自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [07]がんになったわけ | main | 定期検査 >>
[08]検査入院前夜
[1]長すぎた助走(1)|[2]長すぎた助走(2)|[3]あっけない告知|[4]眠れない夜
[5]再検査|[6]勝手に死ねないということ|[7]がんになったわけ|[8]検査入院前夜
--------------------------------------------------------------------

当然、翌朝も最低の目覚めでした。
やらなければならない仕事はある、加えて寝不足で少し意識も怪しい、だから会社で落ち込んだり暗闇に沈むような事態は免れましたが、次なる問題は、検査入院のことをどう、上司や部下に伝えるかでした。

幸い当時の上司はとても僕を評価してくれていて、尚かつ、聡明で理解のある人でした。
これは正面突破しかない、下手な言い訳はしないほうが良いと思い、再検査のこと、そして癌の疑いが濃厚であることを告げました。
上司は心底心配してくれました。と同時に、「仮に治療や手術が必要なら、会社のことは忘れて治療に専念するように」と言ってもらえました。

自分のポジションが奪われるのはイヤだけど、「代わりはいないのだから入院なんて困る」なんて言われるのも、やはり苦痛です。
後にネットや書籍で多くのビジネスパーソンの癌体験記を読みましたが、上司の対応によって、間違いなく気持ちもあり方は変わります。現実は、僕の当時の上司のように理解のある管理職ばかりではないようです。

確かに今は経営にたずさわる立場として、社員の突然の離脱は影響が大きいです。出来れば避けたい。そういう考えが、時として信じられないくらい冷たく残酷な発言となって、これから治療に臨む者を追いつめるのです。
お見舞いというより仕事の手順の確認に終始する上司。
ゆっくり休めていいねと平然と嫌味を言う上司。
復帰後も辛辣なイヤミや配慮のない言葉の攻撃は続きます。

癌という病、それは治療という苦痛と、社会でイメージを共有されないという苦痛を患者に与えます。
「弱者に優しい社会」というのは簡単です。
でも治療を終えて復帰した者は最早弱者ではないだろ?
と押しつける社会に対して、癌患者は心に傷が付いても堪え忍ぶしかないのです。

検査入院とはいっても、カレンダーで確認してみれば、金曜から日曜日、つまり仕事にはあまり支障を来さないで済むということも安心材料の一つでした。
念のため、来週の仕事を少し処理しておいて、僕は仕事を終えました。

その日の夜、妻が話しかけてきました。
「検査入院って、ただ検査するたけで、終われば帰ってこれるんでしょ?」
どうやら妻の心配は、「検査入院=そのまま手術入院」にあったようです。
そんな緊急事態じゃないからそれはあり得ないと答えると、妻は納得したようでした。
妻は妻で最悪の事態を想定し、自分の中で落ち着きどころを思いめぐらせていたのかもしれません。

その夜、やはり目が冴えて眠れませんでした。
昨夜と同じく、恐怖と慟哭が僕を取り込みました。
「このままでは、癌で死ぬ前に精神がボロボロになる!」
本気でそう思いました。
どうにかこの感情から逃れなければならない、これは切実な問題で、まさに目の前の緊急にして非常事態だったのです。
| 癌、以前以後(治療記) | 13:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://canter.cocorono.com/trackback/155982