自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< [01]長すぎた助走(1) | main | [03]あっけない告知 >>
[02]長すぎた助走(2)
[1]長すぎた助走(1)|[2]長すぎた助走(2)|[3]あっけない告知|[4]眠れない夜
[5]再検査|[6]勝手に死ねないということ|[7]がんになったわけ
--------------------------------------------------------------------

2001、またもや健康診断で尿蛋白反応。
もはや自分の体質なんだと合点する。
しかしこの年の冬、僕は人生初めての、とんでもない事態に遭遇するのです。

忘れもしない12月5日、オフィスで仕事中の僕は、尿意を感じてトイレに行きました。何も変わったところはありません。いつも通りの尿意であり、いつも通りのおしっこです。ところがふと、放出される尿を見て僕は愕然としました。
真っ赤な便器!鼻血のように真っ赤な尿。
しかし痛みも違和感もまったくありません。驚いた僕は、いったん排尿を止めました。そしてまた、恐る恐る残りを出してみました。やはり痛みも違和感もありませんでした。

自分の席に戻っても、何も考えられません。自分の錯覚だったと信じたいくらいでした。しばし呆然としていると、あり得ないほどの速さで、再び尿意がやってきました。
しかしなんです、恐怖におののきながらトイレに駆け込んだものの、今度は排尿が出来ないのです。
明らかに「何か」が詰まっている感覚がありました。
もう恐怖でいてもたってもいられません。おしっこが出ないという、生まれて初めての体験に、明らかに僕はパニック状態になっていました。

とは言えこのままにしてはおけないので、僕は早退し、前年に行った泌尿器科クリニックに駆け込みました。
ところがこの日、院長は不在で、(少年のような)とても若い医師が対応したのでした。メチャクチャ辛い上に、不安が重なりましたが、今更後戻り出来ないので(そんな余裕もないし)事情を説明して、苦しい事を訴えて、取り急ぎ、カテーテルを挿入しての洗浄、これも初体験。痛いのかなんだか分からない、突き上げるような異様な違和感。しかし、とりあえずは尿の詰まりが取れて、ようやく僕は一息付けたのでした(バルーンには再び、真っ赤な尿が注がれていきました)。

この若い医師は、結石だろうと診断しました。処置後、念のためにレントゲンを撮りましたが、写真には何も写っていません。
若い医師にとっては、(たぶん)臨時で診察しているだけの、責任が襲ってくる事のないアルバイト感覚だったのかも知れません。そんな時に、おしっこを詰まらせた中年男の一人や二人に、真剣に対応する心構えがなかったとしても、仕方ない事なのかも知れません。

それはあまりに素っ気ない態度でした。
写真に何も写っていなかった事で彼は、こういう場合のお決まりの例の一言「また何かありましたら来て下さい」で、僕との対面を終了させました。

でも、これでよかったんです。
僕は、これでたまらなく不安になりました。
この若い医師の診断が、まったく信じられませんでした。
だから数日後、僕は総合病院に行く事になるのです。

もしこの時、恰幅の良い院長が対応して、それなりに納得のいく説明を受けていたとしたら、僕は恐らく(というか絶対に)総合病院に行くことなく、またこのままで済ませていたと思うんです。そしたらどうなっていたか?
それを考えると心底、恐ろしくなります。

あの若い医師が今、どこの病院にいて、どんな医者になっているのか全く分かりません。いい先生になってるかな?それとも相変わらずなのかな?(それは怖いですが)
ただいずれにしろ、あの時あなたと出会ったお陰で、僕は最悪の事態(転移後の発見)を免れたのです。
人の縁とは不思議なものだと、今思い返しても感慨深いものがあります。(続く)
| 癌、以前以後(治療記) | 10:20 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
こんばんは!はじめまして私はタカと言います。
いつも知恵袋に質問しては、何度かあなたに適格な
回答をいただいているwecrdseです。
ご自身も大変なのに、私を含め皆さんにいろんなアドバイスなどをされて とてもすごいなと思います。
(私は自分の事しか考えることしかできないから)
あなたに個人的にお礼を言いたくて、このブロブを利用させていただきました。
私の個人的な質問に相談のように親切に対応していただき本当にありがとうございます。

| タカ | 2007/04/06 9:48 PM |

タカさん

せっかくコメントいただいたのですが、
どうやら勘違いをされているようです。

僕は知恵袋で回答したことはありません。
もう一度、ご確認ください。
| shigeo | 2007/04/06 10:00 PM |










http://canter.cocorono.com/trackback/11447