自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [05]再検査 | main | [07]がんになったわけ >>
[06]勝手に死ねないということ
[1]長すぎた助走(1)|[2]長すぎた助走(2)|[3]あっけない告知|[4]眠れない夜
[5]再検査|[6]勝手に死ねないということ|[7]がんになったわけ
--------------------------------------------------------------------

妻がもっとも混乱する状況とは何か?
=先の事がまったくわからないという状況
=プラスの予想より、マイナスの可能性が圧倒的な高いという状況

妻がもっとも恐れる事態
=夫である僕が長期入院する事、そして死ぬ事
=つまり、夫である僕が不在となる事態

一つ一つをつぶしていこう
「ほら、末期だったら告知なんてしないんじゃない? ちがう病気だとか言っておいて、後で家族が呼ばれて。初めてでいきなり癌なんて言うんだから、これは末期じゃないんだよ」
「最悪、癌だったら何でも早め早めに対処するのがいいんだよ。こんなすぐ、検査入院出来るなんてラッキーなんじゃないかな? とにかくモヤモヤして過ごす時間が短くて済む方が絶対いいよね」
「たぶん、僕は課長だし、今とっても必要とされているから、入院中も仕事するようだろうね。だから給料が減らされるなんてこともないはずさ」

具体的な計画と、発展的な事を考えよう。
やるべき事、待つべき時間がある程度はっきりすれば、闇雲な不安や恐怖から逃れられるだろう。
仕事で鍛えた問題解決技法を、こんなところで発揮することになるとは夢にも思いませんでした。しかし、正直これは、仕事なんかよりももっと重大な問題解決技法の行使でした。

やがて、妻がパートから帰ってきました。
「どうだったの?」
昨晩はごまかせたつもりでも、やはり再検査には何かあると感じていたのでしょうか、帰ってきた妻の表情は、少し硬かったような気がします。
「うん、実はね、ちょっと悪い病気かもしれないんだって」
「悪い病気って?」
「癌の可能性があるんだってさ」
「えっ・・・」
妻は絶句しました。
僕は畳み掛けるように考えてた通りに喋りました。
「だから明後日から、精密検査で何日か入院するんだよ。それまではまだ確定じゃないし、100%癌と決まったわけじゃないんだから。今はとにかく検査を待って、その後の事は、検査の後、考えればいいんだから。それとね、考えてみれば「今」とか「もうすぐ」とか、突然どうこうなるわけじゃないんだよ、だから脳卒中なんかよりは、全然余裕があるんだよ。とにかくまだ決まったわけじゃないんだから、今、不安を感じる必要はないんだから、僕もインターネットで色々調べるし、今から心配するようなことじゃないんだから」

結局それは、自分自身に言い聞かせていたのと同じです。
そこに藁があれば、全力で、すがりたかった。
そこに一筋の光が見えたら、たとえそこが崖っぷちでも走り出したかった。
僕には何も用意されなかったから、自分で藁も光も編み出しただけだったのです。

妻はやはり、自分の心に閉じ籠もり、納得したのかしてないのか、判断出来ませんでした。
妻は妻で、思い悩むだろう、せめてその結果、ネガティブな思いに取り込まれないように。せめて僕の用意した藁と光を、騙されてもいいと思って掴んで欲しいと、心から願いました。

黙りこくった妻を前にして、自分がいつの間にか「生きるも死ぬも勝手には出来ない」存在になっていることを痛感しました。

家族とは、誰かが死ぬことで均衡が崩れるもの。
と同時に、誰かが「存在する」ことで、絶望と悲しみを生み出すもの。
僕は、自分が生まれ育った家庭についても、ふり返らずにはいられませんでした。
| 癌、以前以後(治療記) | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://canter.cocorono.com/trackback/131474