自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [30]抗癌剤・・・(前編) | main | 退院記念日 >>
[31]抗癌剤・・・(後編)
【注意!】この記事は、抗癌剤治療についての、マイナスイメージに満ちた記述を含んでいます。
これから抗癌剤治療を受けられる方は、くれぐれもご自身の判断でお読み下さい。

この記事は、一般論ではなく、わたしが検査を受けた時期、病院による体験です。
また、これが一番重要ですが、わたしが投与を受けた抗癌剤は、予防的投与であって、転移後の投与ではないことも充分にお含みおき下さい。

抗癌剤そのものについて、わたしは否定的な見解を持っているわけではありません。
ただ、実際に抗癌剤投与を受けた者が、どうなり、どう感じ、何を思ったのか、一つのサンプル(参考)にしたいとの気持ちから書くのだとご理解下さい。

--------------------------------------------------------------------

基本的に前向きではありますが、反面、石橋を叩いて渡るところもあり、僕は何事においても最悪のケースを予想するクセを持っていました。

僕の闘病のテーマは「明るく前向きな癌患者」です。
そのイメージを覆すことはしてはいけません。

そこで事前に妻と会社には、抗癌剤の治療に入ること、その間の面会や見舞いを辞退する旨を伝えておきました。

特に妻には、辛い姿を見せたくありませんでした。
彼女も必死で戦っているはずです。
口には出しませんが、ストレスも相当あったはずです。

そんな中でも当人の僕が前向きであること、これが絶対に彼女の励みになるのだと思っていたのです。
そんな彼女の心を乱しかねない夫の惨めに姿は、絶対に見せてはいけないのです。

だから、僕が抗癌剤の副作用で苦しんでいる姿を知っている者は誰もいません。

それで良かったのだと、一面では今も確信できます。
でも、別の面からすると、これで僕は一生泣き言が言えなくなったのだとも感じました。

それでよかったのか悪かったのか、今もって分かりませんが。

さて、僕は途切れることのない強烈な吐き気で、死んだようになっていました。
眠っている間だけが救いでした。
ずっと眠らせてくれないかなーと思ったこともありましたが、言葉にすることはありませんでした(そんなの許されるわけがない)

朝の回診の時も、起きあがることなんてできません。
(回診はベッドから起きて受けるようにと言われてましたが)
倒れるように床に伏したまま、回診を受けました。
返事もロクにできません。
そのとき、主治医が言いました。
「shigeoさんは神経質そうだから、(副作用が)出ると思ってたよ」
笑いながらね。

どうしようもない、避けられない結果とはいえ、苦しんでいる患者に対して医師が吐く言葉がこれだけだとは。

副作用で苦しむ患者はもちろん僕一人じゃない。

何十人、何百人が、一人の医療従事者の傍らを通り過ぎるだろう。

しかしその中で、僕にいたわりの気持ちを表してくれたのは、たった一人の看護師と、一人のヘルパーだけでした。

一人の看護師は、夜勤のある夜、辛くて返事もできない僕の手を、脈拍を測ったついでに、軽く握ってくれました。
「辛い?」って言って。

一人のヘルパーは、僕が食べられないことを心から心配してくれて、調理室に行ってリンゴを何切れか持ってきてくれました。

抗癌剤投与6日目の夜、ようやく口にすることのできた食べ物が、このリンゴだったのです。
大袈裟ではなく、僕は泣きました。
食べられたからじゃない。
その気持ちが、渇ききっていた心に染み入ったからです。

看護士の名前は忘れても、このヘルパーの名前は今でも覚えています。
検査の折り、何度か見かけることがあります。
彼女は覚えていないようですが、僕は一生、彼女のことを忘れないでしょう。
| 癌、以前以後(治療記) | 22:26 | comments(0) | - | pookmark |