自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [28]楽しい入院生活 | main | [30]抗癌剤・・・(前編) >>
[29]見舞客色々
お見舞いに来ていただけるのはとても嬉しいことです。
嬉しいけど、困ることもある、残念ながらこれも事実。

よく言われることですが、お見舞いって、よほど話すことのある相手以外は10分が限度ですよね。
話すこともない相手に長居されることの、この苦痛(申し訳ない!)
僕は自分の体験から、以後、自分がお見舞いに行くときは5分で帰ります。

ある部下は、とても無口なのです。
無口なのに「腰を上げるタイミング」が図れないヤツで、それは会社でも以前から感じていたのだけど、お見舞いもまったく同じスタンス。

僕が毎年楽しみにしている高校サッカーの決勝戦を見ているときにやってきて、サッカー好きで一緒に見るなら全然いいのだけど、そういうわけでもない。

僕はサッカーが見たい。
でもせっかく来てくれたのだから、相手もしなければならない。
何故か患者が見舞客に気を遣ってしまう。
本末転倒なのだけど、これが現実なのだと思う。

あと困るのが、食事時に来る人。
食堂ならまだ待っていてもらうのも変ではないですが、白血球が減少してベッドで食べていたときは、一人だけ食事するのも変な感じですよね。
ましてこっちは、抗癌剤の副作用からまだ食欲も完全じゃないから、ご飯をお茶漬けにして適当に食べていた時だったから、余計に見られるのが恥ずかしい。

それと、いったいどうすりゃいいんだい?って感じの生菓子とか持ってきて下さる人。
この病院は冷蔵庫ないんだから。
それが妻の来ない日だったら、他の患者さんに無理矢理あげなければならない。
(たぶん同じ理由で反対に僕が頂いたこともありましたが)

同部屋の患者さんのところにも見舞客は来ます。
これがもの凄い人数で来たりする。
記憶している限り、子供入れて10人くらい一緒に来たことがあったんじゃないかな。
で、他の患者さんが椅子を提供して、その患者さんのベッド取り囲んで、それでも足りない。
子供は走り回るし、頭数が多いから話も長いし、僕らは迷惑なだけだったけど、年配のその患者さん、さぞかし疲れたろうなーと思います。

ある時、30代の男性が腎臓結石で入院しました。
見るからに水商売っぽいのですが、家族らしき人はとうとう最後まで見かけることのなかった人です。
たまに来るのは、これまた明らかにチーフとかマスターとか呼ばれていそうな若い男性(だって白シャツに黒ベストですから)。
彼が来ると、伝票らしき紙の束を熱心に見ながら、ひそひそ声で話をするのです。

患者は暇ですからねー。
そういうの、どうしても見ちゃうのです。

もちろん、嬉しい見舞客もいました。

僕の友人(というか先輩)にKさんという方がいます。
告知されてすぐに彼にも知らせてあり、彼も心配してくれていたのですが、基本的に出不精で、特に初めての場所にとても弱い質なので、Kさんが初めて見舞いに来てくれたのは、入院して1ヶ月以上経った後でした。

彼はその前に、何度も自宅に電話をくれたんですね。
どうやら、見舞いに行くタイミングをはかっていたらしいのです。

ようやく来てくれたKさんは、恐る恐る病室を覗いて、僕を発見するとほっとした様な笑顔になりました。
迷わずたどり着けたのが嬉しいのか、いきなり世間話が始まって・・・(笑)
Kさんは、自分の書いた絵と(彼は売れない画家でもありました)、菓子折と、何故か途中で買ったというパンを下さいました。

Kさんと会うのは久しぶりなので、話は弾みました。
1時間くらいで帰っちゃいましたが、こういう時って本当に淋しいのです。

でも、一度来られたので安心したんでしょうね。
Kさんはそれからたびたびお見舞いに来てくれるようになりました。
何故かいつもパンがお土産でした。
そしてニコニコして病室に入ってくるのでした。

お見舞いについて、先にも述べましたが自分の経験から一つの真理を僕は得ました。

お見舞いは、それが義理なら決して長居はしないこと。
でも患者が引き留めたら、時間の許す限り一緒にいること。

入院患者は、愛想で見舞客を引き留めません。
少なくても僕は、そうでした。
| 癌、以前以後(治療記) | 21:42 | comments(3) | - | pookmark |
こんにちは。はじめまして、がーこと申します。

少し前にこちらのブログと巡り合い、ちょくちょく寄らせてもらっていたのですが、コメントを残さずに失礼しておりました。

その後、お加減はいかがでしょう。

私の夫は8年前にガンと診断され、長くない命と言われながらも、おかげさまで無事に克服致しました。
ですから、shigeoさんもぜひ克服して、頂きたいと
わずかばかりの気持ちですが、パソコンから念を送っています。

>見舞客色々

は、納得です。その通りですね。

私の場合、患者の“妻”の立場でしたが、一番辛かったのは、年下の(生意気な)上司が、
「○○さんが会社休んでる間に、その座、坂上(部下)!取っちゃえよ!お前、今がチャンスだぞ!」
と点滴を繋げた体の主人の前で言ったことです。

主人は会社を数ヶ月休む焦りを感じていました。
私はそれを感じていたので、心無いその上司の言葉に胸を傷めたものです。

本当に、『お見舞い』というのは、見舞う側が気を使って、ある程度の時間がきたら、さっさと帰らなくてはなりませんね。
肝に銘じます。

またお邪魔させていただきます。
がんばってください。
| がーこ | 2007/02/28 5:04 PM |

shigeoさん、失礼しました。
以前にも私、コメント入れさせてもらっていましたね。

すっかり忘れていました。
今回は2度目・・・はじめまして、じゃないです♪

失礼しました。
| がーこ | 2007/02/28 5:10 PM |

がーこさん
コメントと共に念も頂戴しました(^^)

自分がその立場になって、
初めて知ることって少なくないですよね。

癌になる前の自分のお見舞いのシーンを思い返すと、とても恥ずかしくなります。

それにしても、心ない上司の発言には
さぞかし傷つかれたことでしょう。

癌は、身体と共に、心も痛めつけるんですね。
| shigeo | 2007/03/01 10:01 AM |