自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [16]はじめての睡眠導入剤 | main | [18]改革の火を消さないために >>
[17]手術日決定
また望みはあるのだろうか?

そこにあった藁は「確率」と「誤診」だけでしたから、あまりすがりつきたいと思えるような藁ではありませんでした。

それがかえって良かったのかも知れません。

検査の結果を聞きに行く。
というよりは、今後の治療方針を確認しに行く、
僕や妻にしろ、思うのはそんな程度の気持ちでした。

検査結果は、入院病棟のナースセンターの中で行われました。

どうもドラマや映画の中とは違います。

告知や今日のことにしても、個室で向かい合って、重々しく行われるのだと考えていましたから。

検査結果を話してくれたのは、主治医の部長ではなくH医師でした。
(後に知るのですが、この医師が手術の執刀医でした)

ここで知らされたことは
(1)腎盂内に大きな腫瘍が認められる
(2)腎盂内の尿を採取したが、尿からは癌細胞は検知されなかった

検査結果からは癌だとは認定できなかったのだそうです。
しかしながら突起物の大きさから言って、腫瘍であることは間違いない。
しかも悪性の可能性がきわめて高い、ということでした。

この段階で、セカンドオピニオンをすべきだったのか?
それは今もたまに考えるのですが、結果的にはする意味はなかったわけです。
ただ、セカンドオピニオンを本気で検討しなかった自分の考え方に今、疑問を抱いているだけで。
つまり、次に転移や再発が疑われた場合、僕はいったいどうするのだろうということなんです。またこの病院で治療を受けるのだろうか?
あれほど否定した病院なのに、と。

さて、わたし達はその場で、この病院での治療を承諾しました。
妻もわたしも思いは違っても、とにかく早く手術を受けたいという気持ちでは一致していました。

医師はその場でパソコンを操作し、来年1月4日入院。1月9日手術を決定しました。

ずっとモヤモヤしていた「未来」が、ようやく定まった瞬間でした。
そうなんです。
何が一番イヤだと言って、先のことが分からないことがイヤだったんですね。
だって、癌であることは半ば覚悟していたし、すがる藁なんかないに等しい状況だったのですから。

ナースセンターを後にして、僕と妻は人気のない食堂で少し話をしました。

「やっと決まったね」
「しかし4日から入院というのは損した気分だなー」
(この年は確か正月休みが長めだったのです)
そんなことを話したのだと思います。

癌の性質が悪いてものではなく、転移もなければ約15日で退院出来るとも聞きました。
15日も、とも考えられますが、たった15日とも考えられるのだから。

同時に転移や癌の性質が悪かった場合(医師はこれを癌の『顔つきが悪い』と表現していました)、術後、抗癌剤の治療のため入院が最大で3ヶ月に及ぶとも聞かされたのですが、この時はその可能性について受け止める心のゆとりはまったく持っていませんでした。
もちろん妻も。

「ごめんね」
たぶん妻に、そう言ったと思います。
本当に申し訳なかった。
幸せにすると言っておいて、自分が癌になっちゃうなんて。

死んだら、死なないまでも長い闘病が続いたら、この妻に大変な苦労を強いるのだ。
そう思うと情けなくてなりませんでした。

しかし、弱い妻を必要以上に不安にさせるわけにはいきません。

「よし、今月は忙しくなるぞ!」
「明日の夜はカレーがいいな」
なんて空元気出して、家の食事の用意もまだの彼女を帰したと思います。

病院の玄関はすでに閉まっているので、狭くて暗い通用口まで見送りました。

このあと何回も何十回もこうして妻を見送るなんて、この時は思いもしませんでした。
そしてそれが、どんなに淋しいことなのかも。
| 癌、以前以後(治療記) | 19:28 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |









http://canter.cocorono.com/trackback/208107
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/12/15 10:07 AM |