自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [21]入院の準備をしながら思ったこと | main | 絵馬に書く願い >>
[22]「悪性腫瘍の疑いのため」
記憶によると曇り空だった・・・
ただしあやふやな記憶ですが。

ネガティブな記憶って、何故か晴天と結びつかずに記憶されるように感じるのです、僕の場合だけかもしれませんが。

僕が5歳の時に母方の祖母が亡くなりました。
そのとき、僕はマイクロバス型の霊柩車に乗ったのを覚えているのですが、大人になるまでそれがずっと夜の出来事だと思っていたのです。
しかし実際はそんなことはなく、真っ昼間に車で移動したといいます。
冷静に考えてみれば霊柩車に乗るのは斎場に行くか、その帰りのはずです。
それが夜のはずはない。
でも、そう訂正されてもやはり、記憶の中のバスの外の情景は真っ暗なのでした。

まあ、いずれにしろ1月ですから、寒かったのは間違いないはず。
そんな1月4日に、僕は妻に伴われて病院に到着したのでした。

入院手続きは時間がかかります。
これは検査だろうが治療だろうが同じでした。

病棟は5階の6人部屋。
検査入院のときと同じ部屋でした。
とは言っても、当時と同じ人がいるのかどうかはまったく分かりませんでした。

これは、多くの癌患者が闘病記やブログで書いていることですが、ようするに癌患者は、手術するまで異様に健康なのです。
パジャマを着ているけど食欲も旺盛だし、暇だから病院中を歩き回ります。

やがて手術を終えれば正真正銘、痛々しい姿になるのですが、この頃はそんな事態に陥るなんてまだまだ他人事なのでした。

気の早い部下が、入院の翌日にもう見舞いに来ました。

何しろ手術まで5日もあるんです。
検査なんてもう残ってないですからね。
自己輸血のための採血と、止血検査?(耳たぶを少し切って止血時間を調べる検査)、肺活量の測定、腕に試液を塗って、アレルギー検査?

その他は、玩具の笛みたいなのを渡されて、術後の肺炎予防のためとかで、息を強く吐き出す練習。

食事も不味くないし、ハンバーグや焼きそばなんかも出てくるし、休日の直食はパンだし、テレビカードも買ったからテレビも見られるし、変な話ですがかつて経験したことのないゆったりとした時間だったのです。

妻を交えて、最後の治療についての説明も受けました。

手術時間のこと
術後の注意点
抜糸時期の目安
退院時期の目安

ここで初めて、術後は個室で1週間程度過ごすことを知りました。
個室は高い。でも仕方ありません。
考えてみればそのために入っていた癌保険があるのですから。
1週間の個室くらいで文句を言ってもはじまりません。

抜糸は術後1週間くらい。
腫瘍のタイプが悪くなかった場合、退院は10日から2週間後くらい。

腫瘍のタイプが悪かった場合、抗癌剤治療で最大3ヶ月の入院延長。
3ヶ月というと・・・、退院は4月になるわけです。

これは絶対にマズイのです。
いくらなんでも会社での立場が危うくなります。
しかしやっぱりこの時点でも、転移はもちろんのこと、腫瘍のタイプが悪いだなんて、そういう事態は「可能性の一つ」としか思えなかったのでした。

ここで手術同意書と、緊急時の輸血についての同意書が渡されました。
「右腎盂悪性腫瘍の疑いのため」と書かれていました。

あ、そうだったんだ。
まだ悪性腫瘍=癌と決まったわけではなかったんだ。

決まっちゃいないけど、そんな可能性にはまったく無関心になっていました。
そりゃ摘出してみて、悪性ではありませんと言われるのは嬉しいことには違いないけど、まったく別の観点から考えると、せっかくの癌保険から保険金が下りない、と言うことなのです。
家計的にはこれが最悪のケースなのです。

妻や友人にも冗談交じりで話したけど、癌だった、だけど初期だった、というのが、実はもっとも「お得なケース」なのです。

というか、当時の僕は、本当にそう思っていました。
とても卑しい考えですが、メチャクチャ大変で辛い体験をするのだから、せめて保険金くらいはいっぱいもらわなくちゃと考えていたのです。

お金に執着するのは格好良くないかもしれませんが、自分の命に関わる事態においては、このお金があるとかもらえるとか、そんなことが一つの安心材料となるのです。

ちなみに退院後、社員にも友人にも、ことある毎に「癌保険」に入れと勧めました。

闘病記や、やがてネットで知り合った体験者の中にも、癌保険に入っていなかったが故にお金で苦労した人が少なくないのです。
若い人達は特にそういう傾向が顕著です。

癌は成人病、今は生活習慣病ですね。
生活習慣病は中高年の病気だから・・・なんてことはもはや幻想です。

あと、生活習慣病という呼称はとても誤解を与えやすくて嫌いです。
生活習慣を変えれば癌にならないのか?リスクが減るのか?
リスクが軽減されたとしても、それはあくまで統計上の数値であって、誰か一個人のリスク軽減を保証するものではないのです。

極論を述べれば、酒も煙草もやらないで、適度な運動をして健康的な食生活を送っていても、残念ながら癌に罹る人は罹る。

逆に、一日に煙草2箱と毎日の晩酌にアルコール度数の高い酒を飲み続け、脂っこい食べ物が大好きで不規則な生活を送っていても、癌にならない人はならない。
(身近にも一人や二人、思い当たる人がいるんじゃないですか?)

我々は統計の数値の中で生きているわけではないのです。
誰がなんと言おうが、現実にそういう人達を見てきましたから、僕は。
だから自分だけは大丈夫と思わないで、誰もが癌になる可能性を考えてみて欲しいのです。

と、多くの癌患者は思うのだけど、その当人が癌になるなんてまったく考えたことないのですからね。
まったく説得力のない話なのかもしれません(苦笑)
| 癌、以前以後(治療記) | 08:23 | comments(1) | - | pookmark |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/12/29 1:01 PM |