自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [23]「病人」になった日 | main | [24]裏切られた硬膜外麻酔 >>
検査結果
今日は先週撮ったCT等の結果を聞きに泌尿器科外来へ。
先週は連休明けのせいかとんでもなく混んでたけど、
今日は意外とテンポ良く全てが進む。
(まず駐車場に停められないんですよ、なかなか)

CTの異常は無し。
腎機能も問題なし。

5分どころか1分くらいで終わりにして
さっさと帰らせようとする主治医。
(何か用事でもあるのか?)

(そりゃないでしょ?
丸5年なんだから、なんか言うことあるでしょ?)
と驚き、仕方ないので僕から切り出す。

「あのー、今月で5年過ぎたんですが。検査とか少なくなんないのでしょうか?」
「あ、そうか、5年ねー。まー普通は半年に1回にするんだけど・・・。まーいいじゃない。顔見せにお出でよ」
「あ、はー(顔見せかい!)」

というか、5年経ったんだから、
労いの言葉の一つもかけてもらいたかった・・・

まーたぶん、検査が減っても膀胱鏡検査回数は変わらないんだろうし
(半年ごととなれば毎回ってことみたいです)
定期的に血液検査が出来るんだからと、
健康管理の一貫だと気持ちを切り替えるしかないみたいです。

しかし・・・
10年経ってもこんな感じなのかな?

でもとりあえず一安心。
次は4月。
嫌な嫌な膀胱鏡(憂鬱)。
| 癌について思うこと | 10:40 | comments(0) | - | pookmark |