | 22:43 | comments(0) | - | pookmark |