自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
<< トラックバック・ポリシー | main | [02]長すぎた助走(2) >>
[01]長すぎた助走(1)
[1]長すぎた助走(1)|[2]長すぎた助走(2)|[3]あっけない告知|[4]眠れない夜
[5]再検査|[6]勝手に死ねないということ|[7]がんになったわけ
--------------------------------------------------------------------

誰もが似たり寄ったりなのかとも思う。でも、もしかしたらこんなバカは自分だけなのかもと思う。他の人がどうだったのか、今後自分がどんな対応するのかは置いておいて、やはりあの時の自分が、信じられないほどバカだったのは間違いなく真実だったと思う。

僕自身は、癌にはならないと思っていました、何となく。
80位までは生きられるんだと考えていました、根拠もないのに。
癌発見の数年前、母が乳癌となり、伯父は大腸癌で長く闘病を続けていました。
それでも僕は、自分は癌にはならないと思い込んでいたのです。そして、本当に恐ろしいのは、こういう心理状態だからなのか、数多くのサインにも、まったく気付かなかったという事でした。
それは、こんな具合でした・・・

1996、健康診断で初めて尿蛋白プラス反応
「要精密検査」と書かれていたが、まったく気にせず。会社には「中性脂肪」や「γ-GTP」の高い値を誇る連中がいて、僕も一緒になって威張る(不健康を威張るのは働き盛り中年の特徴の一つらしい)。
また、検査日前後の自分の欲求不満度が関係あると考える。

1997、一転して尿蛋白反応なし。やはり欲求不満度と因果関係ありと確信。

1998、再び、尿蛋白プラス。この結果はまたもや無視。尿蛋白=精子であると完全に誤解する(但し一切、確認作業はしていない)

ところが数ヶ月後、肉眼で血尿(薄いピンク色)確認。実感出来ない検査結果と違い、目に見える変調はやはり気になる。そこで念のために町医者で診察。但し尿蛋白反応については告げなかった(因果関係があるとは思っていなかった)。
さっそく尿検査。但し潜血反応なし。
医師の所見は「誰だって多少の潜血反応はあるんだよ」

1999、再び、血尿を確認(前年より濃いように感じる)。2年連続は少し嫌な予感。怖くなって町の「泌尿器科」の看板を出しているクリニックで診察。但し再び尿蛋白には触れず(血尿の事で頭がいっぱい)。
なんと「前立腺肥大の疑い」ありとの事で、その為の血液検査。
しかし結果は異常なく、所見は「疲れてるんじゃないですか?」
さすがに少し、疑念を抱く。しかしやはり、以後は何事も追求せず。

・・・今書いていても、なんだかこれだけでも相当な「おバカ」なんじゃないかと、少し暗くなってきます。
家には分厚い「家庭の医学」がありました(自分で買った)。
既にネットには、はまっていたので、「血尿」で検索すれば、いくらで「癌の疑い」がヒットしたと思います。
それでも僕は、それ以上、追求しませんでした。

たしかこの年か翌年だったと思うけど、市で「20年後の自分への手紙」と言うイベントがあり、僕はまだ小学生だった娘二人を連れて、手紙を書きにイベントに出掛けました。
子供達は可愛く、素直に育ち、家庭に不満も不安もありませんでした。
会社では、自分が企画した事、計画した事が面白いように採用され、僕は改革の旗手として前途洋々でした。

僕は手紙に、20年後の自分に向かって「思い通りに成功しているかい?」と書きました。20年後は定年間近ですから「老後の計画は出来上がってるかい?」「いっぱい遊べるように、健康管理はしてるかい?」とも書きました。

退院後、ある時「20年後の自分への手紙」の事を思い出しました。
僕がいなくなった家に、手紙が届く場面が頭に浮かびました。
妻や娘達が、僕の手紙を読む様子を思い描きました・・・

「生きる」って難しい。
その時、僕は、イヤになるほどそう実感したのでした。(続く)

| 癌、以前以後(治療記) | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://canter.cocorono.com/trackback/11445