自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
「輝け!命のリレー」 再放送
11月にNHKで放送された番組の再放送。
実は、僕もうっかり見逃してしまいました。

僕の尊敬する友人が、鹿児島で精力的に活動しています。
「啓蒙」って難しいなと、つくづく思うんです。
ちょうど、超スローペースな闘病記でも、この「啓蒙」にさしかかっていて、僕は早々に壁にぶち当たって挫折した立場なので、友人の熱意と意志の強さにはいつも感服しております。

「輝け!命のリレー」
http://www.nhk.or.jp/osaka/inochi/
12月7日(日)
NHK総合テレビ(全国)
午前2時5分〜3時23分

番組HPには放送後にもたくさんメッセージが寄せられています。
ぜひごらんください。
http://www.nhk.or.jp/osaka/inochi/


・・・ああっ、闘病記書かなくては。
| 癌について思うこと | 07:09 | comments(3) | - | pookmark |
「余命1ヶ月の花嫁」
今日、放映されたTBSのドキュメンタリー

愛と生命と涙の全記録「余命1ヶ月の花嫁」
〜乳がんと闘った24歳最後のメッセージ〜
http://www.tbs.co.jp/program/cancersp_20070718.html

僕は3つの視点で見ていた。
患者として。
娘を持つ父として。
乳がん患者を友に持つ者として。

患者として見る目が一番醒めている。
「がんセンターの個室だあ!」とかね(笑)

娘を持つ父の視点が一番、辛い。
もう、明日にでも検診に行かせたい気持ち(苦笑)

乳がん患者を友に持つ者としては・・・やりきれない。

語弊があるかも知れないけど、取材を受けた彼女、ラッキーだったなと思う。
「彼」がいなかったら、たぶん彼女はウエディングドレスを着ることなく亡くなっただろう。

友人には、「彼」がいない。
「彼」がいないから、一人でウエディングドレスを着て、写真を撮った・・・

死ねば同じ。
常にそういう理屈が容赦なく襲いかかる。

だけど「死ねば同じ」だからと納得して、残りの時間を生きられる人が、どれほどいるのだろう。
と言うか、可能ならそういう境地に立ちたいくらいではないだろうか?

しかし、勇気ある彼女がいたから成立した、とても貴重なドキュメンタリーであったことは間違いない。

「彼女にあったものがもしなかったら」
この視点はとても重要だと思う。
家族にも、医療関係者にも。
| 癌について思うこと | 23:14 | comments(8) | - | pookmark |
生命保険 その後
以前、退院後5年経過したので、生保レディが僕でも入れる生命保険を提案してくれると書きました。
今日はその後日談。

提案されたのは、ごく一般的な生命保険。
終身保険は、年齢的に無理なのはわかってました。
(死亡保険金がずっと変わらないタイプ)

でも、60過ぎて減額されるけど、そこそこの保険金が保障されているし、
まあまあ納得のいくプランだったんですね。
で、健康診断書を提出して、現在の経過(経過観察&定期検査)などを申告して、今日、審査の結果がでたのでした。

結果は・・・いわゆる「条件付き」の契約受諾でした。

内容はこんな感じです。

掛け金 1.8倍アップ
保障開始 契約後5年目から
入院保障適用外(5年間) 腎臓・尿管事由

つまり、掛け金は約2倍になるよ
契約して4年間は何も保障しないよ
腎臓疾患があっても、5年間は保障しないよ
という内容です。

腎盂癌が片方の腎盂なり腎臓に転移する例はきわめて希とのこと。
「これ、変なんじゃないの?」と最初思ったのですが、
よーするに、一個しかない腎臓に、何かあったら即重度障害でしょ?
それはハイリスクだよってわけなのでしょうね。

まあ、T2G3で年に4回定期検査があって、腎臓も一つしかないわけだし、それで一般人と同じ保険に入れると思うのが間違いだとはわかるのだけど、それにしてもこの差には驚きました。

う〜〜ん
こっそり将来のシミュレーションをしてみる。

1.8倍になる掛け金に12かけて、70まで生きたいから25かけて
・・・はっきり言って、ものすごく損!
55くらいで死ぬなら納得できる内容だけど、そんな想定をして、こんな割に合わない支払いはしたくはない!

これが現実かあ・・・
今日はやけ酒だ(泣)
| 癌について思うこと | 18:45 | comments(8) | - | pookmark |
退院記念日
昨日3月5日が、退院5周年の記念日。

生保レディも意外と(失礼!)しっかりしている。
以前言ったのを覚えていて、「ご提案させてください」だってさ。

さて、どんなのが出来上がって来るのだろうか。

闘病記でも書いたけど、
80まで生き続けると信じて疑わなかった僕は、
医療保障にばかり目がいって、死亡保険金額には、
まったく無関心だったのです。

今死んでも、会社からの慰労金を足したところで1千万にも満たない。

これじゃあ死ねないよね(笑)

あと年金制度についても不勉強だった。
と言うかフリーターの年月が長くて、年金という存在も忘れていたし。

20年満期の養老保険に入ったのがバブル末期で、
まだ金利も高かったんですね。
その時、年金保険に入っていれば・・・

って、退院の記念日なのに、
どうして保険のことばかり書いてるのか(いやしいですね 苦笑)

来週末は、家族でイチゴ狩りに行きます。
思えば退院後、初めての家族行事も、イチゴ狩りだったのだ。

味覚の戻らない僕には、ただの水っぽい果肉に過ぎなかったけど、
(この事は家族には内緒)
子供の笑顔と共に食べたそのイチゴは、
生きて帰れた確かな証拠なのでした。
| 癌について思うこと | 22:14 | comments(0) | - | pookmark |
検査結果
今日は先週撮ったCT等の結果を聞きに泌尿器科外来へ。
先週は連休明けのせいかとんでもなく混んでたけど、
今日は意外とテンポ良く全てが進む。
(まず駐車場に停められないんですよ、なかなか)

CTの異常は無し。
腎機能も問題なし。

5分どころか1分くらいで終わりにして
さっさと帰らせようとする主治医。
(何か用事でもあるのか?)

(そりゃないでしょ?
丸5年なんだから、なんか言うことあるでしょ?)
と驚き、仕方ないので僕から切り出す。

「あのー、今月で5年過ぎたんですが。検査とか少なくなんないのでしょうか?」
「あ、そうか、5年ねー。まー普通は半年に1回にするんだけど・・・。まーいいじゃない。顔見せにお出でよ」
「あ、はー(顔見せかい!)」

というか、5年経ったんだから、
労いの言葉の一つもかけてもらいたかった・・・

まーたぶん、検査が減っても膀胱鏡検査回数は変わらないんだろうし
(半年ごととなれば毎回ってことみたいです)
定期的に血液検査が出来るんだからと、
健康管理の一貫だと気持ちを切り替えるしかないみたいです。

しかし・・・
10年経ってもこんな感じなのかな?

でもとりあえず一安心。
次は4月。
嫌な嫌な膀胱鏡(憂鬱)。
| 癌について思うこと | 10:40 | comments(0) | - | pookmark |
5周年
5年前の今日が手術日でした。
今日で満五年。

国立がんセンターのデータによると、浸潤癌の5年生存率は「各種治療法にもかかわらず5年生存率で10〜40%」。
退院後、この記述に初めて遭遇したときは、目の前が真っ暗になったものでした。

久しぶりにホームページを閲覧しましたが、この記述は5年前とまったく同じ。
(他の部分も改訂されていないようでした)
マイナーな部位だと、こんなものなのかと少しガッカリ。

今月は検査月で、明日がCT撮影と血液、尿検査。
来週、その結果を聞くための外来受診です。

今までの検査のペースが年4回。
たった4回かもしれないけど、気持ち的には4回というのはとても重いのです。

今年から回数が減るといいなというのが僕の一番の願い。
できれば膀胱鏡は、年1回とかにしてほしい。
(「もう必要ないですね」なんて言われたらもっと嬉しい)

ところでカレンダーの1月9日に「5周年」と書いておいたら、妻が「これなーに?」と。
手術日だよと教えると、妻は「5年になるんだ」と驚いていました。

ま、当たり前だけど本人以外にはまったく意味のない日にち。
それでも満5歳。

40過ぎたら誕生日はもはやどうでもいいし、この手術日が、自分に自分で「おめでとう」と言える、僕にとって唯一の記念日なのでした。
| 癌について思うこと | 12:55 | comments(0) | - | pookmark |
絵馬に書く願い
栃木県足利市八幡町に「八幡八幡宮(正確には「下野國一社八幡宮」)」があります。
僕達は「はちまん様」と呼び、子供の頃お祭りがあると毎年のように友達と連れ添って出掛けた、とてもなじみ深い神社です。

この神社の境内の一角に「門田稲荷神社」があります。
子供の頃からその存在は分かっていたのですが、まったく気にかけたことのない、小さな稲荷神社でした。

ところがこの門田稲荷は、地元民なのに知らなかったのですが「日本三大縁切り稲荷」の一つなのだそうです。
更に驚いたのは、僕は一度も見ていないのですが、テレビで何度も取り上げられたことがあるのだそうです。
(ただしそれは、ネガティブで呪術的な「縁切り」の霊地として、デフォルメして紹介されてようです)

確かに奉納されている絵馬には、背筋が凍るような衝撃的な願いが書かれているものもあります。

しかし「縁切り」は、何も「人の縁」だけではありません。
病気との縁を切る、という捉え方もあるのです。

4年前から僕は、この門田稲荷に絵馬を奉納するのが恒例となりました。

自分は信仰心が厚いのか?
と問われれば「厚い」とは言えません。

まだ藁にすがるつもりなのか?
と問われれば、それは否定できますが。

僕は、手術日を第二の誕生日のようなものに感じていて、手術日である1月9日前後に、「自分と友達のため」に何かしたいと考えていました。
ネットで思いを伝え合った癌患者仲間に、現実的には何も出来ないから、何かの印を残したいと思ったのです。
そこで思いついたのが縁切り稲荷への絵馬奉納だったというだけのことなのでした。

八幡神社の社務所で絵馬を購入し、その場でネットで知り合った友人達の名前(それはHNであったりもします)を記し、最後に自分の名前を書きます。

初詣のついでに奉納することもあります。
門田稲荷は、初詣で賑わう八幡神社からほんの少し離れただけなのに、驚くほどの静寂さに包まれています。

「○○と縁を切りたい」
「○○と○○を別れさせて」
そんな人間の深い業が記された絵馬と一緒に
「癌と縁が切れますように」
と書いた絵馬を奉納するのです。

縁切り稲荷で縁をつなぐ。
何だか矛盾してますが、思えば、癌になったのはバチが当たったんだと思っていた僕。
バチが当たると考えるほどの業を、僕も背負っていたのならば、この門田稲荷に導かれたのも、きっと何かの縁なんだろうなと思うこともあるのでした。
| 癌について思うこと | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
定期検査
今日は定期検査、膀胱鏡の日
この日が迫ると、とにかく気分がブルーになってくる。

来年1月でようやく術後5周年なのだが、以前は検査後の開放感がたまらなかったんですけどね。うきうきして病院を後にしたものです。
ところが5年も経つし、さすがに再発転移のことはあまり考えなくなる。その代わり、とにかく膀胱鏡が憂鬱でならないのです。

そりゃ目で確認するのが一番なんでしょう。それは、わかる。
でもねー、忙しいからといって、麻酔液注入しないでいきなり膀胱鏡差し込むのは反則でしょ?(今日は確かに大混雑だったけど)

以前、研修医みたいなのにチャレンジされたけど失敗したときはもう悲惨で、傷は付けられるし強引にやろうとするからメチャクチャ痛いし、でも、その時分かったのだけど、僕の主治医は確かに技術力は高いようなのです。

でもね、それでもやっぱり痛いものは痛い。
ホントにもっと、患者のQOLを考えて下さいよ(泣)

ところで僕の通う病院は、例の健康増進法で全館禁煙になっていて、一時、外の自転車置き場の近くのベンチに灰皿スタンドが置いてあったのだけど、それもやがて撤去。
ところが今日行ってみると、灰皿スタンドが復活してたんですね。

僕は缶コーヒー呑みながら、喫煙していた上下ジャージのおばさんに声かけてみました。
(入院患者を見分けるには、パジャマは疑いようもないですがジャージ上下もほとんど患者さん。確信が持てないときは足元を見て、スリッパだったら間違いなし)
「また灰皿、復活したですねぇ」
「そうなのよー、気付いたらあったの(笑)
「やっぱり歩き煙草が原因ですかね?」
「そこら中の側溝が、吸い殻だらけだったみたいよ」
ここで一緒にいたおじさんも会話に参加
「昔は受付の下の方に喫煙所があって、あそこは狭くて煙くてひどかったなー」
「煙草吸いに行って病気になりそうだった」
(一同、笑)
「屋上も吸えないんでしょ?」
「それがね、みんなカンとか携帯持ってって吸ってるの」
「あ、やっぱりそうなんですか」
「(屋上の)外のテーブルの上に、カンカンが置いてあるもの。警備の人が見ても、何もいわないしねー」

とまあ、こんな感じで灰皿復活のいきさつと、実情を書くことが出来ました。
世の中から煙草そのものが無くならない限り、この手の攻防は続くんでしょうね。
貴重な財源とはいえ、手軽に買えるような価格と販売システムを認めながら、健康の為と迷惑だからと止めましょうと宣伝しても、言ってることとやってることが正反対なんだから、説得力が乏しいことこの上ないですね。

関係ないけど、帰ってきても妻は結果を聞きもしない(苦笑)
ま、何もなくて当たり前って感じが普通になったのかな?
このままホント、眠ったままでいてほしいです、癌細胞にはね。
| 癌について思うこと | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |