自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< トラックバック その後 | main | [23]「病人」になった日 >>
5周年
5年前の今日が手術日でした。
今日で満五年。

国立がんセンターのデータによると、浸潤癌の5年生存率は「各種治療法にもかかわらず5年生存率で10〜40%」。
退院後、この記述に初めて遭遇したときは、目の前が真っ暗になったものでした。

久しぶりにホームページを閲覧しましたが、この記述は5年前とまったく同じ。
(他の部分も改訂されていないようでした)
マイナーな部位だと、こんなものなのかと少しガッカリ。

今月は検査月で、明日がCT撮影と血液、尿検査。
来週、その結果を聞くための外来受診です。

今までの検査のペースが年4回。
たった4回かもしれないけど、気持ち的には4回というのはとても重いのです。

今年から回数が減るといいなというのが僕の一番の願い。
できれば膀胱鏡は、年1回とかにしてほしい。
(「もう必要ないですね」なんて言われたらもっと嬉しい)

ところでカレンダーの1月9日に「5周年」と書いておいたら、妻が「これなーに?」と。
手術日だよと教えると、妻は「5年になるんだ」と驚いていました。

ま、当たり前だけど本人以外にはまったく意味のない日にち。
それでも満5歳。

40過ぎたら誕生日はもはやどうでもいいし、この手術日が、自分に自分で「おめでとう」と言える、僕にとって唯一の記念日なのでした。
| 癌について思うこと | 12:55 | comments(0) | - | pookmark |