自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [14]逆行性腎盂造影検査 | main | [16]はじめての睡眠導入剤 >>
[15]惨めさと恥辱感と「怒り」と
【注意!】この記事は、逆行性腎盂造影検査についての、リアルな描写、恐怖感に満ちた心理表現が含まれます。
これから検査を受けられる方は、くれぐれもご自身の判断でお読み下さい。


内視鏡は容赦なく僕の尿道を進入していきました。
内視鏡は膀胱内で停止すると、今度はカテーテルを伸ばして、更に尿管を進みます。
カテーテルが腎盂に達すると、造影剤を放出し、同時に、腎盂内の尿を採取するのです。

この検査はいったいどれくらいの時間だったのでしょう。
10分くらいだったような気もするし、ゆうに30分はかかっていたようにも思えます。
ただ僕にとっては忍耐の時間でしかありませんでした。

医師達は、なにやら意味の分からない言葉で話していました。
モニターは見える位置にあったのですが、見ると余計に痛みが増すような気がして、とてもじゃないですが見られませんでした。

「はい、抜くよ」
主治医のその言葉と共に、内視鏡が戻っていくのを感じました。
するっと抜けると、とたんに圧迫感がなくなり、緊張の糸もほぐれました。

「はい、終わりました」
終わったのです。
看護師が、ペニスを拭ってくれました。
外れていた座部が元に戻り、あげていた足は、看護師が下に降ろしてくれました。

看護師に抱えられるようにして、椅子から降りて、車椅子に移動しました。
なるほど。
とてもじゃないけど、歩いては帰れません。
痛みじゃないですよ。
ショックで。

僕はきっと重病人のような面持ちだったのでしょうね。
すっかり疲れ果てて放心して、押されるままに車椅子でベッドに戻りました。

「まだ麻酔が効いてるから、立つときはゆっくり立ち上がってね」
車椅子は、そのためだったのです。

ま、言われなくても立ち上がれません。
というか、このまましばらく動けませんでした。

ふと気付くと全身びっしょりです。
冷や汗でした。
手の届くところにタオルを見つけ、寝たまま気になるところだけを拭いました。

結局僕は、お昼までずっとベッドに横たわっていました。

いったいあれは、なんだったのか?
考えてみました。
なんであんなに怖かったんだろう。
なんであんなに辛かったんだろう。

今も尿道がひりひりと痛みます。
パンツの中から自分のペニスを恐る恐る掴んで見てみました。

可哀想に、ペニスの先っぽに血が付いてます。
これは血尿じゃない。
傷ついたんだ。

なんだか泣きたくなってきました。
惨めでした。
何故だかとても惨めでした。

恥ずかしい体勢を強いられたこと。
大人しく、じっと耐えられなかったこと。
医師や看護士が、淡々としていて、全然同情してくれなかったこと。

バカみたいにショックをうけて、フラフラになったこと。

そして、自分のペニスがこんなにも痛めつけられたこと。

たまらなく惨めでした。

病院のベッドでなければ、ワンワン泣いていたかもしれません。

これからもっと、辛いことがあるのかな?
そう思うとたまらなく憂鬱でした。

僕は本当に弱いのです。
痛みや恐怖に。

こんな辛いんだったら死んだ方がマシだ。
そう心の中でつぶやいてみたところで、本気で死ぬつもりはないのにね。

しかしこの惨めさ、屈辱感から逃れるには、これだけでは足りませんでした。

必要だったのは「怒り」です。
僕は、理不尽な対応を取った医師や看護士を標的にしました。

なんでもっとちゃんと検査の説明してくれないんだ!
なんでもっと優しい言葉をかけてくれないんだ!
なんでもっと、痛くない検査ができないんだ!

医師が悪い、
看護師が悪い、
病院が悪い、
日本の医療が悪い、

そうやって僕は、悪者を作って、悪者のせいにして、惨めさを消し去ろうとしていたようです。
「怒り」がある局面でプラスに作用する典型的な例だったのかもしれません。
このとき「怒り」を身につけなかったら、惨めさから逃れるために「無感覚」や「無関心」に救いを求めたかもしれません。

もしそうなっていたら、術後退院したのち、果たして再びポジティブ・アグレッシブに生きることが出来たか疑問です。

「怒り」はもちろん、対人関係を阻害します。
医師や看護婦に直接「怒り」をぶつけられなかった僕は、退院後、ネットで知り合った癌患者たちに、その時の怒りをぶつけてしまい、ずいぶん迷惑をかけたと反省します。

しかし結局、僕はネットで癒され、自分を守るために身につけた「怒り」の鎧を、手放すことが出来たのでした。
| 癌、以前以後(治療記) | 17:44 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |









http://canter.cocorono.com/trackback/197381
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/12/15 1:45 PM |