自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [04]眠れない夜 | main | [06]勝手に死ねないということ >>
[05]再検査
[1]長すぎた助走(1)|[2]長すぎた助走(2)|[3]あっけない告知|[4]眠れない夜
[5]再検査|[6]勝手に死ねないということ|[7]がんになったわけ
--------------------------------------------------------------------

ほとんど寝ていないし、眠りは浅いし、目覚めは最悪でした。
特に食事の指示は出されていませんでしたが、朝食もあまり喉を通りません。後から思えば当たり前で、こんな時に食欲旺盛になれる方が例外なんだと思います。

外来受付で指示されたのは放射線科でした。
昨日とは違う、ベッドのある狭い部屋に通されて、腕から点滴(造影剤)をされました。
「腰の回りが熱く感じる事がありますけど、このお薬はそういうものですから、心配ないですからね。もし気持ち悪くなったら呼んで下さい」
看護婦さんに説明され、本当に1分も待たずに腰のあたりがカーッと熱くなってきました。
そして20分ほど安静にした後、レントゲン写真を撮りました。

今日の検査はこれだけでした。
再び、外来受付に戻り、診察の呼び出しを待ちました。
違う事を考えて気を紛らわせようとしても、不吉な予感がしてなりません。
このままでは爆発するのではないかと言うくらいに、胸の高まりは激しくなるばかりで収まる事はありませんでした。

僕は何かの待ち時間があると、きまって本を読む習慣がありました。
電車の中は無論のこと、セミナーの休憩時間、友人との待ち合わせ、バッグかポケットには必ず文庫か新書が入っていました。
しかし、前日の初診の日から今に至るまで、病院の待合室で何時間待たされようが、本を読むことは未だに出来ないのです。

やがて診察室に呼ばれました。
担当医は、さっき撮った写真を見ていました。その表情から、判決は下ったと、はっきりと悟りました。
「shigeoさんね、昨日の検査でははっきりしないということで、今日また検査していただいたんですが、やはりね、今日の検査の結果を見ても、どうも腫瘍の可能性が高いと言わざるを得ない。それでね、最終的に、本当に腫瘍なのか、と言う事と、腫瘍だったら悪いものなのかどうか、これをなるべく早く調べなければならない。そこでだ、一度入院して、もっと詳しく検査しましょう。うーん、明日、はダメだな。明後日。金曜日に入院の予約を入れておくから、金曜日の朝、10時頃、来て下さい。詳しくは看護婦から説明あるからね」
「あの、ちょっと整理したいんですが、現時点ではまだ、癌って決まった訳じゃないんですよね」
ゆるみかけていた担当医の表情がまた硬くなりました。
「まだ断定はしないけど、99%、腫瘍だと思うよ、私は。覚悟してと言うのは変だけど、なるべく早く治療出来るよう考えるから」

これは、誰がどう考えても癌の宣告でしょう。
とにかく診察室を出た後、看護婦と事務員から、明後日の入院の手続きや用意する物の説明を聞いて、会計を済ませて僕はさっさと病院を後にしました。

「バチが当たったんだ」
帰りの車の中で、ふとそう思いました。途端にじわーっと目頭が熱くなってきました。絶望的な気持ちでした。運転中なのに、流れ出る涙を堪える事は出来ませんでした。
「僕は死ぬんだ」
「死ぬって、こういう事なんだ」
このまま暴走して、どこかに激突したくなりました。
「どうせ死ぬんだ」
大声で叫びました。死んで何もかも終わりにしたい衝動に、運転はどんどん荒くなっていきました。もちろん、ここで死ぬわけにはいかないのは重々承知していたのですが。

料理は嫌いではない僕ですが、こんな日に自分で作って食べる気にはとてもなれません。途中コンビニで弁当を買って、ついでに500mlのビールも買いました。会社を休んで昼間からビールを飲むなんて初めてでしたが、飲まずにはいられない、という感覚を、この時初めて体験したのでした。
しかし、弁当を食べても、ビールを飲んでも、嗚咽は収まりません。泣きながら食事をする、これもやはり初体験でした。

もうすぐ、妻が帰宅する時間でした。
こんな泣き顔で妻を迎えるわけにはいかないし、実はこれが最大の難問だったのです。
「妻には、どう説明しよう」
妻はプレッシャーに弱い性格でした。そして物事を悪く悪く捉える癖がありました。言い方一つ間違うと、僕よりも彼女が落ち込むのは火を見るより明らかでした。
何か「検査入院」について、言い逃れられる方法はないかと思案しました。しかし、どう考えを巡らせても、最早それは不可能でした。
事実を告げるしかない、とすれば、伝え方が問題です。どんな伝え方が、妻へのダメージを最小限に食い止められるのか。その為には、自分はどんな役を演じればいいのかを真剣に考えました。

泣いてる場合ではなくなりました。
| 癌、以前以後(治療記) | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://canter.cocorono.com/trackback/121915