自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [19]-生きられる自分 | main | [21]入院の準備をしながら思ったこと >>
[20]「立派な父だった」と言われたい
「万が一」ということもあるわけです。
全身麻酔のリスクとか感染症とか。
確率的には開腹手術そのものがハードなんだから、100%生還できるなんてことはあり得ないわけです。

まずは、死んだらどうなるのか?
入院が長引いたらどうなってしまうのか?
漠然と安心していたのですが、加入している保険内容をどうしても正確に知りたいと思いました。

僕の場合、通常の特約付きの生命保険に加え、掛け金の安い入院保障のある共済保険、そして外資系の癌保険がありました。

癌保険は、数年前、母が乳癌で手術を受けた際に、念のためと思い入っていたのです。
しかし、まさか本当に役立つことになるとは思いもしませんでしたが。

入院費・治療費、いったい持ち出しはいくらになるのかまったくわかりません。
治療が長引けば保険金が支払われる前にまとまった金額が必要になるといいます。
僕は保険証を丹念に見直し、保険会社にも電話して確認をしました。

僕はこのブログの冒頭で、自分はなんとなく80くらいまで生きるんだろうなと思っていたと書きました。
そう思っていたくらいですから、僕の選んだ保険はどれも、死亡保険金が少額なのです。
これは痛いなと思いました。
会社から弔慰金が出るだろうとはいっても中小企業ですから、500万も出ないではないか。

救いはとにかく、家のローンがなくなること。
簡単に売れるかどうかは疑問でしたが、売れれば残された家族はアパートに移り住めばいいわけですから、死んだらガマンしてもらうしかありません。
というか、ますます死ぬわけにはいかなくなったのですが。

入院が長引いた場合・・・
逆にこの件についての保険内容はある程度手厚くなっていたのです。

自分は死なない、でも怪我や病気になったときは困る。
癌になる以前の自分の人生態度が明確に反映している保険内容なのでした。

お金についての現実も把握できたし、後、どうしてもしておかなければならないのは子供との思い出作りでした。
忙しい12月に出来るだけ時間を作って、僕は子供と可能な限り遊びました。

「パパは病気になって入院するんだよ」
と言ったって実感できるはずがありません。

12月の寒空の下、公園の遊具で嬉々としてはしゃぐ子供達のこの顔を、この僕が曇らせてしまうかもしれないと思うと、やはりどうしても泣きたくなります。

ただ僕が考えていたのは、彼女らがいずれ大人になって、記憶の中の父が「いつも怒っていた」なんて風にはなりたくということでした。
「いつも笑顔だった」
「いつも優しかった」
そう思われなくては、死んでも死にきれないのが本音なのです。

「立派な父」
入院しても惨めな姿は見せないぞ。
死ぬことがあっても「父は最後まで立派でした」と言われなくては。

人は、見栄だけでどこまで生きられるものなのか、それは僕にも分かりませんが、結婚するまでの自分が本当にだらしなかったから、どうしても最後は格好良く死にたかったのです。
結婚前、繰り返し思い描いた惨めな末期から逃れるためなら、いっそ「良いタイミング」で死んだ方がいいとさえ思えました。
(結婚以前の僕の心境については、別ブログ「カウンセリング未満[自分を癒す試み]をご参照下さい)

まだ死にたくはないけど、今がまさにそのタイミングでもあったわけです。
このタイミングをより効果的にしなければならない。

会社に迷惑をかけない努力をするのと同様に、妻にも出来る限り迷惑をかけないようにしよう。
良い夫、良い父親であるためには、良い患者でいよう。

検査入院で、これからの本格的な入院生活の雰囲気は掴めていました。
それは、慇懃ではあるが温かみは感じられない、標準以上ではあるが、かゆいところに手が届くわけではない。
しかし僕は、医師や看護婦といざこざを起こすわけにはいかない。
それで病院側の対応が変わることを期待するのではなくて、自分自身が「良い患者」であり続けること。それがきっと妻や子供や部下や上司にも伝わるはずだ。

それがもしも死ぬことになったときも「立派な人だった」と思われる根拠たり得るだろう。

このとき、「見栄」が僕の治療計画の基本になったのです。
そしてそれは「癌になっても前向き」だとか
「癌になったことをプラスに捉えられる」とか
「すごい精神力」だとか
そういう人物像を生み出す切っ掛けになったのでした。

しかしやがて、この人物像が一人歩きを始め、結果、僕は自分自身を追いつめることになるのです。

しかしでは、妻の前で泣けばよかったのか、すがりつけばよかったのか。
友人達に泣きつけばよかったのか。
恐怖や不安を全部、ぶちまければよかったのか。
癌のことが気になって仕事に身が入らないと、部下や上司に泣きつけばよかったのか。
子供と遊んでいないで、一人裡にこもり続ければよかったのか。

よくない、それをしていたら僕はダメなヤツになっていた。
と思うのです。
思えるのです。
思えるけど、誰も僕が弱い人間だなんて思ってくれなくなってしまった。
二度と「転移が怖い」とか「夜も眠れない」なんて弱音をはけなくなってしまった。
自分を守るために築いた虚構が、やがて自分を押しつぶそうとするのです。

だから何度も何度も、
この時の自分の決断を再考してしまうのです、僕は。
| 癌、以前以後(治療記) | 19:15 | comments(0) | - | pookmark |