自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [24]裏切られた硬膜外麻酔 | main | [26]二度目の絶望 >>
[25]一日ごとの回復
吐き気や痛みで最悪ではありましたが、別の面から考えてみれば、一日ごとに回復の程度がはっきりと自覚できる、それはやっぱりとても嬉しい日々でもあったわけです。

タイトル通りなのですが、本当に一日ごとに変わっていくのです、自分自身が。
痛みがひどかろうが看護師に不満があろうが、今もあの時期にそれほどネガティブなイメージが伴わないのは、まさしく「回復の度合いが実感できる有り難み」の記憶が勝っているからなのだと思います。

術後2日目。
鼻から胃に通しているチューブと酸素マスクが外されました。
これがまず体感した開放感です。
ベッド上で起きあがる許可も出ました。
午後には、しばらくぶりに水を口に含みましたが、別にこれは美味しくはなかったですね。
感動的ではありましたが。

術後3日目。
個室内歩行許可。
初めて重湯というものを飲む。
夜、待ちに待ったお粥(五分)

術後4日目。
八分粥を食べる。
脇腹のドレーン、硬膜外麻酔が外れる。
脇腹の穴はテープで塞ぐだけなので驚く。

術後5日目。
全粥。
お粥はどれも、ちっとも美味しいと感じませんでしたが、それでもこの変化は、自分が間違いなく回復している、日常に戻りつつあるという確かな証拠なのです。

しかしこの日の夜から膀胱が痛み出し、座薬を入れる。

術後6日目。
やっと常食。
普通のお米はやっぱり美味い。

最初はベッドの上で起きあがる許可が出て、次ぎに個室内での歩行許可が出て、この日とうとう病棟内の歩行許可が下りました。
逆戻りはない。
確実な前進に思われました。

僕は早速、点滴棒を持って、フラフラでしたが個室を出てみました。
既に馴染みとなった古く、薄汚れた廊下です。
それでも歩けることが、たまらなく嬉しかったのです。

しかし何よりも嬉しかったのは、尿バルーンが外れたときでした。
とにかく自分のペニスの先に何かが付いてるのがたまらなく違和感がありイヤでした。
しかも夜になると膀胱が痛くなってきていたし。

尿バルーンが取り外されたのが術後7日目。
一回目の抜糸の時でした。
(抜糸は二日間に分けて行われました)

それまでは浴衣を着て、T字帯(ようするにふんどし)を付けていたのですが、これを機にトランクス、パジャマに着替えました。

浴衣からパジャマへ。
これが最悪の状況から脱したと一番に感じられた変化でした。
自分の足で出歩ける喜び。普通の食事ができる喜び。
また「元気な入院患者」に戻れるような期待で胸がいっぱいになりました。

しかし、その前に立ちはだかるものがあったのです。
まだ腫瘍組織の検査結果を聞かされていません。
腎臓は全摘出して、見える範囲での転移は認められなかったと聞かされました。
当時はまだ理解できていなかったのですが、とにかく組織の検査をしてみないと予後はわからないと説明を受けていました。
だけど、この結果次第では、数日後の退院があり得るのです。

尿バルーンが取れた翌日。
残っていた抜糸も済み、点滴も昨日で終了となり、後は検査結果を待つのみでした。
朝の回診の時には、その話はありませんでした。
午後になっても一向に呼び出しがありません。

やがて看護師に、膀胱内の残尿を調べるからと、外来診察室に連れて行かれました。
診察室の一角に、カーテンで仕切られただけの洋式便器があるのです。
なんでもこれに仕掛けがしてあって、尿の勢いが調べられると。

なにか問題があっては困ります。
僕は下っ腹に力を入れて(痛い!)思い切り放尿しました。

・・・その様子を看護師が見てるんですからね。
なんだか変な感じでした。

続いて診察代に横になって、下っ腹にエコーのような装置をあてがいました。
これで膀胱内に尿が残っているかどうか分かるのだそうです。

その時です。
実にタイミング良く医師が診察室にやってきたのです。
このチャンスを逃す手はありません。
僕はここぞとばかりに問いかけました。
検査の結果を。
| 癌、以前以後(治療記) | 22:53 | comments(0) | - | pookmark |