自己紹介
onai shigeo
性別:男
昭和36年(1961)生まれ

部位:右腎盂
手術:02.01.09 右腎臓摘出
予後:T2 G3 (筋層浸潤)
予防的抗癌剤 1クール

癌の手術から生還して9年目突入。
進行癌だったため、今も年2回のマジに痛い検査は欠かせませんが、癌になったお陰で、重い鎧を脱ぐことが出来たと強く感じます。
今から思えば、僕は自分自身にカウンセリングをしていた、そうすることで恐怖や不安、そして未来への虚無感から脱出できたのです。

「癌は二度、人を苦しめる」
これが僕のテーマです。
病としての癌に対して、僕が出来ることはなにもありません。
せめて癌から派生するココロの痛みのケアがしたい、それが僕がカウンセラーであり続ける基本だと考えています。

2010年現在、東京都委託事業として、
都内2箇所のがん拠点病院内で
「ピアカウンセリング」を行っています。
東京都がん患者療養支援モデル事業(ピアカウンセリング事業)
(受託事業所:NPOがん患者団体支援機構)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

がん以前以後

腎盂癌(がん)体験記。また、一個人として、カウンセラーとして、癌と生きることの難しさ、その融和、そして、癒しの試みについて考えます。
トラックバック その後
先日、トラックバックについての記事をアップしました。

わたしはいつもはカテゴリーを「健康」にしています。
やっぱり「癌」のブログなので。

今回、ふと思い立ってカテゴリーを「インターネット」にしてみました。
結果、2日間でトラックバックが11件
うち10件が、以下のようなものでした。

○素人でも出来る!【検索エンジン上位表示】

○儲かる在宅副業情報を無料でサクサク提供中!

○ネットビジネス、特選情報局!

○「ネットワークビジネスで成功できないあなたへ」

○ほったらかしで月50万!自動販売機製造マニュアル

○今年こそ更新率アップ?!気になるランキング投票

○携帯アフィリエイト、一年で稼いだ金額1638万円

○400万円以上の借金を競馬で完済した予想術を大暴露!

中にはこんなコメントまで書かれているものもありました。
「はじめまして、いつも楽しく拝見しています」

わたしのブログは決して「楽しいもの」ではないと思います。
また「拝見」していただいているのなら、
よりによって「無差別トラックバックの功罪」に関して書いた記事に、
トラックバックはしないでしょう?

なるほど
今まではカテゴリーが「健康」だったから
「フコイダン」とか「免疫療法」のトラックバックが多かったのですね。

わたしはネットの最先端の技術についてはまったく分からないのですが、
どうやら間違いなく、まったく記事を読まないで、かなりの確率で自動的にトラックバックをする人(組織?)s技術が存在することがはっきりと分かったと思うんです。

残念ながら、もはや意味をなさないようなので、わたしもトラックバックの受付は止めようと思います。
最近のこの流れをみると、わたしだけではなく、遠からず大多数のブロガーもトラックバックを受け付けなくすると思うんです。

SPAMメールも犯罪と認定されていると思うんです。

無差別トラックバックにも、いずれ法からメスが入るのかな。

わたし的には、とにかく癌患者の情報収集を「つまらない情報サイト」で妨害しないでほしい、ただそれだけが望みなのです。

正しい治療を受けられるかどうか、
残念ながら、これだけ情報社会と言われていても決め手は「運」なんです。

アフィリエイトに燃えている方々にお願いがあります。

せめて「病気」をターゲットにするのは止めてください。
僕らは「目の前にある藁」に弱いのですから・・・
| トラックバックについて | 23:09 | comments(0) | - | pookmark |
トラックバックの功罪
ブログには色んな便利な機能が標準搭載されています。
しかし使い方次第では、それがとても邪魔なものともなる。

「トラックバック」というのがあります。

一個人としての印象なのですが、現実問題このトラックバックを活用できているブロガーってそんなに多くないのではないのでしょうか?
というか、使い方そのものがあまり分かっていない(僕も含めて)。
更にトラックバックを活用できるブログ内容になっていない(これも僕を含めて)。

ところがこのトラックバックに目を付けた人達がいる。
お金儲けの手段となりうると。
どう利用するかというと、アフィリエイト目的のブログを作って、キーワードでターゲット化、もしくは無差別にトラックバックを仕掛け、自サイトに誘導するというものです。

僕のスタンスとしては、記事に具体的な引用のないトラックバックはほぼ例外なく削除します。
無差別トラックバックの中にはアダルト系のものも含まれますから、タイトルや紹介文を一読しただけで分かりますから、迷惑ではありますが対処は楽です。

ところが、一見「誠実でマジメ」に思えるブログからの「引用のない」トラックバックが少なからずあるので、この対処にはかなり悩みました。

ただ、それらの「誠実でマジメ」に見えるブログに、ある特徴的な類似点があることに気付いたのです。

ここでリンクして相手のアクセス数増やすのは本意ではないので明示はしませんが、この手のブログは例外なく、トップ記事の前に広告があります。

個人的な意見ですが、自分のブログを本当に読んでもらいたいと思ったら、最初に広告を持ってくることはしないのではないでしょうか?

これらはまた「○○の情報サイト」とか「○○総合案内」などといったタイトルになっています。
ところが投稿日付を見てみると、日付が非表示になっているか、もしくはきわめて短期間で記事がアップされていることがわかります。

しかしそれにしても、あまりに「似た」ブログが多いのです。
そこで思い当たったのが「アフィリエイトブログ構築サポート」というネットビジネスの存在です。

しかし、別にこれだけなら害はないと思うんです。
記事そのものは間違ったことを書いているわけではないし、明らかにインチキな商品を売ろうとしているわけでもなさそう。

しかし、ある時これは、マズイのではないかと感じるようになりました。

例をお話ししましょう。

例えば自分が癌になった。
もしくは家族に癌の疑いがある。

藁にもすがる思いで、ネットで「癌」と検索します。
するとかなり上位に「癌○○総合案内」なるブログかヒットします。
これは幸いと開いてみれば、数十種類の癌に関する記事があります。
そこで貪るように記事を読みますが、残念ながらそこには「家庭の医学」に記載されている程度の簡単な説明しか書かれていないのです。
そして僕が問題だと感じるのは、更に詳しく知りたいときにどうすればいいのか?その案内が一切記載されていないことなんです。

ここで諦めて別のサイトを見に行けばいい。
たとえば「国立がんセンター」のサイトを訪れれば、癌についての情報はほとんど網羅されているのですから。
しかしうっかりここで広告をクリックしようものなら、いんちきではないにしてもかなり怪しい代替医療専門病院のサイトに行ってしまうことになるのです。
(これは例えです)

初期の乳癌なのに手術や抗癌剤を拒み、漢方だけで治そうとして亡くなった女性を、僕は間接的に知っています。

藁にもすがる者の精神状態とは、目の前に藁があると、どうしてもそれにすがりつきたくなってしまうものなのです。
「癌になった、癌かもしれない」というときの心とは、まさにそういう状態なのです。

これは好ましい状況とは言えないのではないか?
と僕は思うのですが、この仕組みの恐ろしさは、すがりつくターゲットがいる層であれば、なんだって良いと彼等が考えている点にあります。
僕はたまたま自分が癌だから、癌に関する情報には慎重ですが、まったく違う分野、例えば事故のトラブルとか、子供の教育とか、そんな分野で実際に問題に直面したら、やっぱり「藁にすがる者」になってしまうのではないか?

つまり狙われているのは「弱者」なのです。

そう考えると、検索サイトで単に金儲けだけを目的とした似非情報サイトが上位に来てしまう今の状況は、非常に危険な状態だと感じられてならないのです。

アフィリエイト
仕組みとしては斬新であり、僕自身がある方のブログで紹介されていた書籍を、その広告をクリックしてアマゾンで購入してしまった、ということも少なからずあるのです。

これはその人に幾ばくかの報酬が支払われているわけなんですね。
(有益な書籍を紹介していただけたわけですから、そのことに関して異存はありません)

しかし僕がどうしてそうやって物を購入したかといえば、
まずそのブログが信頼に足りるサイトであると認識していたから。
(出来立てのサイトではなく何年も継続していて、内容に共感出来ていた)

次ぎに広告のリンク先が、普段から利用しているアマゾンであったから。
(ここでまったく聞いたことのないネット通販サイトだったから、ここで書籍の情報をチェックして、自分でアマゾンにログインし直して買ったと思います)

だから個人的には、数日前に出来たような、しかも表層的な記事しか書けないブログで紹介されている商品なりサービスを受けようとも、購入しようとも思わないのですが、
ここで逆に確率論が出てくるのです。

僕という個人はそもそも広告をクリックしない。
しかし1000人が訪れれば10人が広告をクリックするかもしれない。
10人がクリックすれば、その中の1人が購入するかもしれない。

だから、無差別とも自動化とも思える勢いでトラックバックを繰り返すのでしょう。

ますます時代は「自己防衛」の必要性が高くなっているように思われます。

トラックバックは認証制と明記してあっても、相手は止めません。

厳しい言い方になりますが、巡回ロボットで収集されたメルアドに向けて、スパムメールを大量送信する行為と、いったいどこが違うというのでしょう?

追伸:
このブログの「RECOMMEND」で紹介している商品に対して
僕はアフィリエイトの登録(?)をしていません。
| トラックバックについて | 14:09 | comments(0) | - | pookmark |
トラックバック・ポリシー
トラックバックの受付は停止中です。理由については以下の記事をご参照下さい。

http://canter.cocorono.com/?eid=234483
http://canter.cocorono.com/?eid=235448

以下は「コメント」に関するポリシーも同等であると考え、記載を続けます。
------------------------------------------------------------------
当サイトのトラックバックは「認証後掲載」です。
以下に該当すると思われるトラックバックにつきましては、掲載することなく削除することがありますのでご了解下さい。

最近、明白な「アフィリエイト目的」な情報サイトからのトラックバックが多いです。「がん」にしても「資格」「メンタル」にしても、皮相な情報をある程度揃えただけのブログは、本当に情報が知り合い人に知って非常に迷惑だと言わざるを得ません(何故ならそのサイトでは欲しい情報は手にいられないのだから)
別途、このアフィリエイト目的サイトの弊害については記事でまとめたいと思います。
よって、中身に問題はなくても管理者のプロフィールがないサイト、ブログのトラックバックは、了解を得ずに削除いたしますがご了解下さい。


・機械的・大量のトラックバックspam広告
・内容的に関係がない記事からのトラックバック
・誹謗中傷など悪意ある記事からのトラックバック
・当方へのリンクがないサイトからのトラックバック
・公序良俗に反したサイトからのトラックバック
・故意に繰り返し行うトラックバック
・当サイトは「癌」に関連する記述を含みますが、健康食品・健康器具・禁煙法・各種保険・副業・成功法則などを取り扱うサイト、及びそれらへの誘導を目的とした[闘病記を装ったサイト]からのトラックバック(コメント)
・その他、当サイトに私が不適切と判断したトラックバック
| トラックバックについて | 18:28 | comments(0) | - | pookmark |