自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [17]手術日決定 | main | [19]-生きられる自分 >>
[18]改革の火を消さないために
検査入院が終わり、これで残された時間がはっきりしました。
そして、しなければならないこと、したいこと、具体的な処理などが、はっきりと見えてきたのです。

会社では当時、管理職制度の改革に着手したばかりで、僕自身は課長だったのですが、自分を含めた部長から係長を全て「マネジャー」という呼称で統一し、管理職としての適正を洗い直す、という改革をこの年に開始したばかりなのでした。

これは下克上宣言でした、僕と僕の同志にとって。

課長である僕はこの制度の中で唯一「統括マネジャー」を任命され、僕の計画に則って、マネジャーが管理職としてふさわしいかを客観的に見極める研修を始めたのです。

つまり、年功序列で課長や部長になってしまっていた社員が存在したのです、この頃。
それが組織の求心力と、企業ビジョンや経営計画の浸透を妨害する存在となってしまっていたのです。

過激な変革や降格に消極的な取締役会に対して、角度を何度か変えて提案しても腰を上げてもらえなかったこの管理職改革を、ようやく実現するのがマネジャー制度でした。

だから僕は、失敗するわけにはいかなかったのです。
もちろん、万全の準備をして臨んだ計画ですが、失敗したら僕への非難は避けられず、場合によっては失職の可能性もありました。

家族のためにも、それは絶対に許せない。
僕の選択肢には「成功」以外ありえなかったのです。

そんな時期の、癌告知でした。

僕が不在でも計画が進捗するためにはどうすればいいのか?
元々3年間の緻密な計画はできています。
初年度の概略を簡単に説明すると、
4月〜6月:一旦同列になったマネジャーに、下半期に実行すべき事業計画を、自分で考え作成させます。
7月:マネジャー全員の前で発表会を開きます。
内容について意見交換をし、本当に下半期に実践出来る事業計画を提案した者を「事業計画推進担当」に任命し、下半期の部門統括を任せるのです。

僕の最大の幸運は、この段階を経て、すでに僕の役目を代行する者がいたことなのです。
彼は、当時まだ係長で、しかし思考法、実践力において、上位役職者をしのぐ存在でした。
いずれ僕の代わりになる逸材です。

僕は絶対に彼が事業計画推進担当になると信じていました。
そしてそれだけの事業計画を作ってきたのです。
僕の贔屓ではない、実力が違うのだとはっきりと他の管理職に示すために、このマネジャー制度が不可欠でもあったのです。

水曜日の朝礼で、僕は自分が癌であり、手術のために入院することを伝えました。

僕は、わりと話し好きで、人前で話すことも苦手とはしていませんでした。
しかし、この時の緊張感はかつて経験したことがありませんでした。
出来る限り落ち着いて、感情的にならず事実を述べ、そして迷惑をかけることを詫びました。事実、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

僕の改革により、もちろん降格する者も出るのですが、逆に僕の改革に賭けている若手の社員も少なくなかったのです。
彼等の未来の扉を閉じてしまうことだけはしたくありませんでした。

僕は、事業計画推進担当のU君を別室に呼び、これからの事について話をしました。
悪性度が高くなければ、1月の下旬には職場復帰できるのです。
しかし最悪の事態をも想定しておかなければならない。
それが、仕事です。

おかしなもので、妻とは最良のケースを共有することで家庭の維持を図ろうとしていましたが、会社では最悪のケースを共通認識として分けて考えていたのです。
そういう切り替えが出来ていたのです。

仕事始めから始めること、12月までの経過の確認。
1月中にやるべき事。
2月にやるべき事。
3月にやるべき事。

かなりの精度で、それはU君が進められる業務でしたが、やはりどうしてもチェックと最低限のアドバイスをしないわけにはいかないようです。
(何しろその部署には20歳も年上の部長や課長がいるのです。推進担当とは言え、旧係長のU君に全てを押しつけることはあまりに酷でした)

入院に際して、モバイルパソコンと通信カードを用意する必要性がわかりました。
しかし逆に、入院中でもメールを活用すれば、U君の負担も軽くなるし、何よりも自分の存在感も示せるわけです。
(マネジャー制度の統括を任されているとはいえ、実際は課長職の一社員であることに変わりはないのです。モバイル環境の準備は、自己防衛という意味合いも当然ありました。)

U君は「絶対帰ってきて下さいよ」と言いました。
「帰ってこなくちゃダメですからね」とも。

心の底から有り難かった。
U君にしても一度乗ってしまったレールですから、今更降りるわけにはいかないというのが本音でしょうが、それでも頼りにされている、それは僕が生きられるエネルギーなのです。

残された時間はあまりありません。
友人達にも報告しなければなりません。

その夜僕は、友人に宛ててメールを書きました。
| 癌、以前以後(治療記) | 19:14 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |









http://canter.cocorono.com/trackback/212653
絶対に失敗をする方法
さきほど書いたとあるWEB制作会社の社長が書いているメルマガ。このメルマガにいいことがかかれてました。ホントそうですね。ここから 実は私はかなりの『成功マニア』なんです^^いや、成功哲学マニアといったほ
| Beauty | 2006/12/06 7:10 PM |