自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [18]改革の火を消さないために | main | [20]「立派な父だった」と言われたい >>
[19]-生きられる自分
メールを書いて送信した翌日、早速地元の友人から電話がかかってきました。
今夜、会おうと。詳しく聞かせてくれと。

夜、居酒屋に3人の友人が集まりました。
いずれも古くからの友人です。

僕は今までの経過を詳細に伝えました。
今後考えられるリスクについても正直に話しました。

「癌は身近な病気」
そう言われて久しいですが、同級生が癌に罹ったという話は僕も聞いたことありませんでしたから、友人達の驚きと動揺は決して軽くはなかったのです。

話をしながら酒を酌み交わしました。
「飲んでも大丈夫なのか?」
と聞かれても僕も分からないのです。
「何も注意されてないしね。入院まではいつも通りの生活で構いませんって言ってたし」

誰も何も分からないのです。
アルコールはダメなのか食事はどうなのか?

そしてどんな手術なのか?
どんな治療なのか?
術後はどうなるのか?
食事制限はあるのか?
お酒は飲んでもいいのか?
(どうも飲兵衛の友達が多いので、この点は誰もが気になるようでした)

ずいぶん根掘り葉掘り聞かれましたが、彼等が興味本位で訊ねているわけではないことは十分にわかってました。
彼等は僕がどう「変わってしまう」のか知りたかったのです。
つまり「付き合い方を変える必要があるのか?」
言い換えれば「いたわりとか援助を要するのか」が知りたかったのです。

そして彼等は、僕の苦しみや恐怖を、我がことの如く共感してくれました。

(なんだ。一人で悩んでないでみんなにぶつけておけばよかった)
毎夜眠れなかった時分は、一人で考え込むこと、いつも通りに生活することで精一杯でした。
しかしこんなにも気遣ってくれる友人がいたことに気付かなかったのです。

「退院したらまた飲もう」
何から何まで酒に関連づけますが、とにかくそれが4人の約束になりました。

遠い友人達からもメールや電話が入りました。
みな、本気で心配してくれている。
それがとても嬉しかった。
(生きていいんだな)

言えばバカにされますから口にはしませんでしたが、ようやく僕は
「生き方が悪くてバチが当たった」という思いから逃れることができたようでした。

(きっと生きていていいんだな)
僕は何度も何度も心の中で繰り返し唱えました。

誰だって、愛する者、親しい者がいなくなるのは耐え難いことなんだ。
そんな、普段は恥ずかしくて口に出せない思いを真っ直ぐにぶつけてくれる友人の存在が、僕の大きな励みとなりました。

悲壮感に浸ること、悲劇の主人公を気取ること、それでも死の恐怖や不安から逃げることは出来ますが、それは生産的ではないのです。

仕事では気持ちを簡単に切り替えることができたのだから、僕は入院にも治療にも、明るく前向きに取り組もう。
そう思える自分がいました。

入院までもう一ヶ月もありません。
やるべきことは仕事だけではありません。

立派な会社員であり立派な父親であり立派な夫であること、
それが自分を支える強力な柱のように思えたのでした。
| 癌、以前以後(治療記) | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://canter.cocorono.com/trackback/216693