自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< 検査結果 | main | [25]一日ごとの回復 >>
[24]裏切られた硬膜外麻酔
この病院は看護師が24時間看護。
だから家族の付き添いは必要なし、と聞かされていました。
ところが実際には「手術日の夜は家族が付き添うこと」と指示されたのです。

うちはまだ子供が小さいですから、とてもじゃないけど留守番はさせられません。
住宅事情があって実家に預けることもできないし、逆に母は喘息で猫アレルギーだから、猫が3匹もいる我が家に泊まってもらうことも難しかったのです。

たかが一日ですが、核家族はこんなところで困るのです。
そのことを一番痛切に感じたのが、妻がパートに行き始めたときと、僕の手術のときでした。

この問題は妻の妹に留守番を頼むことで解決したのですが、そんなわけで手術が無事終わり、朦朧としたまま迎えた初めての夜は、ベッドの傍らにずっと妻がいてくれたのでした。

それはいったい何時頃だったのだろう?
あの夜はまったく時間の観念を失っていたので判然としませんが、僕は突然、強烈な吐き気に襲われました。

気付いた妻が急いでナースコールしてくれました。
看護師がやってきて、胃液を吸い取る処置をしてくれ、いったんは吐き気は納まりました。
しかしそれも、つかの間だったのです。

吐き気はやがて我慢しきれなくなりました。
僕の意識ではなく、胃が我慢できなくなったのです。
何も入っていない胃が、とうとう吐き気のために動き始めてしまいました。
すると、切った箇所が焼きごてを押し当てられたように痛むのです。
ものすごい激痛です。
せっかく硬膜外麻酔が効いていても、これじゃ意味がありません。

いったい何回、こんなことを繰り返したのでしょう。
とにかく僕は、吐き気と、身をよじることによる激痛と闘いながら、この最初の夜を越したのでした。
妻もほとんど眠れなかったでしょう。
そして心配でならなったでしょう。
二人にとって、まったく予想していなかった、とんでもなく大変な夜だったのです。

翌朝になっても吐き気は納まりませんでした。

やがて、麻酔科の医師がやってきました。
僕に症状をたずねるが早いが、用意していた薬品を硬膜外麻酔の装置(?)に注入したのです。
するとどうでしょう。
嘘のようにあっという間に吐き気が消えたのです。

麻酔科の医師曰く「たまに合わない人がいる」とのことでした。
その「たまに」に、よりによって僕が当たってしまった。
こんな運の悪いことってあるのでしょうか?

しかし、僕も妻もまったく違うことを考えていました。

麻酔科の医師は、病棟の看護師から連絡を受け、薬品を用意してきたのです。
ということは、僕のこの吐き気は、硬膜外麻酔の副作用として予想されていた、と言えるでしょう。
だったら何故、昨晩のうちに、その対処ができなかったのか?

たぶん単純な理由です。
夜間に麻酔科の医師がいなかったから。
そしてその薬品は、麻酔科の医師以外処方してはいけないから。

たぶん間違いないと思うんです。
そして、こんな「くだらない病院の事情」で、僕は丸一晩、吐き気と激痛に苛まれたのです。

これが「患者主体の医療」を標榜するこの病院の実態だったわけです。

でも、今更クレームをつけたところで、明けしまった夜を取り戻せるわけではありません。ましてこれからが看護の本番なのですから、余計な気まずさを作り出したくない。

気が弱いと言われればその通りですが、多くの闘病記を読んでも同じ意見に遭遇するのです。
患者は弱者で、弱者であるが故に何も言えない。
正論を振りかざして、権利を主張して、それで看護師や医師と平静に付き合えるほど、僕は強くはないのです。

とにかくこの処置のおかげで、吐き気は見事に解消されました。
しかし、今度は別の災難が待っていたのです。

さっきの処置は、ようするに麻酔の効果を抑えるものだったようです。
つまり、開腹手術本来の痛みが僕を襲ってきたのです。

僕は痛い痛い訴え続けました。
だって本当にものすごい痛みなんです。

やがて看護師が、一本の注射をしました。
すると驚くことにすうっと痛みが引き、そしてあっという間になんだか気持ちよくなって、僕は眠ってしまったのです。
鮮烈な効き目です。

この薬を打つと、3時間くらい安らかに眠れました。
しかし永遠に効果が持続するわけではありません。
効き目が薄れ、再びナースコールするのですが、さっきの注射は一日の使用限度が決められていると。だから投与できないというのです。

「そんなバカな?」
と叫んでも状況は変わりませんし、どんなに懇願しても看護師は注射を打ってはくれませんでした。

ではどうしたかというと、座薬を入れるのです。
しかしこれは気休めにしかなりませんでした。

結局、術後2日間は、注射をすると「ほわーん」として眠ってしまい、目覚めると痛みに耐えるだけで、正常な状態がなく、まるで地獄と極楽を行ったり来たりしているような感じだったのでした。

あの注射はなんだったのか?
「モルヒネですかあ?」と聞いてみたのですが、そんなに強いんじゃないとの答え。
それ以上は聞かなかったので、あの天国のような気分を味わえた注射がなんであったかと、とうとう分からずじまいなのでした。

僕は、こんな感じで硬膜外麻酔とは相性が悪いし、ようやく開腹の痛みが治まった後は、尿バルーンが痛くてたまらなくなるし、やがて抗癌剤の投与の時には、血管痛に悩まされて・・・。
なんというか、僕はつくづく運のない人間なのかもしれません。
| 癌、以前以後(治療記) | 23:21 | comments(0) | - | pookmark |