自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [15]惨めさと恥辱感と「怒り」と | main | [17]手術日決定 >>
[16]はじめての睡眠導入剤
この日の午後は、残された検査を一気に片付けました。

「骨シンチ」というのもまたイヤな検査でした。
閉所恐怖症気味の人にはかなり苦痛なのでは?

とにかく狭いところに押し込められて、機械が直ぐ目の前をゆっくりと通り過ぎるんです。
痛くもかゆくもないのですが、とにかくその圧迫感たるや!

とにかく検査は全て終了しました。

今日の夜から外泊で、もどりは月曜の夕方。
この月曜の夕方に、医師から検査結果の説明を受けます。
で、その夜また泊まって、火曜の午前に退院。

なんでそのまま帰っちゃダメなのか、不思議ですが別に確かめようともしませんでした。
余裕がなかったんですね。

とにかくもう何日も、ほとんど眠っていないのです。
この日の午前はショックで隠れていましたが、午後になって再び強烈な眠気に襲われました。
でも、それでも眠れないのです。
今日も眠れないだろうな。
身体が限界に達して気を失うなんてことがあるのだろうか?

ふと思い立って、様子を見に寄ってくれた医師に、眠れないことを相談してみました。
すると、驚くくらいあっけなく
「じゃ、睡眠導入剤、出しておくから」というのです。

こんな簡単なんだ。
当時まだ「睡眠薬」というものに誤解があった僕は、言ってみてよかったと心から安堵しました。
(睡眠薬=危険というイメージは、癌になって安定剤を処方してもらうようになって初めて拭えたのです。今では本当に危険な睡眠薬は少なく、安全な薬が広まっています。薬に頼るのが嫌いな人がいるのはわかっていますが、眠れないことによる精神的苦痛、そして睡眠不足状態が、退院後の癌患者が前向きになれない、活動的になれない要因の一つだと思うのです。尾内も退院後しばらくは安定剤のお世話になりました。そのお陰で、日中意識がはっきりして、気持ちを切り替えることも簡単でしたし、ポジティブに仕事も再開できたのだと今でも感謝しています)

夕方、妻が迎えに来てくれました。
「外泊申請書」に所定事項を記入して、
ナースセンターに挨拶して、
たった一泊しただけで、再び僕は自宅に戻ることになったのでした。

たった一泊空けただけなのに、なんて自宅は心地良いのか。
今まで出張で2日も3日も家を空けたことはあったのに、体感される時間は、単身赴任で一ヶ月ぶりに帰ってきたようなものでした。
それくらい、まったく別の時間を生きていたと思うのです。

当時まだ小学生だった娘達も喜んで迎えてくれました。

涙がでそうになるくらい有り難かったです。

下の娘とお風呂に入って、食事して、もう我慢出来ません。
どうしても熟睡したかったのです。

家族にはもうしわけないですが、早速薬を飲んで、僕は床に就きました。

あっという間でした。
本当に考える間もなく、僕は深い眠りに落ちました。

5日振りの熟睡です。
翌朝まで実に、13時間も眠り続けました。
一度も目覚めることもなく。
| 癌、以前以後(治療記) | 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://canter.cocorono.com/trackback/202813