自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [13]覚悟と観念の違い | main | [15]惨めさと恥辱感と「怒り」と >>
[14]逆行性腎盂造影検査
【注意!】この記事は、逆行性腎盂造影検査についての、リアルな描写、恐怖感に満ちた心理表現が含まれます。
これから検査を受けられる方は、くれぐれもご自身の判断でお読み下さい。

この記事は、一般論ではなく、わたしが検査を受けた時期、病院による体験です。
それは、わたしの心理状態、性格などを色濃く反映した内容だということです。
わたしは神経質で臆病で、だから余計に辛かったのかも知れません。
それ故に、人によっては「なんてオーバーな」と受け取られるかもしれません。
それはそれで構いません。

しかしもしも、わたしの体験が特殊でも大袈裟でもなかったとしたら、
医療従事者の方々
どうかこの検査方法の改善をご検討下さい。
(それは膀胱鏡も含めてのお願いです)

そして、この検査の詳細を公表するのは止めようかと悩んだのも本当です。
しかし、わたしがそのとき感じた恐怖、痛み、惨めさは、わたしにとっては否定出来ない事実なのです。

その点をどうかご理解下さい。
-------------------------------------------------------------------
[14]逆行性腎盂造影検査

さて、ボーッとしていると、というか何も手に付かずにいると、看護師さんがやってきました。
いよいよ逆行性腎盂造影検査のようです。

看護師さんは手術着を渡し、下に何も付けないで着て待っていて下さいと告げました。
下に何も付けない?
すっぽんぽん?

はっきり言ってこんな経験は、健康ランドでアカスリしてもらって以来です。
いったい何がおこるんだろう?
何されるんだろう?
もう頭は不安と恐怖でぐちゃぐちゃです。

やがて看護師さんが、なんと車椅子を転がしてやってきたのです。
これに乗れという。
何故?
まだ何もしてないじゃん。

単に、そういう決まりなんでしょうね。
帰りが車椅子だから行きも乗っていくと。
(っていうか、車椅子に乗らないとならないほど大変なの?)

しかし、身体は何ともないのに車椅子に乗って押される、この違和感、この不安感、それは何か他の事柄に例えられる経験ではありませんでした。

車椅子はエレベーターに乗って地下1階に降りました。
具体的には覚えていないのですが、とにかくある一室に入っていきました。

そこには主治医、初めて見る医師、看護士が何名か待っていました。

僕はここで車椅子から降り、検査台に横向きで寝るように指示されました。
「麻酔しますね」
「押されるような感じがするけど、我慢してね」
と言われ、ちょうど尾てい骨あたりに注射針が刺さるのがわかりました。
「うわっ!」

その感覚を、なんと例えればいいのでしょう。
太い針のような、釘のような異物が、いやもっと太い何かが、尾てい骨あたりに入り込み、腰の中に押し広がっていく感じでした。

逃げ出したい不快感に、反射的に腰が前に行きます。
そこを看護師と医師が、力ずくで押さえ込むのです。

腰に進入したひんやりとした異物は、やがて動きを止めました。

次に起きあがるように指示されると、看護師に支えられながら、理容院にあるように椅子に、座るように促されました。

その椅子は、肘掛けの様なアームが両脇から飛び出ていて、要するに開脚して、そこに足を置くように作られていたのです。

砕石位(両足を開脚する姿勢)
ネットで検索して知った用語は、この事だったのです。

下着は付けていません。
両足をアームの上に乗せると、当然股はオープンになります。

こんな姿勢で検査するのか?
既に中年になっていたとは言え、この姿勢はひどく恥ずかしいものでした。

ところがもっと驚くことが起きました。
なんと、座部の一部が、突然下に外れたのです。

その時の僕の姿勢は、背もたれとアームに乗せた両足でなんとかバランスを取っている感じでした。
不安定かつ、不安なこと、この上ありません。
「麻酔が効くまでしばらくそのままで」と言われ、
僕の周りでは主治医があれこれ看護師に指示を下し、検査の用意をしていました。
傍らにテレビモニターのようなものが複数台あります。

そうかあ、女性は婦人科の治療や検査で、こんな格好を強いられているんだな。
ふとそんな事を思いました。
医療に感情が入り込むことはない。
医師にとって患者の裸なんて、標本やロボットみたいなものなのだろう。
でも、羞恥心とは、相手がどう感じているかではなく、自分が感じてしまう感情そのものなのです。
そこにいるのが若い女性でも、年老いた男性の医師でも、恥辱を感じるのは同じ事。
僕は僕でしかないのだから。

「じゃ、始めますよ」と
いよいよ検査開始が告げられました。

看護師が僕のペニスを消毒します。
ひんやりとした感覚と共に、ペニスがいつ以上に萎縮しているように思えました。
右側にいた年配の看護師が、僕の手を軽く握りました。
それは心配ないからねとささやいているような手の感触でした。

やがて主治医がペニスを持ち、内視鏡を尿道に差し込みました。
「ううっ」

それが痛みだったのか違和感だったのか、それとも両方だったのか、前の週に排尿障害となって受けた導尿とは桁外れの不快感でした。
痛みから逃げようと腰を引くのですが、背もたれにぶつかるだけで、逃げることは叶いません。
両足も押さえつけられています。
気付けば空いていた左腕も看護師に掴まれていました。
もはや僕には、思い切り顔を歪めることしか出来なくなっていたのでした。

「力まないで」
「力を入れないで」
と主治医が言いますが、僕は力んでいるつもりはまったくありませんでした。

ただ怖かっただけです。
もっと強烈な痛みが来るのではないか?
もっと経験したことのない不快感があるのではないか?
今のこの
痛みや不快感に、一片の希望も期待も感じられなかったのだから。
| 癌、以前以後(治療記) | 12:33 | comments(1) | trackbacks(1) | pookmark |
それは、右側の不快感や痛みは、それがどうだったかは、両方を果たしたかどうかはされるカテーテルは先週、排尿障害は、臨時不快だったとなっていた。
| レナジェル | 2011/05/20 2:35 PM |










http://canter.cocorono.com/trackback/190091
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/12/15 1:51 PM |