自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [10]検査入院の、その検査って | main | [12]入院患者の作法 >>
[11]検査入院の日
下着、歯ブラシ、タオル・・・なんだか出張みたいですが、違うのはパジャマ、スリッパ、マイカップ、マイ箸持参と言う点です。
朝、普通にご飯を食べて、パートを休んでもらった妻に伴われて、僕は検査入院のために病院に到着しました。

何しろ初めての入院です。
あっちで聞いてこっちでも訊ねて、ようやく入院受付窓口で手続きすると、ずいぶん待たされて、病棟の看護師さんが一人やってきて、病棟に連れて行かれました。

この病院には、新しくて綺麗な病棟と、古くて暗い病棟がありました。
密かに新しい病棟を期待していたのですが、残念ながら僕が入院するのは古い方でした。
(後に知るのですが、新病棟は内科用でした)

病室は6人部屋。
窓は東向きですが、とにかく雰囲気が暗い。
同室の人達に挨拶しましたが、泌尿器科は年配者がとても多い。
僕なんか若者に分類されるようです。

まずパジャマに着替えて下さいね。

食事は食堂で
食事時間は朝8時、昼12時、夜6時
検査の中身によっては抜いてもらったり、早めたり遅らせてもらったりがあります。

起床は6時
消灯は9時です。

テレビはプリペードカードを売店で買って下さい。
残りは清算出来ます。
必ずイヤホンで聴いて下さい。
消灯後は、他の患者さんの迷惑にならない程度で。

お風呂も入れますが、交替で先着順なので、鍵かかかってなければいつでも入って構いません。

トイレに、○○さんの名前を書いた大きなビニール袋を置いておきます。
お小水を、便器の近くに置いてあるビーカーに全て溜めて、このビニールに移し替えて下さい。

検査は午後からで、今日は胸部レントゲン。
今日からお昼が出ますので、12時になったら食堂に行って下さいね。

たった3泊(しかも外泊予定2泊)で、こんなにも注意事項があるなんて!

やがて、することもないので妻は帰りました。
(馴染みのない場所で二人だけでいても、なんだか気まずいものです)

しかし、僕は基本的に好奇心旺盛で、初めての場所や体験に心躍る方なのです。
いざ覚悟を決めて手続き終えてしまえば、さっきまでのブルーな気分はどこかにいってしまい、なんだかワクワクしてきたのでした。

まず、自分のベッド周りのチェックです。
ベッドは固いのですが、一応電動式で背もたれ部分が起きるようになっている。枕も固い、蕎麦枕か?
枕元に蛍光灯が一つ。向きは変えられない。ヒモで引っ張るタイプ。
そして噂の「ナースコールボタン」!

そっかぁ、緊急の時はこれを押すんだな、と妙に感心。
(いずれ夜中のナースコールラッシュに悩まされることになるとは、この時は思いもしませんでした)

ベッドの脇にコンパクトなキャビネットが一つ。この上に小型のテレビが置いてあります(もちろんブラウン管)。テレビには、ホテルにあるのと同じカード挿入機。
今回はほぼ1泊なので、テレビは利用しないつもりで、MDプレーヤーと文庫本を何冊か持参しました。

キャビネットの他には、ベンチ兼収納庫が一つ。

これが僕の住処です。

早速探検です。
喫煙者の僕は、喫煙所をまず確認しなければならない。
調べると2箇所あるようです。
売店もチェックしよう。

僕はこの日のために新調した(なんか虚しい)パジャマに着替え、これだけでは寒いので、やはり入院用に購入した(更に淋しい)ユニクロのフリースを羽織ると、早速病室から飛び出しました。
| 癌、以前以後(治療記) | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://canter.cocorono.com/trackback/178698