自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< 退院記念日 | main | [33]見えない恐怖 >>
[32]つかの間の平和
とにかく6日目から、少しずつ副作用は薄らいできました。

7日目の朝食はパンでしたが、1/3くらい食べることができました。
昼食も半分くらい。
夕食も半分くらい。

ようやく副作用は峠を越えた。
僕は心底、ほっとしました。

妻にもメールをしました。
妻も心から喜んでくれました。

会社にもメールを入れました。
また遊びに来て欲しいから。

吐き気は治まりましたが、今度は病院食が食べたくなくなってしまいました。
というか、食べても味がしない。

そうです、これも副作用だったのです。
とにかく味付けが薄いと、なんか変なものを食べてる感じがしてならないのです。

売店でカップラーメンを買って食べてみました(こっそりと)
量は食べられませんが、これくらい濃くないと食べた気がしません。
しかしこんなものばかり食べ続けるわけにはいきません。
妻に、ソースと振り掛けを頼みました。
ついでにお惣菜の鶏の唐揚げとか。

実は、入院で数キロ痩せた僕でしたが、退院後にも味覚がなかなか戻らず、濃い味付けのもの(=高カロリー)ばかり食べ続けたせいで、あっという間に入院前の体重に戻り、さらには数キロ増えてしまうことになるのでした。

僕が副作用で苦しんでいる間に、病室では患者さんの入れ替わりがあり、Oさんという、70歳くらいの男性が新たに入院してきました。
やがてこのOさん夫婦と僕達夫婦は、入院中一番に仲良くなるのですが、この時Oさんは僕を、なんて陰気なヤツなんだと思っていたそうです。
僕が回復してからは、積極的に話しかけたり冗談言っていたので、その豹変ぶりにとても混乱したそうです。どっちが本当のshigeoさんなんだろうと。

そりゃそうですよね。
ニコリともしないで挨拶もロクにしなかったんですから。
後で「抗癌剤で辛かったんですよ」と説明して、ようやく納得していただきました。

ま、それくらいひどかったと。
と思うと、やはり見舞いを断ったのは正解だったと言えるのかも。

ようやく食欲も戻ったのですが、そんなわけでとにかく病院食を食べたくない。
そこで再び、外泊のお願いをしました。

2月4日、一泊の外泊が許可されました。
家では、妻が僕の好きな料理を作ってくれました。
もちろん、腹一杯食べることはできませんでしたが、家で食べる食事は、とにかく美味しいのです。

たった一泊の外泊でしたが、それでまた僕は、再び戦う勇気を得ることができました。

それまで、色んな闘病日記を読んで、なんてみんな、寸暇を惜しんで外泊したがるのだろうと、少し不思議でもあったのですが、なんのこっちゃない、自分の入院が長引いて、ようやくその理由がわかったのでした。

「理由」なんてもんじゃないですね。
病院にずっといると、心が渇くんですよ。
気が休まるときがない、とも言えるかも。

病院食がなぜ飽きるか?という話を聞いたことがあります。
なんか皮肉な話ですが「完璧だから」だと言います。

これは何故、家庭料理が飽きないのか?ということと裏返しなんだそうです。

家庭料理には無駄もあったり足りなかったり、味付けが濃かったり薄かったり、カロリーだって毎食均一ではありません。
だから飽きないのだと。

人にとって「メリハリのある生活」とか「変化のある毎日」が、活力の源だと言います。
しかしそれは別に、毎日事件が起こった方がいいということではないんです。

入院して痛切に思い知ったのは、たかが食事、されど食事なのです。
人が人である限り、どんな食事をとるかということで、たぶん気持ちや心すら変わり得るんだということなのです。

毎朝、菓子パンとジュースだけで学校に行く子供がいると聞きます。
そういうのが「家庭」と呼べるのか?

外食やお惣菜が全て悪いんだと言いたいわけじゃありません。
ごく希に、朝食が菓子パンだったとしても、僕はいいと思うんです。
ごく希になら。

僕が入院で知ったのは、変化がない生活の恐ろしさ。
そして実は「変化」って、とても他愛のないことだったのです。

それに自分が気付かなかっただけ。
気付けば、たった一泊の外泊が、生きていく勇気にすらなるのだということ。

とは言え、この時の僕は、まさかこの後、あんな恐怖が待ち受けているなんて、知るよしもなかったのですが。
| 癌、以前以後(治療記) | 23:22 | comments(0) | - | pookmark |