自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [25]一日ごとの回復 | main | [27]戦いの準備 >>
[26]二度目の絶望
物事を深刻に語られるのと、素っ気なく告げられるのでは、いったいどっちがショックは大きいのか?
それとも、結果が最悪であれば伝え方なんか関係ないのだろうか?
例えばそれが、とても思い遣りを持った伝え方だったとしても。

とにかく癌組織の検査結果は、思わしくないものでした。

いずれ診断書を書いてもらって知るのですが、僕の癌はG3と呼ばれる悪性度の高いもの。
(更に時間が経って、自分がネットで調べた結果を主治医に確認して、筋質への浸潤、T2であったことも判明)

で、これはいったいどういう事態なのか?
つまり転移の可能性が高いということ。

具体的にどうすればいいのか?
予防的な抗癌剤の投与です。

「抗癌剤をすれば転移の確率は下がるのか?」
「具体的な統計資料はあるのか?」
僕は執拗に訊ねました。

しかし医師の答えは
「統計もデータもないが、やらないよりやった方がいいと思う」
の一点張り。

これだけの情報提供で「やるかやらないか自分で決めろ」と言う。
そして「患者が拒否すれば、病院は無理矢理投与しませんよ」と言う。

医師にそう言われて、拒否するだけの知識も勇気も、そして覚悟も、その時の僕は持ち合わせていなかったのです。

とりあえず妻と相談すると返答し、僕は屋上の喫煙室に向かいました。
喫煙室から屋上に出ます。
まだ寒く、屋上から望める山々も枯れ果てていました。

まさかここで桜を見ることになるのではないか?
永遠にここを出られないのではないか?
絶望が心を充たしました。

「妻と相談する」とは言ったものの、相談して画期的な回答が得られるなんてことはあり得ないのです。
抗癌剤、この未知の治療に対して、マイナスのイメージしか感じられません。
髪の毛が抜ける。
吐き気がひどくて物が食べられなくなる。
白血球が減少して感染症にかかりやすくなる。
そして「絶対に効果があるわけではない」

夢中で掴んだ藁は、やっぱり藁だった。
そして僕は今また、新しい藁にすがりつこうとしている。
そして今度の藁は、すがりついても救いがないような気がしてならない。
でも、すがりつかない決断を、ずっと正しいと信じ切れる自信もなかったのです。

妻の携帯にメールを入れました。
妻からはショックを隠せない返事が返ってきました。

夕方、妻がやってきました。
「手術さえ終われば、これで全て終わりになると思ってたのに・・・」

小さな子供を二人抱えて、パートにも出ていて、毎日のように病院に来て、妻にとっては手術して10日くらいで退院できる、それまでの辛抱だ。
それが彼女を支えていた(最大にして唯一の)原動力だったのでしょう。
それがこの後、2ヶ月近くも続く。
気持ちを再び切り替えるのは、容易なことではなかったと思うのです。

僕は僕でもちろん絶望しました。

しかし妻は妻で、やっぱり絶望したのです。

生きて帰れないと宣告されているわけじゃありません。
「あなたの命はこれくらいです」と言われたわけでもありません。

しかし、だからラッキーとは、どうしても思えないんです。
思えなかったんです。

この時の妻の絶望がどんなものだったのか、それは知りようもありません。
妻は妻で、何とか前向きに捉える努力をして、そして僕と共に癌に立ち向かおうと、一人決めたのだと思います。

妻が弱音を吐いたのは、この時ただ一度だけでした。

僕はと言えば・・・
やはりこの藁にすがりつくしかないのです。
覚悟とかポジティブシンキングとか、そんな偉そうな意志ではなく、単にすがりつかなかった場合の不安の方に押しつぶされそうな気がしてならなかった、そんな程度の気持でしかありませんでした。

いずれにしろ、淡い期待は打ち砕かれました。
再び「死」が、近づいてきたように思えました。
「死の予感」が、心を捉えて離してくれないのです。

「退院できなかったらどうしよう」
泣きたくなるほど惨めでした。
| 癌、以前以後(治療記) | 22:22 | comments(2) | - | pookmark |
はじめまして。
看護大学2年の者です。明日からはじめての実習となり、
左腎盂癌の患者さんの術前後にあたらせていただくことになりました。
不安でいっぱいですが、気持ちの面などとても参考にさせていただきました。
ありがとうございます。
| yuki | 2007/01/31 9:35 PM |

参考にしていただけて感謝します。
ただ5年も前の記録なので、今はもっと色んな面で進んでいるかも知れませんね。

看護の実習、頑張って下さい。
| shigeo | 2007/01/31 10:12 PM |