自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [29]見舞客色々 | main | [31]抗癌剤・・・(後編) >>
[30]抗癌剤・・・(前編)
【注意!】この記事は、抗癌剤治療についての、マイナスイメージに満ちた記述を含んでいます。
これから抗癌剤治療を受けられる方は、くれぐれもご自身の判断でお読み下さい。


この記事は、一般論ではなく、わたしが検査を受けた時期、病院による体験です。
また、これが一番重要ですが、わたしが投与を受けた抗癌剤は、予防的投与であって、転移後の投与ではないことも充分にお含みおき下さい。

抗癌剤そのものについて、わたしは否定的な見解を持っているわけではありません。
ただ、実際に抗癌剤投与を受けた者が、どうなり、どう感じ、何を思ったのか、一つのサンプル(参考)にしたいとの気持ちから書くのだとご理解下さい。

--------------------------------------------------------------------

たまに考えるのは、転移して抗癌剤が必要だと言われたら、どうしようかなーということ。
腎盂癌には、まだ決定打と言える抗癌剤はないようです。

今は、遺伝子レベルで効くか効かないか調べられるそうで、それをお願いしたくても、僕の通う病院でできるわけがなく、協力してくれるとも思えず、そうなると転院、しかも遠くの病院への転院。

しかし遠隔転移の先には、間違いなく死が待っているわけだから、ここで妥協はできない。
とは言え、これも程度の問題ですけどね。

治療費がメチャクチャ高かったら、延命はしないかもしれない。
諦めずに徹底抗戦して、敗れて残されたのは膨大な借金だけだった・・・・

僕にはそれはできないな

生きることに意味があるとしたら、それは長さではない。
生きている「たった今」だけだと信じるから。

・・・そう信じないと生きてはいけませんよ。

と、抗癌剤について語ると、必ず悲観的になる自分がいます。

EQで測定できる感情の要素の中に「楽観性」というものがあります。
読んで時の通り「将来に対する考え方」が表れます。

僕は概してこの「楽観性」は低いのです。
そりゃ当たり前ですよね。
「やり通せば何とかなると思う」なんて設問に、「そう思う」「おおむねそう思う」なんて答えられませんよ(苦笑)

でも、だからといって日常生活を悲観的に過ごしているわけではないんですよ。
多くの人に「shigeoは前向きだねー」とか「ポジティブですね」なんて言われますし。
事実、僕は常に前を向いて生きてますし。

ただ、転移という問題だけは、前向きになれない。

というか、抗癌剤に関してだけは、とうとうプラスに捉えることができなかったのです。

前置きが長くなりました。
というわけで1月28日、抗癌剤投与が始まりました。

いずれ闘病記を書くとは思わなかったし、聞いても答えてくれない病院ですから、とうとう抗癌剤の名称は聞きませんでしたが、イチゴジュースの様な毒々しい色の薬があったり、何種類かの混合だったのは確かなので、後に調べて知った、きわめて一般的な「CEF(ファルモルビシン+エンドキサン+5FU」であったのではないかと思われます。

1日目は何も身体に変調は来しませんでした。
ご飯も美味しくいただきました。

2日目も快調な目覚め(点滴は煩わしいですが)
ただ、夕方から脚がだるくなりました。
しかしその程度です。
これだけで2日目も終わりました。

3日目。
いつも通りに6時頃起床しましたが、特に変わったは感じられません。
これは副作用なしか?
と淡い期待が膨らみます。
しかしその期待は直ぐに、裏切られるのでした。

いつも通りに朝食を取り始めて、突然、食欲が消えました。
ご飯を半分食べて、続けて食べる気が起きません。
これが副作用の始まりでした。

朝食を半分以上残して、病室に戻ると、やがて唐突に吐き気が襲ってきました。
あの酷い二日酔いと、とても似ている吐き気です。

・・・このあと僕は、胃の中が空になっても吐き続けました。
あまり気持ちのいい話ではないので詳細は省きますが。

とにかくこの3日目から6日目の夜まで、僕は水一滴口に入れることができなかったのです。

体もだるくて自分の身体じゃないようです。
とにかく寝ても起きても気持ちが悪くて、気分を変えようと病院内を歩き回りました。
陽の当たるベンチに寝ころぶと、気持ちが良くてうたた寝できそうだったのですが、非情にもヘルパーさんに注意され、どかされてしまいました(相手だって仕事なんだから仕方ないですが)

結局、身の置き所が見つからず、ベッドの上で膝を抱えて吐き気が去るのを待ち続けました。
本を読んだりネットをしたり・・・そんな気分になれるわけがありません。
無為にTVを付けたまま、ブラウン管を虚ろに見るだけがやってなのでした。
| 癌、以前以後(治療記) | 21:30 | comments(2) | - | pookmark |
初めまして。
腎細胞癌患者です。
腎う癌とは異なりますが、T1b、G3です。
術後2年1ヶ月が経過しており、今のところ再発・転移はありません。

腎う癌患者の方は抗癌剤治療と言う選択枝があるがために、難しい選択と医療費という壁にぶちあたるケースがあるんですよね。腎細胞癌患者の場合は、今現在、これといった抗癌剤がないために、進行していてもそうでなくても、究極の選択をする場面があまりないのです。ですから抗癌剤の副作用もほとんど経験しません。
インターフェロンの副作用は似ていますが、私に関しては今のところ、接種していないので未経験です。

描写の上手さに、つい引き込まれて読んでいきました。
これからもお邪魔させていただきます。
| ひろ | 2007/02/24 10:39 AM |

ひろさん
コメントありがとうございます。

腎細癌も大変な部位ですよね。
抗癌剤は効果ないし、緩解までの期間が長いし。
インターフェロン投与に対しても、
不安と葛藤が伴うと思います。

お互い、G3では検査もずっと続きますね。
でも検査の度に、生きている実感が湧くこともあるので、「これも悪くないな」と思うこともあります。

これからも、どうぞよろしく
| shigeo | 2007/02/24 11:50 PM |