自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [09]恐怖の真相 | main | [11]検査入院の日 >>
[10]検査入院の、その検査って
「入院」という経験を僕はしたことがありません。
退院後、多くの闘病記を読んで深く共感したことは「癌患者は一様に手術前は元気」ということです。
考えてみれば、これが癌の怖さなんですよね。自覚症状はほとんどなく、顔色だって以前言われていたように悪い人なんてほとんどいないのです。

今回はしかし検査のためです。だけど検査とはいえ、入院は気分が沈みました。
聞かされていた検査内容はこんな中身でした。
○血液検査
○尿検査
○胸部レントゲン検査
○CT検査
○骨シンチ検査
○逆行性腎盂造影検査

血液・尿・・レントゲン・CTまでは理解出来ます。
骨シンチって何だ?
逆行性腎盂造影検査って何だ?

知らないと不安が増幅します。
とりあえずネットで調べます。

骨シンチは「骨シンチグラフィ」の略語で、ようするに「骨への転移」を探す検査。
注射するだけで痛くもかゆくもないようです。
少しホットしました。

ところが、逆行性腎盂造影検査の関する項目を発見したとき、僕はたまらなく憂鬱になってしまいました。

逆行性腎盂造影
麻酔の後、砕石位(両足を開脚する姿勢)になって頂き、膀胱鏡を尿道から挿入します。それから尿管の膀胱への出口を確認し、カテーテルチューブを尿管に挿入して造影剤を注入します。この処置によって、尿管、腎盂の形状を詳しく調べることができます。
(関西医科大学泌尿器科学教室 Webサイトより引用)

麻酔!
両足を開脚!
膀胱鏡を尿道から!

これってようするに、血尿が詰まって、慌てて駆け込んだ病院で処置された、あれをもっと強力にしたやつってこと?

とてもいやーな気分になりました。
なんで科学が進歩した現代で、そんな原始的なことするんだよ!
もっと、患者が楽に受けられる検査方法は発明出来ないのか?

心の中で悪態付いてみましたが、逃げるわけにはいかない。
第一手術ともなれば、もっと強烈な痛みや負担が伴うだろうから、こんな事くらいでブルーになってもね。
と自分に言い聞かせるしかありませんでした。
(検査入院前、就寝してからは死ぬことばかり考えていましたが、日中はおかしなくらい現実的に今回の事態への対処法を探っていました)

血尿が詰まって処置されたことは、いわば出会い頭の事故みたいなものだったし、調べたところ、排尿障害の人達が自分でも使うくらい優しいものらしい。
しかし今回は「麻酔」をしてからというのが、とにかく気になって仕方ありませんでした。

非常に不謹慎かもしれませんが、その時思い浮かんだのが、かつて牢獄で行われたという拷問の手法です。
尿道からバラの枝を突っ込むという、男なら誰もが、想像しただけで眉をひそめ、身もだえする、あの拷問です。

よーするにあれを、麻酔してやるのか?

想像するだけで自分のペニスが萎縮していくのがわかりました。

オレって不能になるのかな?
もう二度とセックスできないのかな?

もちろん、そのために今のうちに、なんて精神状態ではないですからね、しませんでしたけど・・・
| 癌、以前以後(治療記) | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://canter.cocorono.com/trackback/171765